国際ダイオキシン会議
2004年 ベルリン会議 参加・報告
ベルリン市のゴミ事情
(2) 分別
2004.9.6〜9.10


青山 貞一

All Rights Reserved 転載禁
 
 2004年9月6日から10日までベルリンのベルリン工科大学(TU)で国際ダイオキシン会議が開催され参加したが、その際、気になっていたのがベルリン市のゴミ問題であった。



 と言うのも、ドイツは先進国の中で最も法制度も実態も進んでいる国であるということが、以前から我が国に伝わっている。だが、連邦国家ドイツでは、ベルリン市があるブランデンブルグ州がともと旧東ドイツに属していること、またその州都であり後にドイツの首都となったベルリンも旧東ドイツにあることもあり、果たして現場から見たゴミ問題の実態はどうなっているか、大変興味深いものがあった。

 結論から言えば、ことベルリン市内のゴミ事情は、同じドイツでも大都市にありがちな他の大都市同様、市街地中心部では、あちこちにゴミはあちこちに散乱、カラスがゴミ袋をついばむと言った東京で見られる光景が見られた。

公園などでもこのありさまだ これは大学から出る事業系一般ゴミと産廃?

 同様に驚いたのは町のあちこちに、たばこの吸い殻がポイ捨てされていたことである。実際ベルリン市内では、老若男女を問わず歩きたばこが常態化している。皆ポイポイ捨てている。

 もちろん、ドイツは連邦国家であり、州毎に州法をもっている。さらにゴミの収集、運搬、処理は基礎自治体にかなりの権限があり、市町村によってその有り様は大きく異なる。日本人がこぞって行くフライブルグのような先進都市もあれば、360万人都市のベルリン市のような大都会もあると言うことはある。

●ベルリン市内のゴミ分別(1)



 
ベルリン中心市街地におけるゴミの分別は、@ビン、A紙、B容器、Cその他の4分別が一般的である。上の写真は、国際ダイオキシン会議が開かれたベルリン工科大学のキャンパス内のゴミ分別ボックスである。まさに個々ではベルリンの標準的な分別である4分別ボックスとなっていた。

●ベルリン市内のゴミ分別(2)



 
上の写真は、ベルリンの中心部、ボツダマプラッツ駅の出口近くのゴミ分別ボックスである。ここでも@ビン、A紙、B容器、Cその他の4分別となっていた。ベルリンでは郊外の住宅地では上記に加え、Dとして生ゴミがある。中心市街地の場合、生ゴミは4分類のCに含まれるが、郊外ではそれが独立しD生ゴミとなる。

●ベルリン市内のゴミ分別(3)

 
旧東ベルリンミッテ地区でガラスビンの分別ボックスを見つけた。ベルリンはどの道路も歩道が広いがその車道側にガラスビンの色毎にブラウン、グリーン....と分別するボックスが異なっているのが特徴だ。ボックスの最上部に取っ手金具がついており、収集車がミニクレーンでボックスごと持ち上げ収集するようだ。

 ドイツはじめEU諸国では水代わりにワインを飲むと言われているが、その結果、膨大な量のガラスビンが排出される。ここで収集されるビンはデポジットがかかっていないものが対象となるようだ。