エントランスへはここをクリック   

外資系ブランドに断られた
新疆ウイグル自治区への旅行が加速

Travel to Xinjiang gains pace
after foreign brands refuse region's cotto
n
張丹,環球時報(Global China)
公開日:2021年3月25日午後8時58

翻訳:青山貞一 Teiichi Aoyama(東京都市大学名誉教授)
独立系メディア E-wave Tokyo 2021年3月27日
 公開  
無断転載禁


Travel to Xinjiang gains pace after foreign brands refuse region's cotton, Global Times


新疆ウイグル自治区の自然 環球時報(Global China)

 中国北西部の新疆ウイグル自治区への旅行は、一部の外資系アパレルブランドが同自治区で生産された綿花の使用を拒否すると発表したことを受け、木曜日に中国人観光客の間で瞬く間に人気を博し、同自治区への実質的な支持を示しました。

 Mafengwo(旅行代理店)が環境時報(Global Times)に提供した最新の統計によると、国内の旅行サービスプラットフォームであるMafengwoでは、木曜日の午後2時までの24時間で、「今年の4月に新疆で行くべき場所」の検索が275%急増しています。

 また、新疆ウイグル自治区の「イリ・カザク族自治州の無料ツアー」の検索が200%急増したといいます。

 国内のゲストハウス予約プラットフォームTujiaが環境時報に語ったところによると、新疆のゲストハウスの事前予約は、水曜と木曜に先月と比べて60%増加したという。

 中国のソーシャルメディア「Weibo」では、多くのネットユーザーが「新疆への旅行」に意欲を示し、"I support Xinjiang cotton "というハッシュタグを表示しました。

 こうした動きは、スウェーデンの衣料品大手H&Mや米国のスポーツウェアメーカーNIKEなど、複数の海外衣料品ブランドによる新疆をめぐる発言が、中国の消費者の間で反発を招いていることを受けたものです。

 北京在住の劉さん(27歳)は、海外ブランドの発表を見て、メーデーの5連休を利用して家族で新疆にドライブ旅行に出かけることにしました。

 "今回の外国企業による新疆綿のボイコットの目的は、トラブルを引き起こすことです。彼らの決定は、中国に対する悪意に満ちた考え方から生まれたものだ」と劉氏は1日、環球時報に語った。

 "劉氏は、「新疆の安全な治安と美しい自然の景観により、新疆は旅行に最適な場所です」と述べ、この地域の観光産業のために、現地のインフラの改善と交通網の整備を提案した。

 新疆ウイグル自治区の現在の訪問者数に基づいて、地元の観光サイトは、業界がコロナウイルスによって大きな打撃を受けた後、今年はブームになると予想しています。

 "新疆ウイグル自治区の南アルタイ山脈に位置するジオパークの副社長、ゲン・シン氏は1日、環境時報に「今年のケケツオハイ国立ジオパークへの訪問者数は、2019年のウイルス感染前の水準に比べて2倍になると予測している」と語った。

 コロナウイルスが中国国内に封じ込められた後、新疆への団体ツアーに参加するために多くの人が申し込んでいるため、新疆への航空券は入手困難になっているとGeng氏は述べ、同パークは4月19日に中国東部の上海市、江蘇省、山東省から約300人の観光客の第1陣を迎える予定だと付け加えた。

 また、Geng氏は、現在の輸送能力では観光客の高い需要を満たすのに十分ではないため、航空会社が新疆への便を増やすことを提案しました。

 中国の低価格旅行会社Spring Tour(春秋航ツアー)は環境時報に、今月はこれまでに上海から新疆に8つのツアーグループ、約200人を派遣しており、2019年の同時期と比べて8倍に増加していると語った。

 また、4~6月期の上海から新疆へのグループツアーの予約は、2000人近くの観光客が行っているという。

 壮大な自然の美しさで知られる新疆は、コロナウイルスが発生したにもかかわらず、2020年には1億5800万人以上の観光客を受け入れており、地域政府は、今年は2億人以上、2025年には4億人以上の観光客を受け入れると予想しているという。