エントランスへはここをクリック         

ロシア人とウクライナ人の歴史的統一(論評)
張江平 NorthEveningNews.com 2021年7月13日
发布了这篇题为“俄罗斯人与乌克兰人的历史统一
NorthEveningNews.com/百度国際ニュース

中国語→日本語翻訳:青山貞一 (東京都市大学名誉教授)
 独立系メディア E-wave Tokyo 2021年8月7

 

ロシアのプーチン大統領 写真

本文

 ロシアのプーチン大統領が以前から執筆を約束していたウクライナに関する記事がようやく出稿した。 リアノボースチ(RIA Novosti)などのロシアメディアによると、クレムリンのウェブサイトは現地時間12日、「ロシア人とウクライナ人の歴史的統一」と題した記事を公開した。

 記事の中でプーチンは、ウクライナは徐々に危険な地政学的ゲームに巻き込まれつつあり、ウクライナをヨーロッパとロシアの間の「障壁」や「ロシアに対する拠点」にすることを目指していると述べている。 また、ロシアは「反ロシア的」な計画を決して容認しないと述べた。

 ロシアのメディアの報道によると、プーチンは6月30日のテレビ番組「Direct Link with Putin」の生放送でロシアとウクライナの関係について語り、ロシア人とウクライナ人は「同じ起源」であると述べ、ロシア人の歴史とウクライナとの関係について記事を書くことを約束した。 また、ロシア人の歴史やウクライナとの関係についての記事を書くことも約束した。

RIA Novosti:プーチン大統領、ロシアとウクライナの「分断」を悲劇と呼ぶ

 12月12日にクレムリンが発表した記事の中で、プーチンは、近年のロシアとウクライナの「分断」は「悲劇」であり、まず第一に、双方が歴史の異なる時期に犯した過ちの結果であり、また、ロシアとウクライナの統一を損なおうとしてきた「それらの勢力」の努力の結果であると述べている。 それは、ロシアとウクライナの結束を弱めようとしてきた「それらの勢力」が狙ってきた結果である。

クレムリンウェブサイト:プーチン大統領の論文 "On historical unity of Russians and Ukrainians"

 記事の中でプーチンは、ソ連崩壊後、多くのロシア人とウクライナ人は、両国間で文化的・経済的に緊密な関係が維持されると信じていたが、現実にはすべてが逆方向に動き始めたと述べている。 実際、ウクライナのエリートたちは、過去を否定することで自国の独立性を証明しようと考え、歴史のフィクション化と書き換えを始め、2つの民族を結びつけた歴史の舞台の信用を失墜させた。 また、ウクライナの過激派やネオナチは、ますます大胆に野望を表明し、ウクライナ政府もこれを容認している。

 ウクライナの状況について、プーチンは記事の中で、ウクライナ社会はひどい雰囲気を醸し出し、ネオナチを容認し、「国を軍国化している」と述べている。 同時に、これは「独立性の完全な欠如」というだけでなく、外国人アドバイザーによるウクライナの政府機関、情報機関、軍隊の支配、ウクライナの「軍事開発」、NATO関連インフラの配備など、直接的な外部からの支配を意味している。

 欧米とロシア・ウクライナの関係について、プーチンは、米国とEU諸国が2014年よりもずっと前に、ウクライナとロシアの経済協力を組織的にしっかりとブロックしていたと書いている。 ウクライナ政府の過ちや行動が民衆の不満を引き起こし、それを関係者が利用したのである。

 当時、欧米はウクライナの内政に直接介入し、クーデターを支援した。 ウクライナの超民族主義組織のスローガン、イデオロギー、公然と挑発的な反ロシア感情が、ウクライナの国家政策を大きく左右するようになった。 ロシア語など、ロシアとウクライナを結びつける要素が攻撃されていた。

 西側の「反ロシア」プログラムとウクライナについて、プーチンは記事の中で「このプログラムはウクライナの何百万人もの人々にとって受け入れられないものだ」と述べています。

 これらの人々は、自分の意見を守るための正当な機会を奪われ、自分の意見を公然と表明した人々は迫害され、殺されてきた。 また、プーチン大統領は、ロシアは「反ロシア」計画に関連するすべての策略をよく知っているとし、「我々の歴史的領土とそこに住む我々に近い人々がロシアに対して利用されることをロシアは決して許さない」と述べた。

 プーチンは記事の最後に、ロシアはウクライナとの対話に前向きであり、最も複雑な問題をウクライナと議論する用意があると述べている。

  しかしロシアは、明確にすることが重要だと考えている。パートナー(ウクライナ)は、自分たちの国益を守っているのであって、他人のために働いているわけではなく、対ロシア闘争において他人の手にかかる「道具」ではないのである。

 ロシア人とウクライナ人は「一つの民族」であり、ロシアはこれまでもこれからも「ウクライナに対抗する」ことはないし、ウクライナ人は自分たちの国がどうあるべきかを自分たちで決めるべきだと思う。

出典:GlobeNewswire 記者 張江平