エントランスへはここをクリック   

南イタリア・アマルフィ海岸自治体の
持続可能性に係わる基礎調査
(自主研究概要)

A Summary of Survey on Comuni of
Costiera Amalfitana in South Italy
    
青山貞一・池田こみち Teiichi Aoyama & Komichi Ikeda
    
掲載月日:2013年1月30日
 
独立系メディア E-wave Tokyo
 無断転載禁


南イタリア・アマルフィ海岸自治体の持続可能性に係わる基礎調査
基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは  アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント 
ポジターノ フローレ プライアーノ コンカ・デイ・マリーニ  アマルフィ アトラーニ ラヴェッロ
スカーラ ミノーリ
 トラモンティ マイオーリ チェターラ
  マーレ  ポンペイ 参考 ナポリ サレルノ
  
はじめに Forward

 もう2年前のことになるが、2011年3月9日から18日まで南イタリアのソレント半島、アマルフィ海岸にある小さなまち、コムーネの現地調査にでかけた。アマルフィ海岸は2度目である。一度目は2008年の3月に出かけている。

 コムーネ(伊: comune、複数形: コムーニ comuni)は、イタリア語で「共同体」を指す語である。このコムーネは、現代でもイタリアに存在する自治体の最小単位、すなわち基礎自治体である。

 イタリアの自治体には、日本の市町村のように規模によって政令指定都市、市町村などの基礎自治体というような区別はない。


イタリアの州 今回の調査対象は、のカンパニア(Campania)州

     
アマルフィ海岸の位置  アマルフィの紋章  イタリア国旗

 下の3次元立体地図は、アマルフィ海岸のミノーリ上空からソレント半島の先端にあるカントーネを俯瞰したものである。ソレント半島の左側がアマルフィ海岸。アマルフィ海岸のコムーネに特徴的なことは、いずれのコムーネも断崖絶壁にへばり付いて存在していることである。

 オリーブやレモンなどの農業は、急斜面の土地を利用して行っている。一方、漁業関連施設は断崖絶壁が海に落ちるわずかな平地に集中して配置されている。

 アマルフィ海岸のコムーネの多く、とりわけ海洋都市国家としてならしたアマルフィは、9世紀にすでにまちの骨格が出来ていたという。2回目の現地調査ではじめて訪問したチェターラという小さな漁村も、調査によれば9世紀にすでに現在の原型が出来ていたという。またアマルフィ海岸の多くのコムーネは、その初期段階でモスレム(イスラム)文化の強い影響を受けている。建築、造形はもとより、衣食住のすべてにわたり、また宗教など精神文化に至るまで影響を受けていたと思われる。

 下の3次元立体図では、半島先の右側にソレントがある。急峻な断崖絶壁の地形にカントーネ、ポジターノ、アマルフィなどのコムーネ(自治体)がへばりついている。


ソレント半島とアマルフィ海岸の3次元立体地図
出典:グーグルアースをもとに青山貞一が作成。

 人口100万人を超える(日本では政令指定都市)ナポリのような大都市も、1,000人以下の小さな村もすべて「コムーネ」と呼ばれる。

 コムーネの代表(首長)は、シンダコ(sindaco)と呼ばれる。自治都市コムーネは都市の有力市民、地区やギルドの代表によって運営され、都市とその郊外農村地域を統治していた。現代イタリアのコムーネ自治は自治都市の伝統を基礎としているといわれる。

 私達の今回の現地調査では、ソレント半島及びアマルフィ海岸を対象に、当該地域で20以上のコムーネの歴史と文化、環境と生活などを調査した。

 2011年3月9日に成田を出発したが、その出発直後に3.11の東日本大震災、津波さらに福島第一原発事故が起き、日本は第二次世界大戦を除けば、いまだかつてない未曾有の国難に見舞われることになった。イタリアでは行く先々で、Fukushima と原発事故が大きな話題となり、イタリアのテレビ局は滞在中毎日、日本の原発事故についての情報や議論が放映されていた。

 私達自身、イタリアから帰国後、3.11関連の被災地現地調査、原発事故に伴う放射線などの現地調査に全力を傾注していたため、南イタリア現地調査の報告を行う余裕がなかった。

 この度、2013年1月になり、時間的余裕ができたこともあり、現地調査時の写真や動画の公表を優先し、後に現地調査報告をすることとした。

 私たちの訪問先はアマルフィ海岸、ソレント半島といい、大部分がは海、海岸、海浜に面し、何と9世紀以降、今日に至るまで小さいけれどキラリと光る持続可能なまちを維持している。


ソレント半島・アマルフィ海岸主要図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast

アマルフィ海岸現地調査対象コムーネ

2008.2現地調査実施   2011.3 現地調査実施
Naples Bay(ナポリ湾) ポンペイPompei
マッサ・ルブレンセ
Massa Lubrense
ソレント
Sorrento
サンタニェーロ
 Sant' Angello
メータ
Meta
25751
12880 16536  8421 7696
アジェ-ロラ
Agerola
ラヴェッロRavello スカーラ
Scala
7348 2508 14888
ファロ
Faro
カントーネ
Cantone
サンピエトロ
San Pietro
ポジターノ
Positano
プライアーノ
Praiano
フローレ
Furore
コンカ・ディ
マリーニ
Conca dei
Marini
アマルフィ
Amalfi
アトラーニAtrani  ミノーリ
Minori
マイオリ
Maiori
 チェ・ターラ
CeTara
ヴィエトリ
Vietri
サレルノ
Salerno
1640 3882 1915 810 697 5428 965 3023 5740 2357 8543
Tyrrhenian Sea(ティラニア海) 138188

()内は人口、出典 http://campania.indettaglio.it/eng/province/sa/la_provincia_di_salerno.html


 学術を含めた本格的な調査報告は、別途行う予定だが、ここでは第一回目の現地調査(2008年3月)の後に執筆した写真を中心としたブログを先行して公開することとした。

 なお、上記の概要報告は、以下の20のコムーネを対象としている。

(1)調査実施年月日 2011年3月9日から18日

(2)調査の目的    南イタリア・アマルフィ海岸自治体の持続可能性に係わる社会の基礎調査
              (自主研究)

(3)調査参加者    青山貞一(東京都市大学教授)、池田こみち(環境総合研究所副所長)

(4)移動手段     成田→ローマ→ナポリ アリタリア航空
              ナポリ→アマフルィ海岸、ソレント半島→ナポリ レンタカー
              ナポリ→ミラノ→関西空港 アリタリア航空
              関西空港→新幹線→東京

              

(5)現地調査先の自治体

 @マッサ・ルブレンセ(ファロ、カントーネを含む)
 Aソレント
 Bサンタニエーロ
 Cピアノ・デ・ソレント
 Dポジターノ
 Eプライアーノ
 Fフローレ
 Gコンカ・デイ・マリーニ
 Hアマルフィ
 Iアトラーニ
 Jラヴェッロ
 Kスカーラ
 Lミノーリ
 Mトラモンティ
 Nマイオーリ
 Oチェターラ
 Pマーレ
 Qサレルノ
 Rポンペイ
 Sナポリ

 以下は2011年3月9日〜18日のソレント半島及びアマルフィ海岸現地調査の経過(日程)を1日単位で示したものである。

日目 年月日 調査・訪問先 宿泊地
第1日目 2011年3月9日 移動日 成田空港→ローマ空港→ナポリ空港 ナポリ
第2日目 2011年3月10日 現地調査 ナポリ市街地→ピアノ・デ・ソレント ピアノ・デ・ソレント
第3日目 2011年3月11日 現地調査 ピアノ・デ・ソレント→ポジターノ→
アマルフィ→チェターラ
ピアノ・デ・ソレント
第4日目 2011年3月12日 現地調査 ピアノ・デ・ソレント→ソレント→
マッサルブレンセ→カントーネ→
ポジターノ→プライアーノ
プライアーノ
第5日目 2011年3月13日 現地調査 プライアーノ→コンカ・デイ・マリーニ→
フローレ→アマルフィ→フローレ→
アゲローラ→サンタニェーロ→
プライアーノ
プライアーノ
第6日目 2011年3月14日 現地調査 プライアーノ→コンカ・デイ・マリーニ→
アマルフィ→ラヴェッロ→スカーラ→
ラヴェッロ→トラモンティ→マイオーリ→
マーレ→サレルノ→チェターラ→
マイオーリ
マイオーリ
第7日目 2011年3月15日 現地調査 マイオーリ→アトラーニ→アマルフィ(Bus)→
マイオーリ→トラモンティ→
ミノーリ→マイオーリ
マイオーリ
第8日目 2011年3月16日 現地調査 マイオーリ→トラモンティ→ポンペイ→
ナポリ→ナポリ周辺→空港で車返却
ナポリ
第9日目 2011年3月17日 移動 ナポリ空港→ミラノ空港
3.11により足止め5〜6時間→
機中泊
第10日目 2011年3月18日 移動 →関西空港→新幹線→東京駅→帰宅 帰宅

 以下は現地調査年次と訪問自治体の対応表である。

2008年
2月19日
〜27日
2011年
3月9日
〜19日
2013年
6月3日
〜14日
2016年
2月16日
〜27日
 予定
アマルフィ海岸
滞在日数
3日 8日 10日 11日
使用航空会社 オーストリア アリタリア 英国 アリタリア
現地交通手段 路線Bus レンタカー レンタカー レンタカー
Massa
Lubrense
Sorrento
Sant'
Anello
Piano di
Sorrento
Positano
Praiano
Furore
Conca dei
Marini
Amalfi
Atrani
Scala
Ravello
Minori  
Tramonti  
Maiori  
Cetara  
Vietri sul Mare  
 Capri
Pompei
Napoli
Salerno
Rome
Milan  
●訪問地、○通過地、宿泊地

つづく