エントランスへはここをクリック         世界紀行  アマルフィ海岸

第三回 アマルフィ海岸自治体の持続可能性基礎調査
A Survey on Sustainability of Costiera Amalfitana Comune

<1>調査の目的

    青山貞一・池田こみち Teiichi Aoyama & Komichi Ikeda
Environmental Research Institute, Tokyo
    
掲載月日:2013年6月14日
 
独立系メディア E-wave Tokyo  無断転載禁

南イタリア・アマルフィ海岸自治体の持続可能性に係わる基礎調査 
2008年2月及び2011年3月の調査概要
基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは  アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント 
ポジターノ フローレ プライアーノ コンカ・デイ・マリーニ  アマルフィ アトラーニ ラヴェッロ
スカーラ ミノーリ
 トラモンティ マイオーリ チェターラ
  マーレ  ポンペイ 参考 カプリ ナポリ サレルノ

 2013年アマルフィ海岸現地視察調査報告<125本 全体メニュー>

 2013年の6月3日から6月13日まで南イタリアに出張し、14日昼に無事帰国しました。


     
アマルフィ海岸の位置  アマルフィの紋章  イタリア国旗

<調査の目的>

 本調査は、第一回目2008年2月、第二回目2011年3月につづくもので第三回目となります。

 本調査の目的は、南イタリア、なかんづくソレント半島、世界一美しい海岸と言われるアマルフィ海岸を対象とした小規模な自治体における社会・経済・環境(SEE)の持続可能性の条件、要件に係わる基礎調査にあります。

 そして、慎ましやかな庶民の暮らしに今も息づく歴史と文化に直にふれあうことも重要な目的のひとつでした。




アマルフィ海岸コムーネの位置図  Source:Google Map


ブーゲンビリアが咲き誇る「世界一美しい海岸」
フローレのテラスから撮影したプライアーノの東端
撮影:青山貞一 Digital Camera Coolpix S8 2013-6-6


真っ赤なゼラニウムが咲き乱れるラヴェッロのテラス
遠くに見えるのはスカーラ
撮影:青山貞一 Digital Camera Coolpix S8 2013-6-10


プライアーノのトーレ(要塞、見張り)から見たティラニア海
撮影:青山貞一 Digital Camera Coolpix S8 2013-6-7


アマルフィ海岸最東端にあるヴィエトリ・スル・マーレ
撮影:池田こみち Smart Phone, Black Berry 2013-6-10


アマルフィ海岸最東端にあるヴィエトリ・スル・マーレの夕暮れ
撮影:青山貞一 Digital Camera Coolpix S8 2013-6-10

 調査対象の自治体(イタリア語でコムーネ)は、イタリアのカンパニア州のソレント半島そしてアマルフィ海岸に位置する人口規模で600から5000人、最大でも15000人程度の自治体です。

 対象地域は、複雑に入り組んだ海岸線と断崖絶壁に象徴される非常に厳しい地形のもとに存在する小規模な自治体が社会経済的に持続可能となる条件とは何か、また小さくてもキラリと光るオンリーワンのまち、地域となる要件は何かを探るものです。総じて、自然、地形、歴史、文化を基盤とし、それらの環境資源を観光資源として生かすポイントを調査するのが主要な目的となります。

◆青山貞一(環境総研・東京都市大)、池田こみち(環境総合研究所) 
沿岸自治体における持続可能性の予備的研究〜アマルフィ海岸と三陸 海岸を事例として〜、環境行政改革フォーラム論文集 Vol. 5, No.1 2013 近刊
 ※発刊され次第、PDFで公表します。

つづく