エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

西安1 (Xi'an、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁
総合メニュー

はじめに  西安1  西安2  西安3  西安4 大明宮1 大明宮2  興慶宮
兵馬俑 兵馬俑(百度百科) 展示1 展示2 展示3  展示4 展示5 展示6 展示7 展示8
秦始皇帝博物院(百度百科)  始皇帝博物院1 始皇帝博物院2  秦始皇帝陵 秦始皇帝陵2


 最初はシルクロードの起点となる中国西安(長安市)です。

◆西安1(Xi'an 中国西安市)

 以下はシルクロードの起点、出発点の中国西安の現在の概要です。

 西安市(せいあんし/シーアンし、英語: Xi'an)は中華人民共和国陝西省の省都であり、古くは中国古代の諸王朝の都となった長安です。国家歴史文化名城に指定され、世界各国からの観光客も多く、経済的重要性から大幅な自主権をもつ副省級市にも指定されていますす。

 なお、一人当たりGDP(ppp)は、79,346元、1元を15円として1,190,190円となります。
 



 下は西安市を含む陝西省の位置を示しています。陝西省は中国のほぼ中央にあります。


Source:Wikimedia Commons

 以下も中国全土における西安の位置を示しています(赤〇)。
 見てわかるように、西安は中国のほぼ中央にあります。


出典::中国旅行エージェンシー

 下のグーグルマップは現在の西安市の全域を示しています。


出典:グーグルマップ

 以下は西安市とその周辺自治体です。


出典:グーグルマップ

西安の地名の由来

 西安(西京)とは「西の首都」の意味であるが、一般的に東アジアの伝統では、首都の名前をこのようにつけることが多かったのです。

 例えば、日本の東京やベトナムのトンキン(東京)は、「東の首都」を意味します。日本の東京は、首都を意味する京都からの方角をもとにしており、「北京」、「南京」、「西京(長安、西安)」は、中国の内陸部にある洛陽からの方角をもとにしています。

西安の地形

 西安市の地質的な構造は、秦嶺にある一帯と華北の2大ユニットを兼ねています。

 今から約1億3000年前の燕山運動の時期に国を連れてきた秦嶺の北の麓には、今から約300万年前の第3期の後では、大断されているのは、南の秦嶺の溝が新しい構造で活躍していて、山を見ていると、南の方が高く昇進し、秦嶺山脈を作ることになっています。

 これと同時に、北にある中国の渭河では北華地にある渭河が落ち、風により黄土に覆われ、さらに渭河のたい積の作用で、渭河平野が形成されました。

 西安市の海抜高度差は全国の各都市の冠を占めている高く険しい、群山の競演にある秦嶺の山地は、地との揺れが伸びやか、平坦な地の沃野の渭河平野の境目が明らかになり、西安市の地形の主体を構成しています。

 秦嶺山脈は海抜2000メートル - 2800メートル、西南端太白山峰は標高3867メートルで、大陸部の最高峰となった渭河平原は海抜400メートル ~ 700メートルで、東北端の渭河の川底では標高345メートルが最も低い西安市は渭河平原の二段階に建てられた河川。西安では川の網が密集しており、合計54個の川があります。

 このうち、渭河、涇川、石川河系の国境川があり、その他の河川は、秦嶺の山地や驪東南の丘陵に由来しており、ほとんどの河川は南から北へ渡って渭河の平野を経て、渭河を注入してきた黄河流域面積は全市の延べ面積の98.46%を占めています。

 西安のどの川の流域面積の面積差が大きくなっています。黒河の流域面積1000平方キロメートル以上あると?河と?河。上記3つの河川の流域面積面積は82.37%でした 秦嶺山地の渭河の南側の支流では、秦嶺北坡の傾斜が急で溝谷が深く、谷峰の合間には、川が流れ、川には次のような構造的な特徴があります。

 1つは南と西北に向かって行く。川は秦嶺山地の溝に沿って溝に沿って南に向かっていました。しかし、この地形の斜面は南東から西北に流れており、地質構造の断裂帯もおおむね東南の西北に向かって行っており、水の流れの流れに沿って移動しています。

 2は川の幅が縦に高くなっている各河川の上流の段が秦嶺の山地を流れている時、谷が深く、坂が急で、急に流れています。また、このようなことができるようになると、水の流れが緩やかになり、水の流れが緩やかになります。

 3は下流河川の横に揺れていますが、蛇行した川の特徴を持っている渭河が北に移転し、?河が東から西に振し、?河が西から東に移転し、?河と?河交代が氾濫し、生地展布の古水路の形成しています。

 4は上流の川が曲がりくねっており、多くの峡谷が危険である秦嶺の北側には約70ヵ所のところがあります。

 5は川底の堆積物である河の源から河口へと、勾配が下がり、川が砂の力を低下させ、その上に位置したものが下流に形成されており、規則正しい分布がある」と述べました。

 光流の時空分布が非均一であることは、西安内の河川の共通の特徴である豊水年と枯れた水の数を4 ~ 7倍にして、一部の山間地帯の支流の数年は10倍の差がある。川の下流は枯れても、基本的な流れを遮断している川の中では年内の流量も大きく変化しており、毎年2月には枯水期に発生しており、径の量は年間量の2%にすぎず、断流現象で、7月 - 10月の増水期には前年の総総量の45%~- 56%を占めています。

歴史


西安の歴史

 西安の古称は長安であり、かつては西都、西京、大興、京兆、奉元等とも称されました。古代より中国の政治の中心地として西周から秦、漢から隋、唐の都城と十数の王朝の都として二千数百年の歴史を有す古都です。

 1369年(洪武2年)、明朝は元朝の奉元路を廃止し西安府を設置しました。これが西安の名称の初見です。

 明末の李自成の反乱に際しては、西安に入城した李自成は一時長安と改称しましたが、清朝により再び西安と改称され中華民国まで沿襲されました。

 1928年、西安に初めて市制が施行され省轄市としての西安市が成立しました。

 1948年には国民政府行政院轄市に改編、中華人民共和国成立後は延安に代わって陝甘寧辺区の首府となり、西北行政区轄市、中央直轄市、計画単列市と改編が続き、1954年に陝西省の省都、副省級市となって現在に至っています。

 1900年の義和団の乱では西太后ら皇族が戦火の北京を逃れ西安に避難しています。また1936年には国共合作による日本政府への対抗を目指す張学良が蒋介石を軟禁した西安事件の舞台となった都市でもあります。

 2004年、西北大学が日本人遣唐留学生井真成の墓誌を市内から発見して話題となったこともあります

西安市の区部


 下部に11市轄区・2県を管轄しています。

市轄区:
 未央区・新城区・碑林区・蓮湖区・雁塔区・?橋区・閻良区・臨潼区・長安区・高陵区・?邑区

県:
 藍田県・周至県

                    西安市の区部と名称

Source; Wikimedia Commons

気候

 西安市のうち平野部は温暖な温帯性・半湿性の季節風気候であり、四季が明瞭です。

 1月の平均気温は0.3℃であり、1955年1月6日には最低気温-20.6℃を記録しました。

 7月の平均気温は27.0℃であり、1998年6月21日および2017年7月24日には最高気温41.8℃を記録しました。年平均気温は14.1℃、年平均降水量は561mm、年平均湿度は69.6%、年平均降雪日は13.8日である。


Source; Wikimedia Commons


西安2つづく