エントランスへはここをクリック  中央アジア・シルクロード  【世界紀行 

  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

 
莫高窟  百度百科1 

 
(甘粛省敦煌市)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁 

総合メニュー

莫高窟1 莫高窟2 視察1  視察2  展示1  展示2 
展示3
  展示4  展示5   展示6  展示7  展示8  展示9 

莫高窟(百度百科1)  莫高窟(百度百科2)  莫高窟(百度百科3)  莫高窟(百度百科4)
莫高窟(百度百科5) 
莫高窟(百度百科6)  莫高窟(百度百科7)  莫高窟(百度百科8)
莫高窟(百度百科9) 莫高窟(百度百科10) 莫高窟(百度百科11)  莫高窟(百度百科12)
窟(1-50) 窟51-100)  窟(101-200)  窟(201-300) 
窟(301-401)
 窟(401-500)


 起点の西安の次は中国敦煌市莫高窟の百度百科1です。

◆莫高窟 百度百科1(Mogao Caves, 中国敦煌市)


Source:Wikimedia Commons 

莫高窟(甘粛省)

中国王朝の時代区分

出典:中国歴史地図庫

概要

 敦煌洞窟(Mogao Caves)とは、一般的に莫高窟(甘粛省の敦煌の観光名所)を意味します。一般に千仏洞として知られる莫高窟は、河西回廊の西端の敦煌にあります。

 紀元前16世紀の王朝、瑞、唐、五王朝、西渓、元王朝に建てられ、735の洞窟、45,000平方メートルの壁画、また莫高窟は土(泥)で建てられています。その莫高窟は世界で最大かつ最も豊富な仏教美術の場所と言えます。

 1961年、莫高窟は中華人民共和国国家評議会によって国家の主要文化遺跡保護の最初の一群として発表されました。
 1987年、莫高窟が世界遺産に登録されました。

 甘粛省の莫高窟以外に、山東省大同市の莫高窟、雲南省の洞窟、甘粛省の天水市の梅山石窟もまた中国の四大石窟として知られています。

沿革


歴史的な莫高窟の洞窟  出典:中国百度百科

 文献記録によると、秦王朝時代(366年)に楽尊和尚(Lu Zun)が山を抜けると対岸から金色の光が輝く、何千も仏の姿を見たと言います。最初に見た仏は岸壁を掘ったなかに安置されていたといいます。
 それ以来、法良禪師(Faliang Zen Master)や他の人たちは「砂漠の高さ」を意味する「莫高窟」と呼ばれる洞窟を作り続け、瞑想を続けてきました。

 後世、そこは“砂漠”の漠に“莫”を当てて、“莫高窟”(Mogao Grottoes)と改名されました。有力な一説として、ある人が、仏のための洞窟を掘り続けることに大きな御利益があると言われていました。しかし、莫高窟の持つ意味は、すなわち、(仏教徒にとって)仏陀のための洞窟を建造すること以上の高い修行がないということを意味しているのです。

 北魏、西魏、北周王朝の間、支配者たちは仏教を崇拝し、洞窟の建設は王侯貴族によって支持され急
速に発展しました。翠と唐の時代には、シルクロードの繁栄とともに、莫高窟が繁栄し、武則天(ぶそくてん:Wu Zetian)の時代(在位690年~705年)には千以上の洞窟がありました。
 
 安仕(Anshi)の暴動の後、敦煌(Dunhuang)は吐蕃(とばん)と帰義軍に引き続き占領されましたが、仏像をつくる活動はそれほど影響を受けませんでした。北宋、西渓、元王朝では、莫高窟は次第に衰退
し、もとの洞窟の再建のみが主な仕事となりました。

 元王朝の後、敦煌では新たに洞窟を掘ることを止め、次第に荒れ果てていきました。明王朝の嘉靖七年(1528年)に嘉峪関(かよくかん)を閉鎖し、敦煌は砂漠の遊牧民の地のフロンティアとなりました。

 清王朝の康熙帝時代五十七年(1718年)、新疆を平定し雍正元年(1723年)に敦煌に沙州(さしゅう)を設立し、雍正三年(1725年)に沙州の人々を甘粛省の農村に移住させ沙州城の修復に当たらせました。

 乾隆帝時代25年(1760年)に、沙州市は敦煌郡に変わり、敦煌経済は回復し始め、莫高窟が再び注目されるようになりました。

 ※嘉峪関(かよくかん)wikipediaより
  東西シルクロードの要衝の一つであり、周囲には敦煌莫高窟のような著名な
  史跡が存在し、多数の漆喰壁画が見つかっている。


九階建ての弥勒仏  出典:中国百度百科

 清王朝光緒帝時代の二十六年(1900年)、世界に衝撃を与えたチベット仏教の洞窟が発見されました。残念なことに、清朝政府の腐敗と無能という特定の時代背景のなかで、チベット仏教聖典が発見された直後に西欧諸国が中国に侵攻しました。

 イギリス人のスタイン(Sir Marc Aurel Stein)、法律家ペシュ(Pesche)、日本の僧侶であり探検家の橘瑞超(たちばな・ずいちょう)、ロシア探検家エデンボルグのらが中国に入り、不正な手段を用いてチベット仏教の文物を大量に騙し取ろうとしましたことにより、多くの仏教経典は不幸にも散逸し、イギリス、フランス、ロシアなどに持ち去られました。

 日本やその他の国々での公的および私的なコレクションの多くは、国内にしか保管されていないため、中国文化の歴史の中で前例のない大惨事を引き起こすこととなりました。


莫高窟(百度百科2)へつづく