エントランスへはここをクリック  中央アジア・シルクロード  【世界紀行 

  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

 
莫高窟  百度百科7

 
(甘粛省敦煌市)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月 更新:2020年4月1日
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁 
総合メニュー(西域)

莫高窟(百度百科1)  莫高窟(百度百科2)  莫高窟(百度百科3)  莫高窟(百度百科4)
莫高窟(百度百科5) 
莫高窟(百度百科6)  莫高窟(百度百科7)  莫高窟(百度百科8)
莫高窟(百度百科9) 莫高窟(百度百科10) 莫高窟(百度百科11)  莫高窟(百度百科12)

 本稿の解説文は、現地調査や現地入手資料、パンフなどに基づく解説に加え、百度百科中国版から日本への翻訳、Wikipedia 日本語版を使用しています。また写真は現地撮影以外に百度百科、Wikimedlia Commons、トリップアドバイザーさらに地図はグーグルマップ、グーグルストリートビュー、百度地図などを使用しています。その他の引用に際しては、その都度引用名を記しています

 起点の西安の次は中国敦煌市莫高窟の百度百科7です。

◆莫高窟 百度百科7(Mogao Caves, 中国敦煌市)


Source:Wikimedia Commons 

科学的価値


莫高窟ビュー   出典:中国百度百科

 敦煌は、中国と西域の交通の要衝であったため、壁画に劣らず、商業的移動だけでなく、様々な貴重な交通手段(乗り物)についての資料もたくさんありました。それらは、牛、馬、ラクダ、ラバ、ロバ、象、小舟(手こぎ)、船、車、輿、皇族用輦車(れんしゃ)などがありました。

 一般的に使用される交通手段には色々なものがありました。車輪と天蓋つき牛車(通幰牛车)、屋根(日差しをよける)をつけた牛車(敞棚牛车)、四頭立て馬車、1頭のラクダ車、台車用カート、複数の駱駝車、ベビーカー、手押し車などがあります。

 これらの中で、中国が世界の乗り物の発展に貢献したのは、手押し車、馬車に使う馬を繋ぐ道具(馬の胸と肩にかける道具)、鐙(あぶみ)、馬蹄の釘など貴重な画像の数々でした。

 髄から西夏に至る時代の仏像の絵画には薬師経変の中の仏像、菩薩、弟子の手中や卓上の絵画とガラス皿、椀、盃、鉢、瓶、皿などの形の器があります。

 それらは、透明で、浅黄色、緑色、肌色(ライトブラウン)で器の形や顔色や模様の表現は西アジアのササーン朝の様式やローマのスタイル(様式)を表現しています。壁画は古代のガラス工芸の禿頭を描いでいるだけでなく、中国と西域とのガラス貿易についても反映しています。


スタイルの変遷/推移

 莫高窟には492の壁画と彫刻の洞窟があり、それらは大きく以下の5つの期間に分けることができます。

 ①北朝時代(南北朝の北朝)
 ②隋王朝時代、
 ③唐王朝時代、
 ④五代時代(五代十石時代)と宋王朝時代、
 ⑤西夏と元の時代


北朝時代(南北朝の北朝)


敦煌莫高窟の壁画のレプリカ    出典:中国百度百科

 北朝時代には、36箇所の洞窟が掘られました。その中で、最も古い窟は第286窟、第272窟、第275窟で、北涼(397~439)時代に建設が完了した可能性があります。

 洞窟は主に禅窟(僧侶の修行用)で、中央には、塔柱のある本堂としての窟があり、そして内部には、円形彫刻と影彫刻の2種類の彫刻があり、壁画には仏像、佛教故事、神々や妖怪、信徒たちが描かれています。

 この時代の影彫りは主に天女(飛天)が描かれ、供養菩薩と千仏を彫っています。円形彫刻の最初は仏と菩薩の組み合わせで、後部に二人の弟子が加わえられています。

 塑像の人物の体は非常に強健で、精神は堂々として物静か、性格は正直で重厚です。壁画の前期には、ライトブラウン(ベージュ)を基本色としたものが多く、その後、青緑や白など顔色に色彩が用いられるようになり、色調が情熱的な強い色(厚塗り)になり、線は単純で厚塗りとなり、人物の姿はやせ形で捕捉、聖域の仏教の特徴を表しています。

 西魏時代以降、下地の色は白色で色調は上品、洒脱なスタイルで、中央平原地域の様式となっています。典型的な窟としては、第249、第259、第285、第428窟などがあげられます。例えば、第243窟は北魏時代の釈迦牟尼塑像が高くそびえたって端に座し、体にはインドの袈裟を斜めに羽織っています。頭上には楕円形に髪を縛り、ガンダーラ様式を維持しています。


莫高窟(百度百科8)つづく