エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  
シルクロードの今を征く

Now on the Silk Road

秦始皇帝・兵馬俑・博物院概要(百度百科13)

西安
(Xi'an、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁

総合メニュー

秦始皇帝博物院(百度百科1)  秦始皇帝博物院(百度百科2) 秦始皇帝博物院(百度百科3)
秦始皇帝博物院(百度百科4)
  秦始皇帝博物院(百度百科5) 秦始皇帝博物院(百度百科6) 
秦始皇帝博物院(百度百科7)  秦始皇帝博物院(百度百科8) 秦始皇帝博物院(百度百科9)
秦始皇帝博物院(百度百科10) 秦始皇帝博物院(百度百科11) 秦始皇帝博物院(百度百科12)
秦始皇帝博物院(百度百科13) 秦始皇帝博物院(百度百科14)
秦始皇帝博物院1 秦始皇帝博物院2  秦始皇帝陵  秦始皇帝陵2


 次は秦始皇帝陵博物院の展示物を紹介する百度百科13です。

◆秦始皇帝陵博物院  百度百科13

【40】秦時代の金の当盧(とうろ:馬に付ける飾り物)


出典:中国百度百科 秦始皇帝陵博物院

 秦時代の金器、金の当盧は秦の始皇帝陵の銅製馬車の馬の頭部についていた飾りものです。正面には繊細な線で流れる雲の模様が描かれ、中程には蛇がとぐろを巻く図柄や蝉の模様などが描かれ、模様は淺浮き彫りで作られていました。当廬の背面には、“十二”の文字が、また、釦の上には“上”の文字が刻まれていました。秦の始皇帝陵博物院に収蔵されています。


【41】秦時代の肩を保護するための腕の石鎧(よろい)


出典:中国百度百科 秦始皇帝陵博物院

 秦時代の石器で、長さは45cm、腕の部分の長さは20cm、秦の始皇帝陵K9801陪葬坑から出土しました。鎧の前と後ろ、腕の部分は一体的に作られていて、全部で612枚の石片が用いられています。秦の始皇帝陵博物院に収蔵されています。


【42】秦時代の腕の部分がない石鎧


出典:中国百度百科 秦始皇帝陵博物院

 秦時代の石器で、長さは64cm、秦の始皇帝陵K9801 陪葬坑から出土しました。鎧の前と後ろ、両肩部分と一体的に作られ、甲片の数は380片にも及びました。鎧の脱ぎ着は、右側の肩と胸の所につなぎ目から行いました。秦の始皇帝陵博物院に収蔵されています。


秦始皇帝博物院(百度百科14)つづく