エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

大慈恩寺 西安 (Xi'an、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁
総合メニュー

大雁塔  視察1 視察2  視察3 玄奘三蔵1 玄奘三蔵2 玄奘三蔵3 玄奘三蔵4 玄奘三蔵5
大慈恩寺  視察1  視察2  視察3 視察4  視察5  視察6  視察7  視察8
大薦福寺  小雁塔  大清真寺 視察1  視察2  視察3 視察4 
青龍寺1  青龍寺2空海  青龍寺3中国版  青龍寺4博物館 視察1  視察2  視察3  88か所


 次は中国西安市(長安市)の大慈恩寺です。

◆大慈恩寺 西安Xi'an 中国西安市)

 大慈恩寺の位置は、大雁塔のすぐ南にあります。地下鉄駅は大雁塔駅です。


出典:グーグルマップ

 大慈恩寺(だいじおんじ)は、中国陝西省の古都、西安市南東郊外約4kmにある仏教寺院であり、三蔵法師玄奘ゆかりの寺として知られています。その故地は、唐朝の都、長安城においては、東南部、左街の晋昌坊に当たる場所でした。


撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



大慈恩寺と大雁塔
Source:Wikimedia Commons

概要

 隋の大興城にあった無漏寺(一説に浄覚寺)の故地に、648年(貞観22年)、皇太子の李治が、亡母(文徳皇后)追善のために建立したのが、大慈恩寺です。その名は「慈母の恩」に由来します。

 各地から、良材を集め建てられ、その規模は、子院(塔頭)10数院を擁し、建築物は総数1,897間、公度僧だけで300名という大寺でした。

 帰朝した玄奘は、本寺の上座となり、寺地北西の翻経院で仏典の漢訳事業に従事しました。当寺での、玄奘の訳経活動は、658年(顕慶3年)までの11年に及び、合わせて40部余の経典がサンスクリット語から漢訳されました。玄奘の弟子である基(窺基)は、師から相承した法相宗を宣教し、「慈恩大師」と呼ばれました。

 652年(永徽3年)、大雁塔が建立されます。当初は、玄奘がインド・西域から持参した仏像や経典を収蔵するための塔でした。

 唐代半ば以降、大慈恩寺の境内には、大きな戯場があり、俗講や見世物が行われていました。また、牡丹の名所としても知られ、それを詠んだ多くの漢詩が知られ、藤も植えられていました。春には、寺が所有していた南にある通善坊の「杏園」で杏の花が、夏には、寺の南池で蓮の花が咲き、秋には、柿がなり、紅葉につつまれたと伝えられています。

 845年(会昌5年)の、武宗による会昌の廃仏の時には、大薦福寺・西明寺・大荘厳寺と共に、廃寺を免れました。

 1550年(嘉靖29年)に、現在の大慈恩寺が建立されたといわれています。


大慈恩寺正門
Source:Wikimedia Commons

主な住僧

 玄奘三蔵 (602年-664年)

那提三蔵
 基 (632年-682年)

道世
 善導 (613年-681年)
 慧沼 (648年-714年)

義福
 金剛智三蔵 (669年-741年)
 牟尼室利三蔵 (?-811年)

参考文献
足立喜六著『長安史蹟の研究』(1933年)
関野貞・常盤大定著『支那文化史蹟』(1940年)
小野勝年著『中国隋唐長安・寺院史料集成』(法藏館、1989年)ISBN 4831874183 (史料篇) ISBN 4831874183 (解説篇)
徐松撰、愛宕元訳注『唐両京城坊攷:長安と洛陽』(平凡社〈東洋文庫 577〉、1994年)ISBN 4582805779
松浦友久、植木久行『長安洛陽物語』(集英社、1987年、ISBN9784081620029)
段成式『酉陽雑俎』(平凡社〈東洋文庫〉、全5巻、今村与志雄訳注)

◆日本大慈恩寺計画

 宗教法人 大覚寺は平成9年4月22日、中国西安市大慈恩寺と姉妹寺院として締結いたしました。

 住職 川崎弘悠は、密教僧侶の修行と共に玄奘三蔵法師の足跡に心から敬服し、様々な修行をしてまいりました。後に西安に渡り、中国大慈恩寺にて三蔵法師の教義を学んでまいりました。

 三蔵法師のもたらした経典は偉大な仏教文化足跡を残し、現在の日本仏教はその偉大な恩恵のもとに発展してきたとも言えます。日本経典の中で人々に一番親しまれ、誦され、人気の摩訶(偉大)なる教え般若心経は法師翻訳経典の一部であります。

 今日、私共は正に現世の乱行を正行に導く教えを受け継ぎ、日本大雁塔を建立し、教えを広めるべく布教活動、日中文化交流の場など、広大に活動していく主旨でございます。

 中国テレビ※日本に”日本総本山大慈恩寺(名称の使用を中国西安大慈恩寺より許可されています)”を建立し、供養、現世利益、祈願などはもとより、精神修行、仏教教学修行道場とし、主に日中文化交流や古典芸術文化交流の場とすることを主旨としております。

 ※大雁塔を日本総本山大慈恩寺のシンボルとして建立し、広く日本をはじめ世界中の人々に好まれる寺院の形成を目指しております。

<玄奘三蔵法師と大慈恩寺と大雁塔>

 玄奘三蔵法師(600-664)が、唐の貞観三年(629)に出発地長安(西安市)から天竺(インド)へ仏教経典を求め、遍歴の巡錫に出て17年間の苦難の末、仏舎利、仏像、経巻657部を持帰りました。大慈恩寺などで弟子達と共に翻訳行に12年間の歳月を費やし、後、仏教教義、経文を保存する為の大雁塔を、法師みずから指揮をとり、大慈恩寺に大雁塔を建立致しました。

 この大雁塔は小説《西遊記》で知られる玄奘(げんじょう)三蔵が、インドから持ち帰った多くの経典や仏像を保存するための建物です。

2014年に「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の一部として世界遺産に登録されました。



 下の写真にある大慈恩寺(だいじおんじ)の故地は、唐朝の都、長安城においては、東南部、左街の晋昌坊に当たる場所でした。


大慈恩寺
Source:Wikimedia Commons



大慈恩寺正門
Source:Wikimedia Commons


大慈恩寺
Source:Wikimedia Commons


視察1へつづく