エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  
シルクロードの今を征く

Now on the Silk Road

青龍 百度百科3

西安
(Xi'an、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁

総合メニュー

大雁塔  視察1 視察2  視察3 玄奘三蔵1 玄奘三蔵2 玄奘三蔵3 玄奘三蔵4 玄奘三蔵5
大慈恩寺  視察1  視察2  視察3 視察4  視察5  視察6  視察7  視察8
大薦福寺  小雁塔  大清真寺 視察1  視察2  視察3 視察4
青龍寺  青龍寺空海1  青龍寺空海2  青龍寺空海3  青龍寺空海4 青龍寺(百度百科1)  
青龍寺(百度百科2)  青龍寺(百度百科3) 青龍寺博物館(百度百科1) 青龍寺博物館(百度百科2)
視察1  視察2  視察3  88か所


 次は中国西安市(長安市)の青龍寺の百度百科3です。

◆青龍寺 百度百科3

西安青龍寺

 1982年、西安と香川県、徳島県、高知県、愛媛県の4つの県が共同で作った空海記念碑が、青龍寺の敷地内に建設されました。

 1984年、建築考古学者の杨鸿勋(Hongxun Yang)先生は、1973年の青龍寺遺跡発掘の際の資料に基づいて、遺跡第四殿堂の復元を行うために招聘されました。

 遺跡第四の基盤は、二つの文化的層が重なり合っていたため、楊氏は、上下の層をそれぞれ復元することになりました。

 右の写真は下段(初期の建築物)の復元計画図です。最終的には、すぐにこちらの恵果空海記念堂を建設することで決まりました。上層(後期の建築物)の復元計画(図)は右下の写真です。

 恵果記念館と空海記念館は、日本の真言宗仏教全体の総本山であり、日中友好真言協会と西安市が共同で建てた記念すべき建物です。記念館は、第4殿堂遺跡の考古学的発掘所から北へ6メートルの場所にあります。平面的なレイアウトは初期の古いお堂の遺跡を基にしており、幅が5間、奥行きが5間の正方形の広間でした。復元された広間は、天井が高く、空間が広く、唐時代の建築物の風格をもっており、まさに、西安第一の復元建築となりました。

 注)恵果
   恵果(えか/けいか、天宝5載(746年) - 永貞元年12月15日(806年1月12日))は、中国唐代の密教僧
   で日本の空海の師。俗姓は馬氏。長安の東にある昭応の出身。真言八祖の第七祖。真言八祖像として
   描かれるときは、童子を従えた姿に描かれることになっています。


 1986年、青龍寺は日本から千本以上の桜の木を輸入して修道院に植え、毎年3月と4月には桜の花が咲き、春の庭園は花でいっぱいになり、珍しい風景が見られます。

 青龍寺は1997年以前は遺物の遺産として存在していました。1997年11月17日(仏教の日)西安市人民政府は青龍寺を仏教管理に移し、宗教活動を再開しました。今日まで、青龍寺は、伝説的な歴史的役割と美しく静かな景色によって、多くの中国人や外国人の観光客を魅了してきました。

遺跡公園


青龍寺
出典:中国百度百科

 1973年の清龍寺遺跡の発掘から2012年の乐游原遺跡公園の第1段階完了までで、乐游原清龍寺は遺跡、寺院、公園、博物館、茶屋(喫茶室/カフェ)を統合した歴史的および文化的な景勝地になりました。

 その主な分野は次のように分けられます。

 南西部の隋及び唐王朝時代の青龍寺遺跡保護区南部の青龍寺区と青龍寺遺跡保護センター東南部の恵果堂ビジネスホテル北部の樂遊原歴史文化体験エリア中央部の青龍寺博物館の古い建築物など

さくら文化

 西安の桜について説明する際には、青龍寺に言及する必要があります。そこには、完璧なほど沢山の種類の桜が咲き、桜の植樹について長い物語があり、貴重な桜の文化、そして誰もが賞賛する桜の風景が残されています。

 西安市の青龍寺は、市の東南に位置する乐游原上にあります。

 1986年、青龍寺に日本の修行僧である空海記念碑が建てられたとき、友情と平和の象徴として日本人の友人と仏教会によって僧院に桜が植樹されました。毎年、春三月に寺院の桜は満開隣、春爛漫で色鮮やかとなり、国内外の多くの観光客がやってきて春の雰囲気を楽しみます。

 青龍寺のスタッフによると、寺院内には600株以上の桜があり、通常、一ヶ月のうちで咲く時期が3回に分けられるということです。清新で優雅な“染井吉野”、おっとりとして華やかな“楊貴妃”など有名な桜の花がそこら中にあり、来訪者はのんびりと遊び、日本的な雰囲気、情緒を楽しむことができます。

現在の僧侶たち

 寛旭法師(俗名張許会)は、1970年、甘粛省天水市の一介の仏家で生まれました。彼は、加須kの影響を受け、幼少の頃から仏法(達磨)が好きで、9際の時にこの村に戻り村の正老和尚の門下として帰依しました。1985年に、彼は長安の興教寺禮常明老和尚に出家し、同年9月に興善寺で具足戒を受け僧侶となりました

 1988年には、普陀山仏岳院に進学を許され修行し、その間、普陀山妙善老和尚に近く師事し、普濟寺の副監査員として務めました。1993年に仏教学院を卒業後、興教寺を担当する監査委員となり、興教手を建設した常明老和尚の助けを得て、その期間に、興教寺の大殿、廊坊、臥佛殿等の建築の修理を行い、1996年には、台湾の仏教界を訪問しました。

 1996年に、彼は台湾の仏教徒コミュニティを訪問しました。1997年に、西安仏教協会は西安青龍寺院の修道院長を招待し、900年以上もの間浪費し続けてきた唐竜清亭清竜寺は、朝晩の鐘と太鼓の宗教活動を再開し、青龍寺の修繕を呼びかけ、多くの人から歓迎を受けました。彼はまた日本の仏教団体を訪問し、積極的に中国と日本の仏教界の間の友好的な交流を促進し、清龍寺で世界平和法フェアのための多くの祈りを開催しました。

 1997年、西安仏教協会は西安青龍寺の修道院長を招待しました。900年以上にわたって浪費されてきた唐龍亭青龍寺は、朝の鐘と太鼓の宗教活動を再開しました。 また、日本の仏教グループを訪問し、中国と日本の仏教サークル間の友好的な交流を積極的に促進し、青龍寺で世界平和法フェアのために多くの祈りを催しまし
た。

 2001年、彼は貴峰山貴峰寺の監督を務め、長安終南山仏教協会の会長に選出されました。2002年に、彼は仏教の若者のための「元南山仏教ネットワーク」の建設を組織し、この機会を利用して最初の長南山仏山サマーキャンプを開催しました。

 中央南山仏教協会の会長を務めていた頃、玄秀氏は積極的に香港慈恵仏教財団に慈善寄付と奨学金を陝西省榆林と西安の大学に寄付するために連絡を取りました。年間で、年間100万人の学生ローン。マスターシュアンシュウはまた、中南山脈の山岳地帯に住む人々の食糧配給を長年にわたり担当してきましたが、長年にわたり、中山山の修道院を守る山岳住民に食料保証を提供してきました。

 2005年に、彼は最後の南山の第2回総会で中南山仏教会の会長に選出されました。寬旭法師は現在、CPPCCの第9回CPPCC全国委員会のメンバー、中国仏教協会のメンバー、陝西省仏教協会の事務総長、西安仏教協会の副会長、長安区中南山仏教協会の会長、そして青龍寺の修道院長です。

祭り活動

西安青龍寺
西安青龍寺(21写真)

 毎年桜の花が咲くとき、それは常に花に多くの訪問者を魅了します。1986年、西安青龍寺は日本から千本以上の桜の木を導入し、修道院に植えました。毎年3月から4月にかけて、桜の花が咲き誇り、春には庭園が満開となり、花を楽しむために多くの中国人や外国人観光客が訪れます。 1ヶ月間の桜の季節には、早い時期に彼岸桜、八重桜、山桜、染井吉野が咲き初め、中頃には、楊貴妃、ウコン桜、松月桜が咲きます。そして終わり頃になると、十種類以上の桜が順番に開いていきます。

交通情報

バスガイド
19,25,41,45,48,118,221,237,242,400,521,525,526,606,607、6番目のバス停にある「青龍寺」または「鉄炉廟」で下車し、標識に従って道路の西側から村の西側に上っていきます。

 西安地下鉄3号線の青龍寺 地下鉄駅A出口で雁翔路に沿って北に300m進み、青龍寺の東門に進みすぐに到着します。


青龍寺博物館(百度百科1)つづく