エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
 
 
シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

西安城壁 百度百科1

西安
(Xi'an、中国) 

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁

総合メニュー

西安城壁 城壁(百度百科1) 城壁(百度百科2) 城壁(百度百科3) 城壁(百度百科4)
城壁(百度百科5)
 視察1  視察2  展示1
  西安鐘楼  展示1  展示2  
鐘鼓楼博物館(百度百科1) 鐘鼓楼博物館(百度百科2)  


 次は西安城壁の詳細1です。参考は百度百科1です。


◆西安城壁 百度百科1Xi'an 中国西安市)


西安の城壁アトラス 出典:中国百度百科

西安古城壁の概要

 西安の明朝時代の城壁都市は中国で最大かつ最もよく保存されている古代都市であり、国家の主要文化遺物保護施設さらにAAAAA級(5A級、最高峰)の観光名所です 。広義の西安市壁には、西安の唐時代の城壁と西安の明時代の城壁がありますが、一般的には狭義の西安の明時代の城壁を指しています。

 西安明城壁(Xi'an Mingcheng Wall))の壁は、陝西省西安市の中心部の繁華街に位置しており、その壁の高さは12メートル、壁上の幅は12~14メートル、壁の下の幅は15~18メートルであり、輪郭(形状)は閉じた長方形となっています。また城壁の総延長(周囲の延長)は13.74キロメートルあります。城壁内に住むの人々は、古都を11.32平方キロメートルの面積と呼ぶのに慣れています。また古都の城壁内の中心には有名な西安鐘楼と太鼓の楼閣(建物=櫓)があります。

 西安の城壁には主に4つの門があります。長楽門(東門)、永寧門(南門)、安定門(西門)、安遠門(北門、古代門)の4つです。北門が中華人民共和国の西安の門としてつくられて以来、開かれてきましたが、古代都市へのアクセスのために新たに多数の市の門が開かれてきました。現在、西安の城壁には18の門があります。

 1961年3月4日に、西安の城壁は国の重要文化資産保護の最初の対象となることが国務院により発表されました。2018年に開催された西安の城壁が中国北西部観光市場開発会議と旅行用品展は 「魅惑の北西地域100景」のひとつに選ばれました。


西安城壁の歴史的進化


西安の城壁
出典:中国百度百科


西安の城壁
撮影:池田こみち Nikon Coolpiex S9900

 西安の城壁は中国で最大かつ最もよく保存されている城壁都市です。

 西安の城壁、合計13.7キロの長さは11年かけ1378年に完了しました。皇帝の「政策指針」の下、隋、唐の帝都は、この城壁の上に構築され、西安という都市となりました。明の始祖(太子)である朱元璋は、次男の朱樉(しゅそう)を秦の王とし、領土を分け与え、政府を同じ城内に置きました。そのため、街の規模は広大かつ堅固となりました。その後、明・清時代には相次いで修復と増築が行われ、今日まで、良好に保存されてきました。


中国各時代の壁

中国王朝の時代区分

出典:中国歴史地図庫

 西安市の含光門地区における「都市壁道路プロジェクト」の建設を依頼され、西安の都市壁の明らかになった部分についての考古学的調査プロジェクトに協力するよう求められました。西安の都市城壁の構造は複雑ですが、その大部分は隋と唐の時代から現代まで構築されつづけてきたと言えます。


 2004年の初め、陝西省古代デザイン研究所(現在の陝西省文化遺産研究所)は西安市の広門地区における「都市壁道路プロジェクト」の建設を依頼され、西安の都市壁について考古学的調査プロジェクトに協力するよう求められました。西安の都市壁の構造は複雑ですが、西安の都市壁の大部分は隋と唐の時代から現代まで構築されつづけてきたと言えます。

 統計によると、西安市の壁の時代区分は次の5つの主要な期間に分けられます。すなわち:

 ・隋王朝と唐王朝(Sui and Tang Dynasties):既存のセクションは三角形に近いと言えます。
 ・唐王朝後期と五王朝:旧市街の城壁を1.5メートルから2.5メートルに厚くし、頂上も1メートル近くの高さにしています。
 ・宋と元の王朝(Song and Yuan Dynasties):補助層は明城市壁の断面の中央にあり、地色は濃い茶色、質感は濃い、そして少量のレンガが挟まれています。
 ・明と清の時代:以前に建てられた城壁のすべての城壁が建てられました。これが現在の西安の城壁です。
 ・近代:修理層は、主に1980年代初頭に西安の関連部署によって行われた補強処理です。


西安古城
出典:中国百度百科

隋王朝の建設

 隋の初代皇帝楊堅が随王朝を立てた後、最初は漢の長安に住んでいましたが、当時、漢長安城(街)は、破壊されていて狭く、水質汚染が深刻であったため、東南方向の龍首原の南斜面に新たな街を建設することにしました。開皇2年(582年)、大興宮の修復は、大興の街の建設の幕開けとなり、宇文愷(うぶんがい)の監督の下、皇室の住居(宮城)と皇城(皇帝の住まい)建設はわずか9ヶ月で終了しました。

 注)大興 - (だいこう)隋代の古城名。漢長安城の東南、龍首原の南側に作られた。
   隋の首都。後の唐の長安城。 ⇒ 長安



漂「大興市」パターン
出典:中国百度百科

 開皇3年(583年)、隋王朝二代目皇帝である煬帝は、宮城と皇城以外に城壁の外に、街を造るため、10万人をの動員しました。街全体の骨格は唐帝国から継承されてきた従来の形式を踏襲しました。

 隋の大興と唐の長安城は東西の長さが9,721メートル、南北は8,652メートル、周囲36.74キロメートル、総面積は84平方キロメートルあり、これは、古代中国において、最大面積の大都市となりました。


唐代末期の建設縮小

 唐の初代皇帝時代の武徳元年(618年)、李淵(りえん)は唐王朝を確立し、隋王朝が築いた都、長安を継承しました。そして、「大興城」を「長安城」に、「大興宮」を「太極宮」と改名ました。

 唐王朝の末期、長安城は、戦乱により大きなダメージを受けました。長安を防衛していた佑国軍の節度使、韓建は、元の城は防衛が容易ではないとして、長安城の第一次改築工事を実施しました。

 注)節度使とは(コトバンクより)
  中国,唐,五代,宋初の軍職。藩鎮の長官をいう。羈縻政策 (きびせいさく) と府兵制の破綻で,
  景雲1 (710) 年初めて西北地区に設置され,8世紀前半には,辺境に 10節度使が出現し,安史
  の乱で内地にも列置されるようになるとともに民政も掌握し,以来2世紀にわたって存続した。
  数州を管轄して強大な権限をもち,正規の軍団 (官健) のほか私兵集団をおき,しばしば反唐的
  行動をとって分権的傾向を示した。黄巣の乱を契機に従来の貴族官僚に代って政治権力を握り,
  武人政治を実現したが,宋初に実権を奪われた。
 
 韓建は元の長安城の外郭の壁と宮城をそのままとし、子城と呼ばれていた皇居(皇城)を維持するために修理を行いました。もともとの皇居は東、南、西の三方に城壁があり、北は広い直線道路に面し、皇居と宮城の境になっています。この整備は、まさに、皇居(宮城)の南壁を子城北壁としたもので、皇居(皇城)の東と西の城壁を一体的に連結したことにより、皇居(皇城)の四方を背の高い壁に囲まれた堅実な都市とし、また、皇居を朱雀、安副、延喜の三つの門と北の玄武門をもって封じ込め、防衛を強化したのでした。改築した後には、長安城は「新城」と呼ばれました。

 新城の周囲の長さは9.2kmですが、もとの長安城の外周の長さのわずか四分の一でした。同時期、城壁内には内城(内郭=本丸)が造られ、そこに役所が置かれました。それとは別に、東西城壁の外にそれぞれ小城を築き、大年県と大安県の管理下として行政府も置きました(後にこれらは、長安県、万年県という元の名前を回復します)。この街は唯一、軍隊の街としての性質を備えていました。

 周、漢、晋、唐、五代時代の後、宋と元の時代となり、長安城の名前だけでなく、建制(組織体制)もしばしば変更されてきましたが、城壁の規模は変わりませんでした。このことは、唐の末期から宋・元の時代になると、当時の長安城は、只単に隋と唐時代の皇帝の城であるに過ぎず、長安城が徐々に凋落していくことを反映していました。

元朝


西安の城壁
出典:中国百度百科

 元朝時代の奉元路城(以前は安西府城と呼ばれていました)の規模と分布パターンは基本的に前時代のものと似ていました。しかし、元朝の十年(1273年)に着工した市の北東部、沪河近くの高台で平坦な場所に安西王宮の建設が終了しました。その面積は約0.3平方キロメートルで縦長の長方形です。イタリア人旅行者マルコポーロはかつてその旅行記の中で、城壁の高さと大きさを賞賛し、「宮殿は壮大で、周囲は川湖泉に囲まれ、軍隊が駐屯し、狩猟にも適していて楽しめる。」と書いています。
 こうしたことから、韩建が責任者として修復した「新城」の城壁の規模は五代、

宋、金、元の時代を通じてほとんど変わっていないことがわかります。京兆府城、や元時代の奉元路城も北宋王朝を踏襲しています。


西安城壁(詳細2)へつづく