エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
 
 シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

宝慶寺華塔

西安
(Xi'an、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁
総合メニュー

西安城壁 城壁(百度百科1) 城壁(百度百科2) 城壁(百度百科3) 城壁(百度百科4)
城壁(百度百科5)
 視察1  視察2  展示1
  西安鐘楼  展示1  展示2  
鐘鼓楼博物館(百度百科1) 鐘鼓楼博物館(百度百科2)  


 次は西安の宝慶寺華塔です。

◆宝慶寺華塔Xi'an 中国西安市)

 宝慶寺華塔の場所は、以下のグーグルマップにあるように、西安城壁内の南大街の南端で南門(永寧門)の手前です。


宝慶寺華塔の位置
出典:グーグルマップ



宝慶寺華塔
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900


宝慶寺華塔
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



宝慶寺華塔
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



西安書院門の碑
宝慶寺華塔
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



書院門
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



宝慶寺華塔
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


 宝慶寺塔は西安城壁南門永寧門)の内側、書院門の入り口のそばに建っています。

 宝慶寺は隋王朝初代皇帝である文帝(在位:581年-604年)の都であった大興城(長安)の安仁坊に仁寿元年(601年)に建てられました。宝慶寺塔は、唐王朝第17代皇帝文宗時代(826-840年)に作られ、その後、明王朝七代皇帝である代宗景泰帝時代(1449-1457年)に現在の場所に再建されたとされています。

 現存する塔は明の景泰二年に建て直されたものです。塔は六角七層密檐式のレンガ造りで高さは23mあります。一層目のひさしの下には二龍戦珠、風戦牡丹、瑞鶴祥雲、纏枝牡丹などの図案がレンガに彫られていて、二層目のひさしの下にも麒麟などの図案が彫られています。

 塔身の二、三層の各面と六層目に正面には佛龕があり、北魏から唐の時代に造られた13体の石像があります。

 塔の東側には「重修宝慶寺塔記」と書かれた石碑があります。

 住所:書院門の入口 
 営業時間:24時間 
 入場料:無料(0元)、観光所要時間:約10分間  

 出典:はてな・ダイアリー
     西安観光ブログ:中国西安旅行観光ガイド/観光地案内/観光スポット紹介/観光見所情報


展示1へつづく