エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

兵馬俑 百度百科13

西安
(Xi'an、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁
総合メニュー

兵馬俑 展示1 展示2 展示3  展示4 展示5 展示6 展示7 展示8
兵馬俑(百度百科1)  兵馬俑(百度百科2)  兵馬俑(百度百科3)  兵馬俑(百度百科4)
兵馬俑(百度百科5)  兵馬俑(百度百科6)  兵馬俑(百度百科7)  兵馬俑(百度百科8)
兵馬俑(百度百科9)  兵馬俑(百度百科10) 兵馬俑(百度百科11) 兵馬俑(百度百科12) 
兵馬俑(百度百科13) 兵馬俑(百度百科14)


 次は中国西安市(長安市)の兵馬俑の中国百度百科版の13です。

◆兵馬俑 百度百科13

●価値と影響

<概要>

 秦俑は、一定の性格をもつ多様な人物をいきいきと作り出しています。その様式は素朴かつ洗練されており、また、芸術的魅力に富み人々に感銘を与えます。これれは、中国古代の塑像芸術が成熟の域に達したことを示しています。また、既に戦国以来中国の陶製彫刻の伝統として継承され、唐時代の塑像芸術繁栄の基礎を築きました。また、先の時代から次の時代へとうまく引き継がれ、「世界第八大奇跡」(世界八大奇跡のひとつ)であり「人類古代精神文明の至宝」という名誉を得ることとなりました。

 1987年、秦の始皇帝陵及び兵馬俑坑は、国連UNESCOの「世界遺産」に登録されました。

<国内評価>

1979.04.09,時の全国人民大会常任委員会委員長である葉剣英氏が秦俑博物馆
       を視察し、秦の始皇帝兵馬俑博物館の館名の文字を書きました。

1980.07.01,時の中国共産党牛往復主席、鄧小平氏が秦俑博物かkんを視察、
       兵馬俑が秦時代の優れた科学技術を示す物として賞賛しました。

1999.08.08,国務院総理である朱鎔基氏が来館し、“秦始皇帝陵博物院”とい
       う院名を書きました。

2005.04.30,中国台湾省国民党主席、連戦氏:“游秦冢而悯万民 跨海峡为创
       双赢。”「秦の墳墓に遊び、また、万民憐れなり。海峡を跨ぎ来て、双方が
       利するなり」と述べました。

2008.04.10,全国人民大会常任委員会副委員長、蔣正華氏が:“人类遗产,中
       华之光。”(「人類の遺産であり、中華の光である」)と語りま
       した。

<国外評価>

1976. 05. 06 シンガポールの首相リークァンユー氏「世界的な奇跡であり、民
       族の誇りである」

1978.09 フランス大統領ジャック・シラク氏「世界には七つの奇跡がある。
       秦俑の発見はまさに8つ目の奇跡である。ピラミッドを見ていなけれ
       ば、エジプtトに行ったとは言えないし、秦の俑を見なければ中国を
       見たとは言えない。」

1979. 08.29 アメリカ合衆国副大統領モンデール氏「これは本当に奇跡だ、
       世界の人々がここに来て見るべきだ」

1979.09.17 デンマークのマーガレット王女「私は10年以上考古学に携わって
       きました。また、欧州各国の考古学的遺跡を訪れました。これほど感
       動的な光景を見たことがありません。ここにあるすべてのものは永遠
       に記憶に残るでしょう」

1979.12.08 日本の首相、大平正芳氏「兵馬俑坑は世界の奇跡である。百聞は
       一見に如かず、という言葉はまさにその通り」

1981.07.20 欧州議会議長ウェイル氏「秦の始皇帝の兵馬俑を見て、私の地平
       線が広がった。これらの兵馬俑は秦時代の人々の英知と優れた想像
       力を繁栄してる。これは奇跡だ。」

1981.10.23 デンマーク首相、アンカー・ヨルゲンセン氏「秦俑の顔は一つと
       して同じではない。これはまさに神の領域に至っている。これらの兵
       馬俑を見て、私は様々な思いに掻き立てられた」

1982.10.20 パキスタン大統領モハメド・ジア・ウル・ハク氏「兵馬俑を見学
       できたことは私にとってここ数年の中でも非常に貴重な経験でした。
       非常に多くの歴史的遺産がココに埋められていました。最も重要なこ
       とは中国が2000年も前に作ったという事実です。中国を統一した人物
       は高く賞賛されるでしょう。彼の先見性とたゆまぬ努力がなかったら、
       我々は今日ココでこれを見ることは出来なかった。


つづく