エントランスへはここをクリック  中央アジア・シルクロード  【世界紀行 

  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

玉門関 中国百度百科版1

(Yu-men-kuan、中国)


青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo
 無断転載禁

総合メニュー

漢代長城1  展示1  視察1 玉門関  玉門関(百度百科1  玉門関(百度百科2
玉門関(百度百科3)  視察1  展示1  白馬塔  視察
 河西回廊  ヤルダン国家地質公園
青海省  青海湖


 次は中国敦煌市の玉門関概要中国百度百科版です。

玉門関(ぎょくもんかん、敦煌市)


玉門関(ゆめぐん)遺跡   出典:中国百度百科

 玉門関 (中国語読 ゆめんがん; Yumenguan)は、 武帝漢皇帝が中国に西の道を開き、 河西回廊(Hexi)に4つの郡を設立したときに始まりました。この地域は現在、甘粛省敦煌の北西に位置する敦煌小方盤城(ゆめんぐん、Xiaofangpancheng)に位置しています。

 丁原(中国後漢時代末期の政治家、紀元前116年の105年前)は、敦煌玉門(Yumen)の酒泉(Jiuquan)の万里の長城を建設し、玉門関(Yumen Guandang)がつくられました。

 「漢地理」によると、玉門関は
また重要な玉門関は、敦煌郡に位置しているロングル郡の領土、重要な軍の土地など、すべての指揮官の遺産(Commandery legcy)です。当時、中央平原と西部地域は2つの道路を取ることができず、漢王朝時代の重要な軍事的なゲートウェイでありシルクロードの交通ルートとなっていました。

 2014年6月22日、カタールのドーハで開催された第38回世界遺産委員会の会議で、玉門関遺跡は、中国、カザフスタン、キルギスタンによる「シルクロード:長安 - 天山回廊」として共同提出され、この地域の道路網が含まれるサイトは、世界遺産リストに登録されました。

 玉門関の床面積 約260平方キロメートル
 玉門関の公開時間 08:00?18:00  チケット価格 40元
 最適な観光機関は毎年5月から10月


風光明媚な玉門関の紹介


玉門関(ゆめぐん)遺跡   出典:中国百度百科


 玉門関遺跡は、現在の甘粛省に位置している河西回廊から敦煌市までおよそ150キロ西にありその多くはゴビ(砂漠)、草原約90キロ離れています。玉門関遺跡エリアの中心エリアは玉門関遺跡を中心とし、東西に直線的に分布し、東から西に45キロメートル、北から南に0.5キロメートルです。現存する遺跡には2つの市の遺跡、20のプラーク、そして万里の長城遺跡の18の区間があり、漢長城遺跡と玉門関遺跡などが観光客に開放されています。


中国王朝の時代区分

出典:中国歴史地図庫


視察1へつづく