エントランスへはここをクリック  中央アジア・シルクロード  【世界紀行 

  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

玉門関 現地視察

(Yu-men-kuan、中国)


青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo
 無断転載禁

総合メニュー

漢代長城1  展示1  視察1 玉門関  玉門関(百度百科1  玉門関(百度百科2
玉門関(百度百科3)  視察1  展示1  白馬塔  視察
 河西回廊  ヤルダン国家地質公園
青海省  青海湖


 次は中国敦煌市の玉門関の現地視察写真です。


小方盤城遺跡の看板
玉門関(小方盤城)遺跡は敦煌から90km離れた場所にあり、かつては西東両方の
漢王朝で玉門市の将校が統治していました。現在、保存状態がよい壁は1つだけ
です。それは約26m3の黄土でできていて、高さ10m、総規模700m3の正方形の形を
しています。南側と南側の両方に洞窟型の扉があり、タワーと歩道の両側に幅
1.3メートルの廊下があり、塔の南東の角に幅1メートル未満で、東から南へ曲がっ
ています。 壁の向こう側には、強化された建物があります。南には、強化され
た壁がはっきりと見えます。北には、防風壁のプラットフォームがあり、そこに
は烽火台遺跡があります。玉門関の小さな遺跡は、特別な地理的条件と地域の気
候により、中国に存在する最も保存された土の遺跡でもあります。
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


玉門関(ぎょくもんかん、敦煌市)

 以下は敦煌市の玉門関現地視察時の写真です。


玉門関(小方盤城遺跡)の遠景
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



玉門関(小方盤城遺跡)の遠景
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



玉門関(小方盤城遺跡)一
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



玉門関(小方盤城遺跡)の前の青山貞一
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



玉門関記念碑 (トリップアドバイザー提供)



玉門関(小方盤城遺跡)の内部
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



玉門関の内部 (トリップアドバイザー提供)



玉門関(小方盤城遺跡)の内部
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



玉門関(小方盤城遺跡)
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



玉門関(小方盤城遺跡)
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



シルクロード古道
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



漢王朝の伝票
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



漢時代の麻布(あさぬの)
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


展示1へつづく