エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

小雁塔西安 (Xi'an、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁
総合メニュー

大雁塔  視察1 視察2  視察3 玄奘三蔵1 玄奘三蔵2 玄奘三蔵3 玄奘三蔵4 玄奘三蔵5
大慈恩寺  視察1  視察2  視察3 視察4  視察5  視察6  視察7  視察8
大薦福寺  小雁塔  大清真寺 視察1  視察2  視察3 視察4
青龍寺1  青龍寺2空海  青龍寺3中国版  青龍寺4博物館 視察1  視察2  視察3
 88か所


 次は中国西安市(長安市)の小雁塔です。

◆小雁塔Xi'an 中国西安市)

 小雁塔とは、中国唐代に長安城内の大薦福寺境内に、景龍中(707年 - 710年)に建立された煉瓦でできた塔(中国語:磚塔)です。

 長安城の城坊では、中央部に近い、左街の安仁坊(旧・安民坊、太宗の名の「民」字を避諱。)の西北隅に当たります、薦福寺の子院(塔頭)である浮図院に建てられました。


小雁塔
Source:Wikimedia Commons


概要


西安博物院正?,小雁塔在西安博物院内
Source:Wikimedia Commons


雁塔晨?(?中八景之一)
Source:Wikimedia Commons

 唐の中宗が、父・高宗の追善のために薦福寺を造営した時、宮人たちに銭を募って建てられました。全て磚でつくられ、15層88mの優美な形をしていました。薦福寺に住した三蔵・義浄が仏舎利や経典、仏像を安置するのに使用したと考えられます。上にまで登れるが、それを題材にした詩はほとんどありません。

 北宋の時に修復されなしたが、明代の地震などによって崩壊し、高さは、現状で13層43mとなっています。

 大薦福寺の伽藍は変則的に配置されており、小雁塔は安仁坊にありますが、大薦福寺は、北隣の開化坊にありました。一名を華厳塔とも言います。

 宋代以降、しばしば地震等で被災しており、数次の重修を経て今日の姿となっています。その中でも著名なのは、明の嘉靖34年(1555年)に記された塔下層に残る題記に見える、地震の被害と復旧にまつわる逸話です。

 それによれば、地震によって塔が二つに裂けましたが、再度の地震によって元の姿に戻った、といいます。成化末年(1487年)に起こった地震で、塔に反対側が見える程の亀裂が走りましたが、正徳末年(1521年)の地震により、ひと晩で塔が復旧した、と記されています。

 大薦福寺は中華民国時期に廃寺となりましたが、小雁塔は文化大革命直前の1964年から2年間で塔の大修復が行われ、2つに裂けていた塔の本体は現在のように修復されています。

 現在は旧・大薦福寺の境内全体が西安博物館の区域内となっています。西安博物館は入場料は無料ですが、中国国籍の人は公民証を、外国人はパスポートを提示して入場券を手に入れなくてはなりません。小雁塔は一番上まで登ることができますが、2016年9月現在30元の入場券が必要となっています。

 入場券は西安博物館の入場券発行所の隣か、小雁塔に隣接する建物内の売店で購入できます。最上階である13階は地震で崩れたため現在屋根がなくなっており、屋上のようになっています。

 2014年に「シルクロード:長安-天山回廊の交易路網」の一部として世界遺産に登録されました。


This is a photo of a (or part of a) Major National Historical and Cultural Site in China identified by the ID
Source:Wikimedia Commons

現地情報
関連事項
 大雁塔


大清真寺つづく