エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

大薦福寺西安 (Xi'an、中国) **

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁
総合メニュー

大雁塔  視察1 視察2  視察3 玄奘三蔵1 玄奘三蔵2 玄奘三蔵3 玄奘三蔵4 玄奘三蔵5
大慈恩寺  視察1  視察2  視察3 視察4  視察5  視察6  視察7  視察8
大薦福寺  小雁塔  大清真寺 視察1  視察2  視察3 視察4 回民街
青龍寺1  青龍寺2空海  青龍寺3中国版  青龍寺4博物館 視察1  視察2  視察3
 88か所


 次は中国西安市(長安市)の大薦福寺です。

◆大薦福寺Xi'an 中国西安市)

 大薦福寺は西安市市街地の南部にあり、周辺には小雁塔、大興善寺など多くの著名な寺院があります。西安市中心部から大薦福寺に行くには、地下鉄2号線が便利ですが、たとえば鐘楼から約3km真南にあり、歩いても36分で到着します。


出典:グーグルマップ


出典:グーグルマップ



鐘楼
Source:Wikimedia Commons

概要

 大薦福寺(だいせんふくじ)は、中国陝西省の古都、西安市南郊外碑林区にある仏教寺院です。その故地は、唐の長安城においては、左街で朱雀大街に臨む開化坊と安仁坊の2坊に相当します。


出典:グーグルストリートビュー

概要

 684年(文明元年)、高宗の追善のために武則天が建立した大献福寺がその始まりです。そこは隋代には煬帝の晋王時代の邸宅があった故地でした。

 690年(天授元年)に現在の寺名に改められました。その規模は開化坊の南半分を占め、小雁塔のある南隣の安仁坊にも及んでいまし。公度僧は200名を擁していたといいます。

 706年(神龍2年)、翻経院が設置され、景龍中には小雁塔が建立されました。翻経院では義浄三蔵が仏典の漢訳に当たり、合計20部の経典を当院にて翻訳しています。

 708年(景龍2年)には、観音菩薩の化身として尊崇されていた泗州大聖僧伽が、中宗によって当寺に迎えられました。

 712年(先天元年)には、華厳宗の第3祖である法蔵が当寺で没しています。当寺は華厳宗との関係が深く、雲花寺と共に長安における華厳教学の聖地とされ、小雁塔は華厳塔とも呼ばれました。

 玄宗朝には、密教を中国に伝えた金剛智三蔵が730年(開元18年)から741年(開元29年)の約8年間、当寺に住し、大曼荼羅灌頂道場を建立し、また密教経典を漢訳しました。

 845年(会昌5年)の、武宗による会昌の廃仏の時には、大慈恩寺・西明寺・大荘厳寺と共に廃寺を免れました。

 その後も廃寺の危機を乗り越えた大薦福寺ですが、中華民国時期についに廃寺となり、軍関係の倉庫として使用されましたが、中華人民共和国成立後管理する者が一時いなくなり、堂内に残っていたものはすべて住民に持ち去られたとされます。

 1966年からの文化大革命の時期は中国人民解放軍が接収しましたが、これは紅衛兵による建物の破壊を逆に防ぐことになりました。

関連項目
小雁塔


小雁塔へつづく