エントランスへはここをクリック  中央アジア・シルクロード  【世界紀行 

  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

玉門関 中国百度百科版3

(Yu-men-kuan、中国)


青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo
 無断転載禁

総合メニュー(西域)

漢代長城1  展示1  視察1 玉門関  玉門関(百度百科1  玉門関(百度百科2
玉門関(百度百科3)  視察1  展示1  白馬塔  視察
 河西回廊  ヤルダン国家地質公園
青海省  青海湖


 次は中国敦煌市の玉門関概要中国百度百科版です。

玉門関(ぎょくもんかん、敦煌市)

遺跡


玉門関(ゆめぐん)遺跡   出典:中国百度百科


 小方盤城として知られる玉門関は、紀元前111年頃(前漢時代)に敦煌の北西90kmのゴビ砂漠に造られたもので、西部地域の北に通じるシルクロードの要衝でした。関城は正方形で、黄土の壁は高さ10メートル、幅3メートル、幅5メートルで、長さ24メートル、北から南へ26.4メートル、面積は633平方メートル、そして北と西にそれぞれ門がひとつありました。

 当時の玉門関は、駱駝につけた鈴がゆっくりと鳴り響き、人々が馬に大声を上げたり、隊商が行き交ったり、使者が往来するなどみんなが繁栄していました。

 2013年の玉門関遺跡は,ゴビ砂漠の狭い道の砂岩の厚い岩の上につくられた小さな正方形の城です。古代の城門に上れば、回りに広がる沼地を見渡すことが出来ます。溝渠(壕)は深くまた広く、長城はジグザグに続いています。烽火台あり、
ポプラ(胡陽)は真っ直ぐに立ち、泉の水は青緑です。紅柳の花が咲き、芦が揺れ、古代の関の雄姿は輝いて見えます。この景観は見る人を魅了し、複雑な感情と郷愁をわき上がらせます。

 注)ガリー(gully)
   降水による集約した水の流れによって地表面が削られてできた地形のこと。水に起因した侵食に
   よってできた地形形状のひとつ。雨裂(うれつ)とも。


 1907年、冒険家、考古学者、密輸業者でもあり英国のスタインは、玉門関の北部からそれほど遠くない遺跡で、多くの漢長城を発掘しました単純な内容から、小方盤城(Xiaofangpancheng)は玉門関の場所であると決定しました。歴史書によると、玉門関の場所もその近くにあるはずですが、漢王朝の最西端の税関としてわずか600平方メートルの小さな正方形の関城は小さすぎます。そのため、玉門関の具体的な場所は定かではなく、保存状態の良い小方盤城(Xiaofangpancheng)の場所は、国家的に重要な文化財保護の単位である玉門関として暫定的に指定されています。

 玉門関峠から15キロメートル離れた所には、漢王朝の玉門関門の穀倉地帯である古代都市の敦煌の河倉古城があり、壁は壊れていますが、それでも年間の勢いを示しています。

交通情報

内部トラフィック


 市内には路線バスがあり、また、市内の320台の各種タクシーが昼夜サービスを行っています。市内には300以上の人力車があり、とても便利です。市内のMingshan Roadには4箇所の自転車レンタルポイントがあります。旅行用の車として豪華な空調付きの車を借りたいなら、地元の旅行代理店または、星の評価があるホテルに連絡すれば借りられます。通常、国内バスには各旅客輸送会社連絡すれば利用可能です。

 酒泉地域の地形は、南西が高く北東が低く海抜1400mです。年間を通じての気温差は大きいです。内陸型の中温帯で乾燥地帯にあり、冬は長く寒く、夏はそれほど暑くなく短く、春秋は短くそれほど激しい気候ではなく乾燥して雨は少なく、一日の気温差は比較的大きいです。毎年2月が最も寒く、最低気温は氷点下21.6度、7月は最も暑く、最高気温は38.4度。年平均気温は6.9度、降雨量は82mmです。


実用情報

・玉門関観光の最高の季節:

 毎年5月から10月まで、酒泉で最高の観光シーズンです。酒泉地帯は南西が高く北東が低く、年間の気温差は1400メートル、内陸の温帯乾燥地帯にあり、冬は寒く、夏は暑くなく、春から秋にかけては明瞭ではありません。乾燥して雨が少ない、気温差が大きくなっています。年間最低気温を記録するのは1月です。-21.6°Cと寒いです。7月の最高気温は38.4°Cです。年間降水量はおよそ6.9mmです。

・チケット料金:  40元(約600円)/人

・営業時間: 08:00~18:00


馬の伝説

 昔、甘粛省の小方城の西側に 「失われた馬(Ma lost)」と呼ばれるキャラバンのオアシス(駅)がありました。シルクロードのキャラバンは、ホータン方面(現在、新疆ウイグル自治区の南西端の町の地名)から現在の河南省中央平原に行く際、この場所を通過しなければなりません。この場所の地形は湿地、ガリー、森林、雑草などがあり非常に複雑です。

 キャラバンは暑い天気のとき、日中の暑さを避けるため、夕方涼しくなのを待って進みました。そして馬の一団が「失われた馬」に来るときは、いつも暗闇に包まれており、この道を往来する馬は夕方までの暑さで、めまいがし行き先を間違いやすくなっていました。このようなことから、「失われた馬」という名前で呼ばれるようになりました。

 注)キャラバン(caravan)
1   砂漠を隊を組んで行く商人の一団。隊商とも言います。


 注)ガリー(gully)
   降水による集約した水の流れによって地表面が削られてできた地形のこと。水に起因した侵食に
   よってできた地形形状のひとつ。雨裂(うれつ)とも。

 翡翠(ヒスイ)や絹(シルク)を扱う専門のキャラバンが、一年中この道を通っており、しばしば「失われた馬」の場所で迷ってしまいます。キャラバンが「失われた馬(Ma lost)」に入ったところで、彼らは道を見失っていたのです。人々が心配していると、突然、遠くないところに一羽のガチョウがいました。キャラバンの中の若い男がやさしくガチョウをつかみガチョウをを腕の中に入れ、「失われた馬」の場所を聞き出す準備ができてからガチョウを手放しました。

  注)ヒスイ(翡翠、英: jade、ジェイド)は、深緑の半透明な宝石の一つです。東洋(中国)、中南米(インカ文明)
    では古くから人気が高い宝石であり、金以上に珍重されました。古くは玉(ぎょく)と呼ばれています。鉱物
    学的には「翡翠」と呼ばれる石は化学組成の違いから「硬玉(ヒスイ輝石)」と「軟玉(ネフライト : 透閃石-緑
    閃石系角閃石)」に分かれ、両者は全く別の鉱物です。しかし見た目では区別がつきにくいことから、どちら
    も「翡翠」と呼んでいます。

 しばらくして、ガチョウが若い男にささやくように言いました、「ああ、私に食べ物をください。そうすればあなたは「失われた馬」から出ることができる」。若者は野生のガチョウが食べれる乾燥した食物と水をすぐに取り出します。ガチョウはお腹が一杯になった後、空を飛んで回り、キャラバンを「失われた馬」ら導き出し、小さな広場の目的地に着かせました。

 しばらくすると、次のキャラバンが「馬の道」で道を見失い、またガチョウが飛んで空中で叫びました。並んで飛んで、再びキャラバンを「失われた馬」の場所から導きました。ガチョウが飛んだとき、ガチョウを救った若い男だけが理解することができたのです。青年はチームリーダーのボスにガチョウが言ったことの意味を伝えました。「ガチョウは小さな正方形のプレートの上に明るい緑色のヒスイと一緒にヒスイの石を置くように私達に言いました。キャラバンが目的地に着いた後、二度と迷子になりません」と。私の心の中では、明るく濃い緑色の翡翠は数千から二銀の価値があると。

 意外なことに、キャラバンが次に「馬の道」で道を見失ったとき、水源を数日間見つけることができませんでした、ラクダはのどが渇いてあえぎ、みんなは乾いてのどが渇いて、生命は危険にさらされていました。この時、ガチョウがまた飛んできて空から叫びました。「キャラバンがなくなり、四角い板が翡翠であり、翡翠が出てこなかったので、決して先導することはできません」 青年は急いで上司に耳を傾け、上司は慌てた。私は若い男に何をすればいいのか尋ねるのに忙しいですか?若い男は言った:「あなたは急いで野生のガチョウに誓います、「玉でなければならない、決してあきらめないでください」。

 「上司はすぐにガチョウに誓って、ガチョウがしばらく空中で回転した後、若い男に言いました、キャラバンは再び「失われた馬」から導きキャラバンは救われました。小さな広場に到着した後、キャラバンのボスは自分のお金をもったいながることを敢えてしませんでした、彼はすぐにグアンロウ(Guanlou)の頂上に置かれた最大で最高の明るい緑色の翡翠を拾いました。この夜は明るく輝き、そして数十マイル先に見えます。その後、明るい緑色の翡翠を道路標識として使用することで、キャラバンが道に迷うことがなくなり、小さな四角い板の上の翡翠が一片となり、玉門関(ユメグナン)と改名されたのです。

  注)玉門関の玉はおそらくヒスイ(翡翠)から来ているものと思われます。


視察1へつづく