エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

阿房宮(あぼうきゅう)1

(咸陽、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁
総合メニュー

阿房宮1  阿房宮2  楊貴妃墓1  楊貴妃墓2  楊貴妃墓3  


 最初はシルクロードの起点となる中国咸陽の阿房宮遺跡です。

◆阿房宮1 咸陽Xi'an 中国西安市)

 秦始皇帝は兵馬俑や始皇帝陵を見るだけでも、さぞかし強大な権力をもっていたと思われますが、実は西安市の近郊に、巨大な宮殿を建造しました。宮殿の1階に2万人が座れる規模です、それが阿房宮です。

 この宮殿は生存中は完成していません。現在、遺跡があるのみですが、一時期、阿房宮を模したテーマパーク・ジオパーク(2枚の写真あり)がつくられました。しかし、これは竣工後13年で取り壊されています。


 以下は、阿房宮遺跡の位置です。西安市の西の咸陽市にあります。


出典:グーグルマップ

  注)咸陽市(かんようし)
    咸陽市は、中華人民共和国陝西省に位置する地級市。かつては秦朝の首都として大いに
    栄えました。風水においては山・丘・阜などの南側、河・江・川・湖などの水辺の北側を陽と言
    います。この都市は九ぞう山(きゅうそうざん)の南、渭水の北に当たり「咸(みな)陽」なためにこ
    の名前がつきました。


阿房宮遺跡 前殿   出典:中国百度百科


中国戦国時代の秦による統一の変遷
出典:Wikimedia Commons

 阿房宮(あぼうきゅう)は、秦の始皇帝が建てた宮殿です。首都の咸陽からは渭水をはさんで南側に位置していた。現在の陝西省西安市の西方13kmの阿房村から遺跡が出土しています。

 始皇帝が天下を統一し、秦国の領土が広がり、咸陽の人口も増えると、かつて孝公の建てた咸陽の宮殿は手狭になりました。そのため始皇帝は渭水の南にあたる上林苑に朝宮を建てる計画を立て、阿房の地にその前殿を造ろうとしました。

 受刑者70万人あまりが動員されて、前殿(阿房宮)と驪山陵(始皇帝陵)の建造にあたらせました。阿房宮は紀元前219年に着工し、始皇帝の死後も工事が続きましたが、秦の滅亡によって未完のままに終わりました。

 阿房宮の名称は、当時の人々が地名にちなんで呼んだものといいます。あるいは宮殿の形が「四阿旁広」であることから阿房宮と名づけられたともいいます。さらには「宮阿基旁」であることから阿房宮と名づけられたともいわれています。


出典:中国百度百科


袁耀「擬阿房宮図軸」清代中期の画家
Source:Wikimedia Commons


阿房宮2へつづく



阿房宮レプリカ   出典:中国百度百科