エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行

  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

火焔山 視察1(かえんざん)

(中国新疆ウイグル地
区トルファン市)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁

総合メニュー

トルファン市 住宅再開発 民族音楽 火焔山 視察1 視察2 視察3


 次は、新疆ウイグル自治区の火焔山視察1です。

◆火焔山(トルファン市)視察1

 今回宿泊したホテルは、ホテルは石油会社が建てたものです。この辺りでは、結構、石油が発掘されており、石油関連企業がホテル業にも参加しています。ホテルの名称は直訳するとトルファン石油ホテルです。このホテルにも入り口に保安チェックゲートがありました。


撮影:青山貞一  Nikon Coolpix S9900

 以下はホテルの客室の窓から撮影したトルファン市内です。


撮影:青山貞一  Nikon Coolpix S9900


 下は宿泊先ホテルの入り口付近です。この日は、午前早くにトルファン市の宿泊先ホテルを出発し、火焔山、高昌故古城、アスターナ古墳、ベゼクリク千仏洞などを一気にまわります。


撮影:青山貞一  Nikon Coolpix S9900

 この辺りでは、まだ下の写真のように、高層マンションが林立しています。


撮影:青山貞一  Nikon Coolpix S9900

 以下は火焔山に向かう途中の国道312号線です。

 街路樹は桑です。この辺りでは、桑の実を食用としてよく食べることもあり、桑の街路樹や桑の畑も多く見られます。もちろん、蚕を飼ってシルクも生産しています。


撮影:青山貞一  Nikon Coolpix S9900

 以下は航空写真で撮影した火焔山の遠景です。


出典:中国百度百科

 この後、火焔山に向かうにつれ、山肌が変わってきます。

 以下は火焔山の遠景です。


撮影:池田こみち  Nikon Coolpix S9900



撮影:池田こみち  Nikon Coolpix S9900



撮影:池田こみち  Nikon Coolpix S9900



撮影:池田こみち  Nikon Coolpix S9900


視察2へつづく