エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行

  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

トルファン(吐魯番)博物館 百度百科

(中国新疆ウイグル自治区トルファン市)


青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁

総合メニュー

トルファン博物館 トルファン博物館(百度百科1) トルファン博物館(百度百科2)
トルファン博物館(百度百科3)  トルファン博物館(百度百科4)  展示1 展示2 
展示3
 展示4 展示5 展示6  展示7 展示8 展示9 展示10 展示11
展示12 展示13
 展示14 展示15 展示16 展示17 


 ここでは、トルファン(吐魯番)博物館を中国の百度百科3から紹介します。

◆トルファン(吐魯番)博物館(百度百科3)

 トルファン(吐魯番)博物館には9つの展示ホールと5つの基本展示ホールがあります。

 それら5つの基本展示ホールは、①トルファンの歴史の展示、②巨大なサイの化石の展示、③発掘された文書の展示、④古代の硬貨の展示、⑤発掘された数千年を経た死体(ミイラ)とそれらの埋葬の遺物です。

 トルファンの総合歴史展覧会:

 それらは次のように分けられています。

 第1ユニット:古代人の活動
 第2ユニット:車師文化の発見

 注)車師とは(Wikipedia)
  車師(しゃし、拼音:Jūshī)は、かつて中国(東トルキスタン)に存在した
  オアシス都市国家。古くは姑師といい、漢代に車師前王国、車師後王国
  などに分かれ、シルクロード交易の要所として栄えた。

 3ユニット:西域都護府統括かの車師
 第4ユニット:高昌郡及び麴氏高昌国(きくしこうしょうこく)

 注)高昌国と麴氏高昌国(世界大百科事典他より)
  5~7世紀なかばにかけて現在の中国、新疆ウィグル自治区の東部に位置
  するトルファン盆地を中心として栄えたのが高昌国。漢代以来中国人の植民
  が行われた。439年に北涼が北魏に滅ぼされると闞伯周(かんはくしゆう)を
  高昌王とし,ついで張・馬・麴(きく)姓の漢人が王を称した。麴氏は498年に
  麹嘉 (きくか)が国王となり498‐640年に麴氏高昌国を建て,西突厥(とつくつ)
  が天山北方に勃興すると姻戚関係を結び,一方,北周・隋とも連和した。640
  年(貞観14,高昌延寿17)唐は麴氏を滅ぼして西州都督府を置いた。
  高昌国の住民はイラン系であったが,支配階級が漢人であったため,中国の
  文化が行われた。 640年に唐は高昌国を滅ぼし直轄領としたが,その後この
  地方はウイグル (回鶻) 族の勢力下に入った。西域交通の北路にあたったた
  め,仏教も早くから伝わって一中心地となり,仏像やサンスクリット語,胡語
   (西域の諸言語) の経典が,19世紀以降の探検により発見されている。

 第5ユニット:唐西州の経済文化の繁栄
 第6ユニット:回鶻文化の発展
 第7ユニット:清時代のトルファン郡の王

 トルファンは新疆の頭部に位置し、天山山脈の南麓にあり、古代ユーラシアの交通の要衝としてまた、シルクロードの重要な町として、東西の経済が集中するところ、そして世界の四大文明の交差点でもありました。気候が乾燥していることから、雨は少なく、地上や地下に埋もれていた古代の遺跡は比較的良好な状態に保護されてきたので、中国の輝かしい歴史の生きた化石であり、西部シルクロードの特筆すべき博物館となっています。

 石器時代には早くも、ここに人間の足跡があります。そして、約3000年前に青銅器時代に入りました。紀元前60年頃には、トルファンは漢王朝政権によって統治され、正式に中国の領土に含まれていました。西暦327年の高昌郡が建設され、西暦460年に高昌王国が建立されます。そして、西暦640年に唐王朝による統一に至り、西州(西域)は管轄下に置かれました。

 西暦840年以降、トルファンでは、政治的権力が僧侶の手に渡ります。1884年、清王朝が新疆省を設置します。当地は、古代以来多民族国家また、多宗教地区でした。車師、ソグド、匈奴、漢、羌(きょう)、氏、回鶻等の民俗、また、中央アジアから来たソグディアナ、安、石、米など昭武九姓の人々が友好的に共に暮らし、団結して自ら労働や知恵を出し合い文明を築き、祖国統一と経済的文化的繁栄を維持するために貢献しました。

 注)昭武九姓(しょうぶきゅうせい)とは
  中国の南北朝時代から隋・唐時代にかけて、中央アジアのソグディアナ地方に
  存在していた9つのオアシス都市国家。9つの国王がいずれも昭武を国姓とした
  ことから昭武九姓と呼ばれる。また、その国民の多くがソグド人(胡人)であるた
  め、九姓胡とも呼ばれる。

 一般歴史展示ホールは、主に、トルファン地域創設以降に発掘、収集、寄贈され
た文化遺産を展示しています。ただし、ナイフを使って火種を起こし農していた
時代から現代の唐西州の経済的繁栄、さらには清時代のトルファン郡王や現代の
トルファンの輝かしい文化の蓄積までの全体を覧るには時間を要します。

巨大な犀の骨格化石の展示: 

トルファンの自然史展示:
 巨大な犀の化石を展示しているホールは4つに区分されています。①古代生物の展示エリア、②巨大な犀の化石展示、③生命の起源展示、④霊長類の紀元の展示となっています。

 展示ホールでは、音響やライトなどの現代技術を駆使し、立体模型や絵画、場面のジオラマ、模型、マルチメディアによる質疑、スライド等の映像など多様な展示手段を用いています。また、その他の展示方法としては、来館者と博物館の距離をより近くして、観客が興味を持って覧られるようにしています。

 展示されている巨大犀(注:哺乳類)の化石は、1993年、蘭新鉄道の建設中に、東トルファンの飛躍鉄道駅で発見されました。トルファンの美しい巨大サイは、これまでに地球上に生まれた最大の陸生哺乳類で、約2400万年前の漸新世に住んでいました。

 長さ約9メートル、高さ約5メートル、重さ約30トン。毎日約500kgもの植物を食べていました。巨大サイ展示ホールにあるトルファンの美しい巨大犀の標本はトルファン(吐魯番)博物館と市の至宝となっています。調査によると、これは世界で発掘された巨大なサイの骨格の中で最も完全な骨格とされています。

 古代貨幣の陳列:これらの古代貨幣は、トルファン洋海、交河溝西、アスターナ等の墓地から出土したもので、優れた古代貨幣であり、また、著名な貨幣収蔵家である杜维善氏から、35枚のペルシャ帝国ササーン王朝の金銀の貨幣を寄贈されました。

 トルファンで発掘された文書の展示:

 ここでは、主にトルファンで発掘された文書を展示しています。その中には、戸籍簿、行政文書、個人の私信などが含まれ、研究によると、魏晋南北朝から隋唐時代に至る重要な資料とされています。ソグド文字、回鶻文字、梵字等の古代の文字の文書は西域の多面的な文化の発展や交流融合の歴史を研究する上で非常に貴重なものとなっています。

 トルファンで発掘された古代の死体(ミイラ)とその埋葬服の展示;

 ここでは、多数の発掘されたミイラが展示されており、その人種も豊富です。年代は周時代から清時代までに及び、主要な発掘地は、阿斯塔那(アスターナ)・哈拉和卓(カラホージョ)の古代墓群、蘇貝希古墓群、洋海古墳群などとなっています。トルファンの特殊な気象条件と地理的な特異性からこの地域からは、世界的に見ても最も大量のミイラが発見されています。これ以外にも、大量の人
体骨格の標本が良好な状態で保存されています。


展示1へつづく