エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行

  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

新疆ウイグル自治区博物館 展示2

(中国新疆ウイグル自治区ウルムチ市)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁

総合メニュー

新疆ウイグル自治区博物館  博物館(百度百科1)  博物館(百度百科2)  
博物館(百度百科3)   博物館(百度百科4)   博物館(百度百科5)  
博物館(百度百科6)   博物館(百度百科7)   博物館(百度百科8)
展示1  展示2  展示3  展示4  展示5  展示6  展示7 展示8  展示9 展示10
展示11 展示12 展示13 展示14 展示15 展示16 展示17  展示18  展示19  展示20


 次は、新疆ウイグル自治区博物館の展示2です。

◆新疆ウイグル自治区博物館:展示2

・ミイラの展示 つづき

◆タクラマカン砂漠から大量に出土中国最古のミイラ群 出典:人民中国

 中国の西部、新疆ウイグル自治区の中央部に、中国最大の砂漠、タクラマカン砂漠が広がっている。ここは太古からシルクロードが走り、東西の文化が出会ってきた舞台である。

 有名な楼蘭(ローラン)や「さまよえる湖」のロプノールから西に約百キロの砂漠の中に、「小河墓地」があることは70年以上前から知られていた。しかし、長くその存在は砂漠の砂に埋もれて分からなくなっていた。

 今世紀になって、小河墓地は再び発見された。そして全面的な発掘調査が行われた。その結果、墓地からは164体ものミイラが発見され、しかもその最下層から発見されたミイラは、科学的鑑定の結果、紀元前2000年にまでさかのぼることが判明した。

 さらに、DNA鑑定によって、最下層のミイラは、モンゴロイド(東洋系)とコーカソイド(白人)の混血であることが分かった。

 この発見によってタクラマカン砂漠は、東と西の人種が初めて出会い、融合して、独自の文化を発展させた可能性が出てきた。

  詳しい学術的報告は近く発表されるが、本誌は新疆文物考古研究所の全面的協力を得て、小河墓地の発掘調査の全容を紹介する。



撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


展示3へつづく