エントランスへはここをクリック   

 シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

サマルカンド・ブハラ

(Samarkand・Buxoro、ウズベキスタン)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月23日 更新:2019年4月〜6月
独立系メディア E−wave Tokyo
 無断転載禁


はじめに  西安  兵馬俑  秦始皇帝陵  楊貴妃墓  大雁塔・大慈恩寺・青龍寺  西安古代城壁・西安鐘
西安・陝西省歴史博物館  展示1  展示2  展示3  展示4  展示5  莫高窟  展示1  展示2
展示3  展示4  展示5  展示6  展示7  玉門関  鳴沙山・月牙泉  高昌故城  ベゼクリク千仏洞
火焔山  アルタイ山脈  ゴビ砂漠  イシク・クル湖  南疆線・天山山脈  サマルカンド・ブハラ  ヘラート
フンザ・KKH  カイバル峠  イスタンブール  モスク  トプカプ宮殿1  トプカプ宮殿2  トプカプ宮殿3 
トプカプ宮殿4  トプカプ宮殿5  トルコイスラム美術博物館  ヴェネツィア
 <ヴェネツィア総合メニュー>

 次はシルクロードの中間点にありますウズベキスタンのサマルカンドブハラです。このウズベキスタンのサマルカンドブハラについては、現地調査の詳細報告があります。

  特別現地報告 青山貞一・池田こみち シルクロードの今を征く ウズベキスタン 2015年2月
                

◆サマルカンド・ブハラ(Samarkand/Buxoro,ウズベキスタン)


ウズベキスタンとコーカサス諸国       出典:テキサス大学図書館


サマルカンドの位置    出典:グーグルアース 


ウズベキスタンの位置         出典:テキサス大学図書館

 下はフンザからサマルカンドへの経路図です。徒歩で370時間とあります。


フンザからサマルカンドへの経路           出典:グーグルストリートビュー

◆サマルカンド



 サマルカンド(英語: Samarkand ウズベク語: Самар?анд (Samarqand))は、中央アジア、ウズベキスタンの古都を指しています。

 アムダリヤ川の支流であるザラフシャン川河岸にあり、機械・化学・綿花・絹・皮革関係の工業が行われています。人口約38万人(2001年)。ウズベキスタンの現大統領イスラム・カリモフはこの町の出身です。

 ステップ気候から地中海性気候への移行部特有の抜けるような青空とモスクの色から「青の都」と呼ばれています。
 
歴史ーマラカンダ

 紀元前10世紀ころからイラン系民族のオアシス都市として発展し、ギリシャ史料では紀元前4世紀にソグド人の都市「マラカンダ」(古代ギリシア語: Μαρακ?νδα)は、アレクサンドロス3世率いるマケドニア王国遠征軍に近郊の "Sogdian Rock"で最後まで抵抗したことで有名です(Siege of the Sogdian Rock)。

<参考>

※青山貞一:シルクロード絶景50選 Aサマルカンド・ブルー


◆ブハラ




 ブハラ(ウズベク語: Buxoro)は、ウズベキスタンの都市であり、ブハラ州の州都です。

 ザラフシャン川下流域に古代より栄えたオアシス都市で、1993年には、旧市街地がユネスコの世界遺産に登録されています。人口は約23万7千人(1995年)です。

 ブハラは古代からサマルカンドと並ぶいわゆるソグディアナの中心都市であり、イスラーム時代以降、特にサーマーン朝の首都となってからもイラン・中央アジアにおける最も重要な都市のひとつであったと言えます。

出典:Wikipedia

◆アレクサンダー大王(アレクサンドロス3世)(在位紀元前336年 - 紀元前323年)



 通称アレクサンドロス大王、エジプトのファラオを兼ねた人物です。

 ヘーラクレースとアキレウスを祖に持つとされ、ギリシアにおける最高の家系的栄誉と共に生まれました。ギリシア語ではアレクサンドロス大王ですが、この場合は英語風に読んでアレクサンダー大王またはアレキサンダー大王とすることも多いようです。

 ハンニバル、カエサル、ナポレオンなどの著名な歴史上の人物たちから大英雄とみなされていました。旧約聖書やコーラン、シャー・ナーメ、ゾロアスター教など多様な民族の教典にも登場します。

 現代でもアレクサンドロスの名に関する名をつける人は多いようです。1941年からギリシャで発行されていた旧1000ドラクマ紙幣や、1926年 からアルバニアで発行された旧1レク紙幣などの肖像に使用されていました。

出典:Wikipedia

 なお、サマルカンドとブハラについては、独立系メディア E-wave Tokyoの以下の特集論考も参照してください。この特集論考は2015年2月に青山貞一、池田こみちがウズベキスタンに現地視察する際のメモとして執筆されています。

◆特集:中央アジアのシルクロード交易点、ティムール朝の拠点ウズベキスタン(メモ)
◆青山貞一・池田こみち @シルクロード、中央アジア交易点、サマルカンド
◆青山貞一・池田こみち A中央アジアの覇者、ティムール朝
◆青山貞一・池田こみち Bティムール朝の拠一大拠点、サマルカンド
◆青山貞一・池田こみち Cティムール朝の文化拠点、ヘラート
◆青山貞一・池田こみち Dティムール朝の学術拠点、サマルカンド
◆青山貞一・池田こみち Eサマルカンド、その他の「みどころ」
◆青山貞一・池田こみち Fウズベキスタンの首都、タシケント
◆青山貞一・池田こみち Gタシケントの「みどころ」@
◆青山貞一・池田こみち Hタシケントの「みどころ」A
◆青山貞一・池田こみち Jブハラの「みどころ」@
◆青山貞一・池田こみち Kブハラの「みどころ」A
◆青山貞一・池田こみち Lウズベキスタン主要6都市の「みどころ」
◆青山貞一・池田こみち Lウズベキスタン主要6都市の「みどころ」


◆サマルカンド


サマルカンドのグーリ・アミール廟    出典:ウズベキスタン大使館配付資料



ビビ・ハニム・モスク   モスクのドーム部分の高さは40mに達します。  出典:Wikipedia



サマルカンドにあるウルグ・ベク・マドラサ(イスラム学院)   出典:Wikipedia


◆ブハラ


イスラム初期の建築様式の霊廟  イスマール・サマニ廟
出典:Wikipedia



アルクル城への入り口         出典:Wikipedia



ウズベキスタン (トリップアドバイザー提供)


ウズベキスタン (トリップアドバイザー提供)


ウズベキスタン (トリップアドバイザー提供)


ウズベキスタン (トリップアドバイザー提供)


ウズベキスタン (トリップアドバイザー提供)


ウズベキスタン (トリップアドバイザー提供)


ウズベキスタン (トリップアドバイザー提供)


ウズベキスタン (トリップアドバイザー提供)


つづく