エントランスへはここをクリック   

 シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

テヘラン6

(Tehrān、イラン)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月23日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo
 無断転載禁

総合メニュー

フェルガナ サマルカンド・ブハラ  テヘラン1  テヘラン2  テヘラン3  テヘラン4  テヘラン5 
テヘラン6  テヘラン7  テヘラン8  テヘラン9  テヘラン10  テヘラン11 テヘラン12  
ヘラート フンザ1 フンザ2  フンザ3  フンザ4 バルチットフォート KKH1 KKH2  KKH3
カイバル峠 イスタンブール モスク  トプカプ宮殿1 トプカプ宮殿2  プカプ宮殿3 トプカプ宮殿4 
トプカプ宮殿5  トルコイスラム美術博物館 ヴェネツィア
 <ヴェネツィア総合メニュー>  ローマ


 次はシルクロードの中間点にありますイランのテヘラン6です。

◆テヘラン

教育

 2002年の推計によれば、15歳以上の国民の識字率は77%(男性:83.5%、女性:70.4%)であり[63]、世銀発表の2008年における15歳以上の識字率は85%となっています。2006年にはGDPの5.1%が教育に支出されました

 主な高等教育機関としては、テヘラン大学(1934)、アミール・キャビール工科大学(1958)、アルザフラー大学(1964)、イスラーム自由大学(1982)、シャリーフ工科大学(英語版)などの名が挙げられる。

教育制度

 イランの教育制度は次の四段階に分けられる。

①初等教育(دبستان、小学校)

 学年暦の始め、メフル月一日に満6歳になっていれば入学できる。5年間の義務教育である。昔は小学児童の数が多すぎて、二部制、時には三部制の授業が行われたこともある。

 遊牧民のいる地域では、時々普通の黒テントではなく、白い丸型のテントが目につく。これは季節によって移動するテント学校である。

②進路指導教育(راهنمایی、中学校)

 ペルシア語の名称が指すように、進路指導期間である。11歳よりの3年間です。この3年間の学習の結果に基づき、次への進学段階で、理論教育と工学・技術・職業のどちらかのコースに分けられます。

③中等教育(دبیرستان、高等学校)

 4年間。1992年より新制度が導入されました。理論教育課程では、第一年度は人文科学科と実験・数学科とに分かれ、第二年次以降は前者はさらに①文化・文学専攻と②社会・経済専攻に、また、後者は①数学・物理専攻と②実験科学専攻に分かれます。この3年を修了した後に、4年目は大学進学準備過程(پیش دانشگاهی)に在籍します。

 一方、大学に進学しない技術・職業家庭では、工学、技術、農業の三専攻に分かれる。修了すると卒業証書(دیپلم)が与えられる。

④大学(دانشگاه、単科大学はدانشکده)

 全国共通試験(کنکور)を受けて、進学先・専攻が決まります。年に一度しか試験がないので、ある意味で、日本以上のきつい受験戦争ります。このため予備校が繁盛しています。受からなければ、男子は兵役に就きます。イラン・イラク戦争の殉教者が家族にいる場合は、優先的に入学が許可されています。ちなみに、私学・イスラーム自由大学とパヤーメ・ヌールを除き、授業料は無料である。

食文化

 米料理が多く食べられます。また、カスピ海やペルシャ湾から獲れる魚料理に、鳥・羊・牛などの他、ラクダ|駱駝等も用いる肉料理、野菜料理などは種類豊富です。

 最もポピュラーなのは魚・肉などを串焼きにするキャバーブです。野菜料理は煮込むものが多いと言えます。ペルシア料理研究家のナジュミーイェ・バートマーングリージー(Najmieh Batmanglij)は、自著『New Food of Life』で「イラン料理はペルシア絨緞同様に、色彩豊かでかつ複雑であ。他の中東料理と共通する部分は多いが、もっとも洗練され、創意に富むといわれる」と述べています。

 イラン革命以前は飲酒が盛んであり、現在でも密かに飲まれています。


文学

 ペルシア文学は高く評価されています。ペルシア語は2500年にわたって用いられ、文学史上に明瞭な足跡を残しています。イランにおいては詩作が古代から現在まで盛んであり続け、中世の『ライラとマジュヌーン』のニザーミー、『ハーフェズ詩集』のハーフィズ、『ルバイヤート』のウマル・ハイヤーム、『シャー・ナーメ』のフィルダウスィー、『精神的マスナヴィー』のジャラール・ウッディーン・ルーミーらのように、イラン詩人らの詩美は世界的に注目を浴びています。

 20世紀に入ると、ペルシア新体詩をも乗り越え、ノーベル文学賞候補ともなったアフマド・シャームルーや、イラン初の女流詩人パルヴィーン・エーテサーミー、同じく女流詩人であり、口語詩の創造を追求したフォルーグ・ファッロフザードのような詩人が現れました。

 小説においても20世紀には生前評価を得ることはできなかったものの、『生き埋め』(1930年)、『盲目の梟』(1936年)などの傑作を残したサーデグ・ヘダーヤトが現れました。


テヘラン7つづく