エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行

シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road


ヴェネツィア( Venezia、イタリア)

ムラーノガラス美術館1
(Museo del Vetro)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2019年4月20日
独立系メディア 
E-wave Tokyo 無断転載禁

<ヴェネツィア総合メニュー> <本島以外の島>
ムラーノガラス美術館1 ムラーノガラス美術館2 ムラーノガラス美術館3 ムラーノガラス美術館4
サン・ミケーレ(墓地の島)  リド島   ヴィニョーレ

 本稿の解説文は、現地調査に基づく開設に加え、Veneziaイタリア語版を中心にVenice英語版からの翻訳及び日本語版を使用しています。また写真は現地撮影分以外にWikimedlia Commons、さらに地図はグーグルマップ、グーグルストリートビューを使用しています。その他の引用に際しては、その都度引用名を更けています。 

◆ムラーノ・ガラス美術館1(Museo del Vetro)

 以下のグーグルマップは、ヴェネツィアのムラーノ・ガラス美術館の位置を示しています。


出典:グーグルマップ


出典:グーグルマップ


出典:グーグルマップ

 以下は、ヴェネツィアのムラーノガラス美術館の玄関を示しています。


ムラーノ美術館
Source:Wikimedia  Commons

 ムラーノ・ガラス美術館(イタリア語:Museo del Vetro)は、イタリア・ヴェネツィアのムラーノ島にあるガラス細工の美術館です。

 美術館はパラッツォ・ジュスティニアン(ドルソドゥーロ(Dorsoduro)地区にある同名の邸宅とは別)にあり、元は古代ローマ貴族がゴシック様式建築で建てた邸宅でした。その後トルチェッロの司教 Marco Giustinian の邸宅となり、1861年に現在のガラス美術館となりました。

 ムラーノ美術館はヴァポレットのMuseo停留所に近く、11のヴェネツィアの美術館などから構成される Fondazione Musei Civici di Venezia (MUVE) の1つでもあります。


 以下は、カ・フォスカリの写真ギャラリーを表しています。


細工のガラス、16世紀の終わり、または17世紀の初め、ヴェネツィア・ ムラーノのガラス美術館。
Filigree glass, end of the 16th century or beginning of the 17th century, Venice. Glass Museum in Murano.   Source:Wikimedia  Commons


細工のガラス、16世紀の終わり、または17世紀の初め、ヴェネツィア・ ムラーノのガラス美術館。
Filigree glass, end of the 16th century or beginning of the 17th century, Venice. Glass Museum in Murano.   Source:Wikimedia  Commons


カップ、フィリグリーグラス、16世紀の2 d半分または17世紀の初め、ヴェネツィア。 ムラーノのガラス美術館。
Cup, filigree glass, 2d half of the 16th century or beginning of the 17th century, Venice. Glass Museum in Murano.     Source:Wikimedia  Commons


水晶吹きの金で飾られ、背面は金で塗られたボール。 16世紀後半のヴェネツィア。 ムラーノ島のガラス美術館にて。
Crystal blown decorated with enamels and gold cold painted on the back. Venice, second half of the 16th century. In the Glass Museum in Murano.
 Source:Wikimedia  Commons


水晶吹きの金で飾られ、背面は金で塗られたボール。 16世紀後半のヴェネツィア。 ムラーノ島のガラス美術館にて。
Crystal blown decorated with enamels and gold cold painted on the back. Venice, second half of the 16th century. In the Glass Museum in Murano.
 Source:Wikimedia  Commons


Carafes contenant des fils de verre aventurine, 2eme moitie du 19eme siecle. Musee du verre a Murano.     Source:Wikimedia  Commons


Carafes contenant des fils de verre aventurine, 2eme moitie du 19eme siecle. Musee du verre a Murano.    Source:Wikimedia  Commons


Verre calcedoine avec des touches de verre aventurine, 2eme moitie du 17eme siecle ou 1ere moitie du 18eme siecle. Musee du verre a Murano.
  Source:Wikimedia  Commons


Verre calcedoine avec des touches de verre aventurine, 2eme moitie du 17eme siecle ou 1ere moitie du 18eme siecle. Musee du verre a Murano.
  Source:Wikimedia  Commons


Verre calcedoine, par Lorenzo Radi, milieu du 19eme siecle. Musee du verre a Murano.
  Source:Wikimedia  Commons


ムラーノガラス美術館2つづく