エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行

シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

ヴェネツィア( Venezia、イタリア)
 
サンタ・ジュスティーナ教会(ヴェネツィア)
(Chiesa di Santa Giustina in Venezia)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2019年4月20日
独立系メディア E−wave Tokyo
 無断転載禁

<ヴェネツィア総合メニュー>  <教会7>
マドンナ・デッロールト教会1  マドンナ・デッロールト教会2  マドンナ・デッロールト教会3
サンタ・ジュスティーナ教会(ヴェネツィア)

 本稿の解説文は、現地調査に基づく開設に加え、Veneziaイタリア語版を中心にVenice英語版からの翻訳及び日本語版を使用しています。また写真は現地撮影分以外にWikimedlia Commons、さらに地図はグーグルマップ、グーグルストリートビューを使用しています。その他の引用に際しては、その都度引用名を更けています。 

◆サンタ・ジュスティーナ教会(Chiesa di Santa Giustina, Venezia)

 下はグーグルマップで見たヴェネツィア本島にるサンタ・ジュスティーナ教会の位置です。

 サンタ・ジュスティーナ教会(パドヴァ) はこちらです。


出典:グーグルマップ


出典:グーグルマップ


出典:グーグルマップ


 以下はヴェネツィアのサンタ・ジュスティーナ大聖堂・教会の外観です。


Source:Wikimedia  Commons


◆サンタ・ジュスティーナ教会(Chiesa di Santa Giustina、Venezia)
 
歴史

 ヴェネツィアのサンタ・ジュスティーナ教会は15世紀後半にアウグスティヌスの修道女によって再建されました。

  1896年に修道院は抑制されています。上の写真のヴェネツィアのサンタ・ジュスティーナ大聖堂・教会のファサードはイストリア大理石で飾られています。

 1636 - 77年のバロック様式です。


La facciata della chiesa agli inizi del '700, particolare di un'incisione di Domenico Lovisa.
18世紀初頭の教会のファサード、Domenico Lovisaによる彫刻の詳細
Source:Wikimedia  Commons


Il portale superstite sulla facciata della chiesa
教会のファサードの今も残っている表玄関口(ポータル)
Source:Wikimedia  Commons

教会内部の礼拝堂
 
プロズドチモの聖なる場所(The sanctuary of Prosdocimus)

 殉教者の廊下に続くのは、パドヴァのプロズドチモ(Prosdocimus)の聖域またはサンタ・マリアの聖域です。ヴェネトで最も古い建物の一つであり、6世紀のものです。

 それは、オピリオーネ大聖堂で唯一、保存された遺跡で。もともとこの礼拝堂は、遺物の保存のために捧げられたものでした。空間はギリシャ十字を平面上に設計したもので、元のモザイク装飾に代わるものとして16世紀にグロテスクにペイントされたドームに設けられた非常にエレガントな日よけ用天幕を特徴としています。

 それはパドヴァの初代の司教の埋葬地でもあり、その最初の遺体も含めパドヴァの聖プロズドチモの遺体は、1564年に造られた祭壇の中に眠っています。棺は、右側(後陣との関係で)に置かれているローマの石棺で造られています。

 祭壇の上には、5世紀に遡るローマ時代の貴族であったパドヴァの聖プロズドチモを描いた浅浮き彫りが施されています。後陣の前には、ギリシャ大理石で造られたパーゴラ(四阿)があり、それは、当初のイコノスタス(聖障:聖所と至聖所を区切る、イコンで覆われた壁)の位置がそのまま保持された6世紀の驚くべき作品です。

 小さなエントランスホールの壁に沿って、12世紀からのフレスコ画の残骸、16世紀からの装飾品などが並びます。大聖堂オピリオニアの扉に設けられたティンパヌム*は、6世紀の作品です。

※ティンパヌム
 建物入口上にあり、まぐさとアーチによって区画された装飾的な壁面のことで、半円形か三角形をしている。しばしば彫刻などによって飾られている。ギリシャ・キリスト教建築においては、ティンパヌムには宗教的情景が描かれているのが通例である。


身廊の右側

聖ウーリオ礼拝堂(Chapel of sant'Urio)


 祭壇(1682年)の上に置かれた弓形の部分にはコンスタンチノープルの聖使徒教会の守護司祭であったウーリオの遺品が納められています。ウーリオは、パタウィウム(Patavium:パドゥバの古称)に至るまで、聖ルカ、聖マテオそして、製造破壊の対象となった聖母マリアのイコンなどすべてを保存してきました。

 聖ウーリオ(Sant'Urio)の像、天使たちの像、そして聖人のトーマス(Thomas)とタダイ(Thaddeus)はベルナルド・ファルコーネ(Bernardo Falcone)によるものです。多色石の寄木細工の仕事はコルバレッリ(Corbarelli)によるもので
す。

無辜の幼児殉教者のための礼拝堂(Chapel of the Holy Innocents)

 17世紀前半に建てられたこの礼拝堂は、もともとは聖餐式の秘跡のために使われていたものが、後陣の礼拝堂のひとつに移されました。

 現在の様相は、幼児殉教者(Saints Innocents)(ヘロデの3人の犠牲者の遺跡)の遺物のための聖域で1675年からのものです。

 "聖ラケルの混乱(The disarray of Santa Rachel)"はジョバンニ・コミン(Giovanni Comin:1690)の作品です。二人の聖人:小ヤコブ(James the Minor)と聖ヨハネはミケーレ・ファブリス(Michele Fabris)による作品です。多色石の寄木細工の仕事はコルバレッリ(Corbarelli)による
ものです。

聖ジェラルド・サグレド礼拝堂(Chapel of saint Gerard Sagredo)

 ヨハン・カール・ロス(Johann Carl Loth)による1674年の祭壇画は、「聖ジェラルド・サグレドの殉教」を表しています。

聖ゲトルデの礼拝堂(Chapel of saint Getrude)

 ピエトロ・リベリ(Pietro Liberi)による「恍惚の聖ゲトルデ(Gertrude)」の祭壇画

聖パウロの回心の礼拝堂(Chaeple of the conversion of St. Paul)

 祭壇のテーブルはパオロ・ヴェロネーゼ(Paolo Veronese)が学生と協働で作成したものであり、「聖パウロの回心」を表現しています。左の壁には、三日月型のキャンバス画に同じ主題が描かれています。この作品は、以前、テレサ教会(Chiesa delle Terese)にあったもので、ガスパーレ・ジツィアーニ(GaspareDiziani)によるものです。


<ヴェネツィア総合メニュー>