エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  
シルクロードの今を征く

Now on the Silk Road

都城隍廟 西安 (Xi'an、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁
総合メニュー

広仁寺1  広仁寺2  広仁寺3  視察1 視察2  視察3  視察4  視察5
視察6  視察7  雲居寺(百度百科)  小吃一条街  清真西寺 
都城隍廟  西安城隍廟  高家大院  高家大院 展示


 次は中国西安市(長安市)にある都城隍廟です。

◆都城隍廟Xi'an 中国西安市)

 都城隍廟は、伝説によれば城の安全を守ってくれた神様がいました。その神は都城隍と呼ばれました。

 西安の城隍廟は「西安城」の安全を守った神を祭祀するために創建された道教の寺です。

 正式名称は、「都城隍廟」で、場所は以下のグーグル地図にあるように、西安西大街の東側にあります。その建坪は4466㎡もあります。


出典:グーグルマップ

 住所:中国 Shaanxi, Xi'an, Lianhu, Zhong Lou Shang Quan, 西安城隍廟

本稿は未了です!!!!

参照、出典

  西安の都城隍廟は、中国の北京、南京の「都城隍廟」と同様、三大「都城隍廟」のひとつとして有名です。

  西安の都城隍廟は、明朝時代の洪武二十年(1387年)、西安の東城門内九曜街に創建されましたが、明朝の宣徳八年(1432年)に現在の地に移されました。

  西安の都城隍廟は、清雍正元年(1723年)に火事に見舞われ焼失しました。川陝総督の年羹尭が同年に再建されました。安の都城隍廟はもともと「大門」、「玉皇閣」、「楽舞楼」、「牌楼」、「大殿」、「道舍」などがありました。


都城隍廟
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900

 清雍正元年に再建された大殿が現存しています。この大殿には、様々の浮き彫り、瑠璃瓦などは相当に美しい。

  此処はかつて西安における道教の寺院及び商売の集散地として名高かったです。

  2001年6月25日、明清時代の古い建築として、西安の城隍廟は、国務院に第五回全国重点文化財に認められた。

  歴史上で、1942年、日本軍の飛行機の爆弾によって一部の建物が損壊され、1950年後、小商品の卸売り場になっった。旧暦の毎月の一日と十五日の際、此処は、祭祀に来る人で大勢です。(文化大革命の時に、宗教活動がやむを得ず中断された。)

 2003年3月に、西安市政府側が出資され、寺院を占めた商人たちほかの場所に移され、寺院の財産を西安市道教協会に返還し、昔の雄姿を再現された。

 今の西安城隍廟は、鐘楼と遥かに呼応し、もう一ヶ所の観光地となり、注目を浴びている。


都城隍廟
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



都城隍廟
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



都城隍廟
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



都城隍廟
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



都城隍廟 参道の商店
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



都城隍廟 財神殿
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



都城隍廟 財神殿
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



都城隍廟 財神殿
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



都城隍廟 儀門
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



都城隍廟 火神殿
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



都城隍廟 霊咎三輔
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



都城隍廟 霊咎三輔
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



都城隍廟 聖母輔
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900



都城隍廟 聖母輔
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S9900






回民街つづく