エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road 中国歴史・文化概説

(陶磁器等)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁
総合メニュー

春秋・歴史 春秋・文化財  秦・歴史  秦・文化  秦・文化財1  秦・文化財2 
漢・歴史  漢・文化  漢・文化財  五胡十六国・歴史1 五胡十六国・歴史2 
五胡十六国・歴史3 五胡十六国4・文化  南北朝・歴史 南北朝・文化  隋・歴史  
隋・遣隋使 唐・歴史1  唐・歴史2 唐・文化  唐・陶磁器  唐・書  唐・仏画
唐・仏像  宋・歴史 宋・文化1 宋・文化2  宋・文化3  宋・文化4  元・歴史
元・文化  明・歴史 明・文化  明・文化財1  明・文化財2 明・絵画 明・西安城壁 
明・南京城壁
 清・歴史1  清・歴史2  清・文化  清・文財1 清・文財2  清・文財3
清・文財4  清・文財5  清・文財6
 中国・全体 中国・歴1 中国・歴2 中国・歴3


  この部分は参考情報です。必要に応じてごらんください!

◆唐 陶磁器等(中国)

美術工芸

 唐代の美術品については現存するものが少ないと言えます。

 陶磁器の分野では、唐三彩と呼ばれる逸品が作られ、名の通り色鮮やかな点が特徴です。人物像や動物像(俑)などが多く、器も実用性の低い物が多いと言えます。一方、高温度で焼成する磁器も作られ始め、次代の宋代に於ける磁器の最盛期の基礎となっています


銀または金で作られた容器を元に造られた玉製の丸い突出部のあるカップ。 唐王朝、紀元700-900。
大英博物館、展示室:33b(セルウィンとエリー・アレイン・ギャラリー)。 
Source:Wikimedia Commons



証明書、円形、フレット付き鉄板、公務員級合格証明書。
鉄製の公務員試験の合格「証明書」。 唐王朝時代。 (ギャラリーカード)
Source:Wikimedia Commons



南東アジアの踊り子、唐王朝時代(618~907年)、多色の痕跡が見られる陶磁器。
Source:Wikimedia Commons



金、ガラス製ライオンのペンダントと3つのルビーがついたイヤリング
Source:Wikimedia Commons



馬と騎手の像。淡黄色の陶器のスキタイの騎手、ペアの1つ、「これらの像には艶をつけられた痕跡はないよう
に見えるが、赤、緑、黄色、黒に色付けされていた」(CA Cat-181)
Source:Wikimedia Commons



中国、唐王朝初期から中期の作品、618年-800年頃。道具と機器;銀色の打ち出し装飾と部分的に金メッキの装
飾が施された鋏。大きさは3.81 x 17.15 cm。中国および韓国美術品獲得基金(M.2003.14)中国美術
Source:Wikimedia Commons



金の髪留め、中国、唐王朝時代
Source:Wikimedia Commons



唐王朝時代の陶器像。らくだに乗る楽師たち。
Source:Wikimedia Commons



陝西歴史博物館唐鏡。
Source:Wikimedia Commons



唐王朝時代のギリシャ人の像。遼寧省朝陽市の墓から出土したもの。
Source:Wikimedia Commons


唐・書へつづく