エントランスへはここをクリック  中央アジア・シルクロード  【世界紀行 

  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

白馬塔 (敦煌)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo
 無断転載禁

総合メニュー

漢代長城1  展示1  視察1 玉門関  玉門関(百度百科1  玉門関(百度百科2
玉門関(百度百科3)  視察1  展示1  白馬塔  視察
 河西回廊  ヤルダン国家地質公園
青海省  青海湖


 次は中国敦煌市の白馬塔(中国、百度百科版)です。

白馬塔(敦煌市)


白馬塔の位置  出典:グーグルマップ

 白馬塔は、9歳の白馬を象徴する9層からなる仏塔です。柱があり日干瓦で造られており、まわりは、泥と切開で塗り固められています。基壇は、八角形となっており、煉瓦で覆われており、それぞれの面は3メートルの幅があります。

 2段目から4段目までは、角を付けて折り曲げた形になっており、5段目は突起が周りをぐるっと取り巻きその上には蓮の花弁が乗せられています。

 6段目は塔全体が塔瓦で覆われ、7段目は輪形が重ねられています。8段目は六角形でやや傾斜のついた薄い盤で、角角に風鈴が一つずつ付けられています。9段目は縁が赤い尖った塔になっています。塔の様式は明時代のラマ様式となっています。


白馬塔  出典:百度百科

構造物の概要

 この場所には、敬虔な仏教徒たちが古代都市の下に白い馬を埋葬し、記念塔として塔を建設し、人々はそれを「白馬塔(ホワイトホースタワー)」と呼びました。白馬塔は長い歴史を持っています。長い歳月を経て今も昔の白い馬の塔はその魅力を損なうものではありません。

 白馬塔は9層あり、高さは12メートルあり、天日干しの瓦です。明朝のラマ寺院の風格をそのまま残しており、白馬塔を訪れる人も多くいます。近年、緑の森に囲まれた白馬楼の周辺は美しい景観に溢れ、敦煌の観光地になっています。

 白馬塔は繰り返し修理されています。塔の2層目には、2個の石、1個のユーカリがあります。

 石に刻まれた文字は「(清王朝)道光帝が乙巳の年七月に白文彩らが重ねて修理を行った」と書かれています。木製の看板には「中華民国が8月23日に朱文鎮に銀を貢ぎ、鈴の再修理を行った」という文字も見られます。近年、中国政府は特別に資金を拠出し、塔を修復してより強固なものにしようとしています。 今日、白馬塔は自然の緑(樹木)に囲まれ、青い空の下、風がわたるなか、鈴の音が響き渡る敦煌のもう一つの魅力的な風景となっています。


 近年、州は特別な資金を割り当て、塔をより強固にするよう改装しました。今日では、白い馬の塔は緑の野生の木々と青い空に囲まれており、そよ風が吹いています。また鐘の音は敦煌のもう一つのすばらしい情景です。

白馬塔の伝説

 馬塔は甘粛省敦煌市沙州古城の東に位置しています。それは秦後王朝に建てられ、塔は清王朝道光帝時代(西暦1843-1844)の24年目に再建されました。現存する白馬塔は雄大で、9層、高さ12メートル、直径7メートルで、真ん中に柱があり、芝生と石灰でできています。

 基壇層は八角形で、レンガはラップされ、各面は幅3メートル、2番目から4番目の層は斜めに折られ、5番目の層は突出した爪を持ち、1週間で囲まれ、上部の蓮の花びらがあります。スラブ型のタワーボディ、7階は順相ホイール、8層目は六角形のスロープブレーキディスク、各コーナーは風で打ち砕かれ、9階はレンチキュラの尖塔で、タワー全体は明代のラマタワースタイルです。

 伝説によると、この古塔は亀慈国の高僧-鳩摩羅什によって造られたとされます。公元383年、鳩摩羅什は西を征伐し勝利を収めた呂光とともに長安へ仏教を布教に行き、敦煌の沙州城にある普光寺で休息をとり、お経を読んでいました。そこでクマラジーヴァが乗ってきた白馬が突然倒れ、何も食べられなくなってしまいました。

 その夜、白馬がクマラジーヴァの夢に出てきて「我は大師の東方伝教のお供をすべく仏に遣わされていた者なり。つつがなく『陽關』の地に至れる今、これにておいとません」と言い残し、一本の光に変わっていきました。クマラジーヴァが目覚めると白馬は息絶えていました。そしてクマラジーヴァは普光寺に白馬を弔うために塔を建て「白馬塔」と名付けました。

旅行ガイド

交通

 白馬塔は敦煌市中心部からわずか2kmなので、タクシーや自転車で行けます。

営業時間:08:00~18:00


視察へつづく