エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  
シルクロードの今を征く


Now on the Silk Road 中国歴史・文化概説

(文化財1)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月 更新:2020年4月1日
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁


本文に戻る場合は<西安>か<西域>を選んでください。
総合メニュー(西安)  総合メニュー(西域)

夏・歴周・歴周・文周文2 ソグド・歴1ソグド・歴2ソグド・文1ソグド・文2ソグド・文3春秋・歴春秋・文財秦・歴秦・文秦・文財1秦・文財2漢・歴漢・文漢・文財史記司馬遷三国志匈奴・歴1匈奴・歴2匈奴・文ウイグ・歴1ウイグ・歴2ウイグ・歴3ウイグ・歴4ウイグ・文五胡十六国・歴1五胡十六国・歴2五胡十六国・歴3五胡十六国・文4南北朝・歴南北朝・文隋・歴隋・遣隋使唐・歴1 唐・歴2唐・文唐・陶磁器唐・書唐・仏画唐・仏像西夏・歴西夏・文宋・歴宋・文1宋・文2宋・文3宋・文4元・歴元・文明・歴明・文明・文財1明・文財2明・絵画明・西安城壁明・南京城壁清・歴1清・歴2清・文清・文財1清・文財2清・文財3清・文財4清・文財5清・文財6中国・歴1中国・歴2中国・全体中国・統計中国・文1中国・文2中国・文明1中国・文明2中国への仏教伝来仏教のシルクロード伝搬  凡例:暦=歴史、文=文化、文財=文化財 

本中国の歴史と文化の解説は、Wikipedia(日本語版、英語版)それに中国の百度百科を日本語に訳して使用しています。また写真は現地撮影以外に百度百科、Wikimedlia Commonsを使用しています。その他の引用に際しては、その都度引用名を記しています

  この部分は参考情報です。必要に応じてごらんください!

◆明 3 文化財(中国)


中国17世紀の書類入れ(鞄)
Chinese art in the Indianapolis Museum of Art
Source:Wikimedia Commons
Sailko - 投稿者自身による作品, CC 表示 3.0, リンクによる



明王朝時代の旅行鞄、1613年 
Dinastia ming, baule da viaggio, 1613
Source:Wikimedia Commons
I, Sailko, CC 表示-継承 3.0, リンクによる



16世紀明王朝時代の陶製椅子籠
Chinese art in the Indianapolis Museum of Art
Source:Wikimedia Commons
Sailko - 投稿者自身による作品, CC 表示 3.0, リンクによる



明王朝時代の陶製騎士、1400年
Chinese art in the Indianapolis Museum of Art
Source:Wikimedia Commons
Sailko - 投稿者自身による作品, CC 表示 3.0, リンクによる



明王朝時代の陶製女性像 1368年~1644年
Chinese art in the Indianapolis Museum of Art
Source:Wikimedia Commons
Sailko - 投稿者自身による作品, CC 表示 3.0, リンクによる



明代嘉靖(かせい)年間(1522-1566年)の鯉の絵柄が描かれた蓋付き陶器
Chinese art in the Indianapolis Museum of Art
Source:Wikimedia Commons
Sailko - 投稿者自身による作品, CC 表示 3.0, リンクによる



明朝時代、孔雀と山水を描いた陶器の壺、1522年~66年
Chinese art in the Art Institute of Chicago
Source:Wikimedia Commons
Sailko - 投稿者自身による作品, CC 表示 3.0, リンクによる



サイの角に彫刻を施した盃(中国、明王朝時代、17世紀初頭)金の装飾付き
(17世紀後半、インドのゴア)、現在は、ウィーンの美術史美術館収蔵。
Cup carved in a rhinoceros horn (China, Ming Dynasty, early 17th c. ), mounted with gold ( India, Goa, second half 17th c. ). Now in the Kunsthistorisches Museum in Vienna.
Source:Wikimedia Commons
Vassil - 投稿者自身による作品, CC0, リンクによる




明時代の先のとがった弓鞋(きゅうあい)  明 高底弓鞋
Source:Wikimedia Commons
hanfulove - https://www.flickr.com/photos/97396721@N08/9035489841/sizes/o/in/set-72157634107673677/, CC 表示 2.0, リンクによる


 注)3~4歳から足の親指を除く4指を足底に折り曲げて布できつくしばったうえ,小さい靴を
   はかせて発育をさまたげ,さらに7~8歳で足裏を強く屈曲して脱臼させてしばり,小
   さいままにする。甲が弓形に盛り上がるので〈弓足〉ともいい,専用の布靴〈弓鞋
   (きゆうあい)〉をはいた。〈三寸金蓮〉の異名があるように,踵(かかと)から爪
   先まで約10cmが理想とされた。



明 高底弓鞋
明時代の底が高い弓鞋(きゅうあい)
Source:Wikimedia Commons
hanfulove - https://www.flickr.com/photos/97396721@N08/9037714970/sizes/o/in/set-72157634107673677/, CC 表示 2.0, リンクによる


明・文化財2へつづく