エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  
シルクロードの今を征く


Now on the Silk Road 中国歴史・文化概説

(西安城壁)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月 更新:2020年4月1日
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁


本文に戻る場合は<西安>か<西域>を選んでください。
総合メニュー(西安)  総合メニュー(西域)

夏・歴周・歴周・文周文2 ソグド・歴1ソグド・歴2ソグド・文1ソグド・文2ソグド・文3春秋・歴春秋・文財秦・歴秦・文秦・文財1秦・文財2漢・歴漢・文漢・文財史記司馬遷三国志匈奴・歴1匈奴・歴2匈奴・文ウイグ・歴1ウイグ・歴2ウイグ・歴3ウイグ・歴4ウイグ・文五胡十六国・歴1五胡十六国・歴2五胡十六国・歴3五胡十六国・文4南北朝・歴南北朝・文隋・歴隋・遣隋使唐・歴1 唐・歴2唐・文唐・陶磁器唐・書唐・仏画唐・仏像西夏・歴西夏・文宋・歴宋・文1宋・文2宋・文3宋・文4元・歴元・文明・歴明・文明・文財1明・文財2明・絵画明・西安城壁明・南京城壁清・歴1清・歴2清・文清・文財1清・文財2清・文財3清・文財4清・文財5清・文財6中国・歴1中国・歴2中国・全体中国・統計中国・文1中国・文2中国・文明1中国・文明2中国への仏教伝来仏教のシルクロード伝搬  凡例:暦=歴史、文=文化、文財=文化財 

本中国の歴史と文化の解説は、Wikipedia(日本語版、英語版)それに中国の百度百科を日本語に訳して使用しています。また写真は現地撮影以外に百度百科、Wikimedlia Commonsを使用しています。その他の引用に際しては、その都度引用名を記しています

 この部分は参考情報です。必要に応じてごらんください!

 最初の城壁はシルクロード時代の西安の城壁の概要です。西安の城壁は唐よりも明時代に多くが造成されています。

◆明 西安城壁(中国)


西安城壁、東向きに開けられた長楽門
Xian city wall, tower to the east
Source:Wikipedia Commons
By Zossolino - Own work, CC BY-SA 4.0, Link



西安城壁、東門(長楽門)の塔
Xian city wall, in front of the city tower in the east
Source:Wikipedia Commons
By Zossolino - Own work, CC BY-SA 4.0, Link



Illuminated gate of the Xi'an old city wall on a fall night [#China]
夕闇にライトアップされた西安市旧市街の城壁の門
Source:Wikipedia Commons
By Simonada32 - Imported from 500px (archived version) by the Archive Team. (detail page), CC BY 3.0, Link



中国、陕西省西安市碑林 Beilin, Xi'an, Shaanxi, China
Source:Wikipedia Commons
By fading, CC BY-SA 3.0, Link



明王朝時代の西安城壁
Xi'an's city wall of Ming Dynasty
Source:Wikipedia Commons
由赵文博 - 自己拍摄,CC BY-SA 4.0链接



中国-西安1
China - Xian 1
Source:Wikipedia Commons
By Maros M r a z (Maros) - Own work, CC BY-SA 3.0, Link



西安の城壁の上にて
Auf der Stadtmauer von Xian
Source:Wikipedia Commons
By User: Bgabel at q373 shared, CC BY-SA 3.0, Link



城壁の曲線    
Curve of City Wall 城墙拐弯处
Source:Wikipedia Commons
By monicker, CC BY-SA 3.0, Link



中国、西安市 古代の市城壁への入り口
Gateway of ancient city wall, Xi'an, China
Source:Wikipedia Commons
By Aaron Zhu, CC BY-SA 3.0, Link



兵馬俑を見学したあと、ガイドと私は、突然の豪雨でずぶ濡れになりました。
私たちは、傘をひとつしか持っていませんでした。雨に耐え、昼食をとり、西安
の城壁に30分登るってみても無駄でした。雨は止みませんでした。壁の上で、自
転車に乗ることがその日の次の予定でしたが、悲しいことにそれは叶いませんで
した。仮に雨を押して自転車に乗ろうとしても、すべての自転車は取り外されて
いましたのでしかたがないことです。いずれにしても今、私たちは西安の城壁に
います。私たちはその門を通り抜けました!西安で最初に訪れるランドマークは、
古代の城壁です。この城壁は、広い正方形のエリアで旧市街を囲んでいます。北
側は鉄道が城壁と平行に走っています。西安はもともと城壁に囲まれた都市でし
たが、今日でも城壁は都市を内と外に分けるランドマークと見なされています。
城壁は巨大?で背が高く、長くてぶ厚いものです。南門と北門は、都心への2つの
主要な入り口です。市自体は、城壁に沿ってきれいに配置されています。古代の
武器では壁を突破する力がなく、敵が都市に入るための唯一の方法は都市の城壁
の門を攻撃することでした。それが、複雑な門の構造が壁内に構築された理由で
す。壁には4つの門があり、それぞれ東の長楽(永遠の喜びを意味する)、西の安
平(調和と平和)、南の永寧(永遠の平和)、北の安元(永遠の調和)と名付け
られています。私たちが進むにつれて、さらに沢山のメモをとります。
(2017年5月、中国陝西省西安市にて)
Source:Wikipedia Commons


明・南京城壁つづく