エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  
シルクロードの今を征く

Now on the Silk Road  中国歴史・文化概説

(文化財5)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月 更新:2020年4月1日
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁


本文に戻る場合は<西安>か<西域>を選んでください。
総合メニュー(西安)  総合メニュー(西域)

夏・歴周・歴周・文周文2 ソグド・歴1ソグド・歴2ソグド・文1ソグド・文2ソグド・文3春秋・歴春秋・文財秦・歴秦・文秦・文財1秦・文財2漢・歴漢・文漢・文財史記司馬遷三国志匈奴・歴1匈奴・歴2匈奴・文ウイグ・歴1ウイグ・歴2ウイグ・歴3ウイグ・歴4ウイグ・文五胡十六国・歴1五胡十六国・歴2五胡十六国・歴3五胡十六国・文4南北朝・歴南北朝・文隋・歴隋・遣隋使唐・歴1 唐・歴2唐・文唐・陶磁器唐・書唐・仏画唐・仏像西夏・歴西夏・文宋・歴宋・文1宋・文2宋・文3宋・文4元・歴元・文明・歴明・文明・文財1明・文財2明・絵画明・西安城壁明・南京城壁清・歴1清・歴2清・文清・文財1清・文財2清・文財3清・文財4清・文財5清・文財6中国・歴1中国・歴2中国・全体中国・統計中国・文1中国・文2中国・文明1中国・文明2中国への仏教伝来仏教のシルクロード伝搬  凡例:暦=歴史、文=文化、文財=文化財 

本中国の歴史と文化の解説は、Wikipedia(日本語版、英語版)それに中国の百度百科を日本語に訳して使用しています。また写真は現地撮影以外に百度百科、Wikimedlia Commonsを使用しています。その他の引用に際しては、その都度引用名を記しています

  この部分は参考情報です。必要に応じてごらんください!

◆清(文化財5)


Exhibit in the Portland Art Museum - Portland, Oregon, USA.
赤深鉢、中国清王朝康熙帝時代(1662-1722)。辰砂釉陶器。
米国オレゴン州ポートランド博物館収蔵
Source:Wikimedia Commons
By Daderot - Own work, Public Domain, Link



香港 灣仔北 香港会展:クリスティーズ・オークション預展 2018年11月
清王朝康煕帝時代(1662-1722)。天藍釉百條缸(青色の釉薬がかかった
100本の線模様の壺)
Christie's Auction 預展 preview exhibit in November 2018 - 清
康熙 天藍釉百條缸 A CLAIR-DE-LUNE GLAZED ‘HUNDRED-RIB’ JAR KANGXI PERIOD (1662- 1722)
Source:Wikimedia Commons
By WiOOlcuielld - Own work, CC BY-SA 4.0, Link



Note: For documentary purposes the original description has been retained.
Factual corrections and alternative descriptions are encouraged separately
from the original description.Kinesisk tekanna från 1800-talet. Nyckelord: Tekanna
注:文書化の目的のために、もとの説明はそのまま残されています。
手と蓋のついた急須。弓形の手とS字型の注ぎ口。胴部分は直線的で回転する
ハンドルがつき、蓋は平。胴部分の両側には、風景の中に人物の絵。蓋は二つの
桃の小枝と蝙蝠が描かれている急須。清王朝時代 19世紀前半のもの。
事実関係の訂正と他の説明は元の説明とは別に推奨されます。
Source:Wikimedia Commons
By Unknown author - LSH 95733 (hm_dig12408), Public Domain, Link



Man Sheng teapot.(made by Yang pengnian,written by Chen mansheng) i
n Suzhou museum。 Period:Qing Dynasty
中文:苏州博物馆藏清代杨彭年制陈曼生题铭款曼生壶。
蘇州博物館収蔵。清代の楊彭年(1772-1854)による茶壺(曼生壺)。
注)楊彭年は宜興人で陳曼生と共同でいわゆる曼生壺を製作した名工。

 注)陳鴻寿と曼生壺
  当時宜興に官僚として赴任していた陳鴻寿(曼生)がシンプルな文人趣味の
  茶壺をプロデュースします。曼生18式というデザインパターンとして知られ
  ています。このデザインパターンの多くは後生宜興窯の定番として現在まで制
  作されています。この曼生壺というものがなかったら宜興の今は無かったよう
  に思います。陳鴻寿は自ら作陶はせず,茶壺のデザインを手がけ,ほとんどの
  曼生壺は,楊膨年(楊氏三兄弟)が制作しています。
  (出典:陳鴻寿と曼生壺、茶壺の発展と歴史Webサイト より抜粋)
Source:Wikimedia Commons
By 风之清扬 - Own work, CC BY-SA 3.0, Link



Qing & Han Dynasties Ceramics, 306 B.C. - 220 A.D., Manos collection. Museum of Asian art of Corfu. Corfu town.Corfu, Greece.
清(秦の間違いかも)及び漢王朝時代の陶器 紀元前306年-紀元220年
 マノスコレクション。 コルフのアジア美術館収蔵。 ギリシャ・コルフ島
Source:Wikimedia Commons
By Piotrus - Own work, CC BY-SA 3.0, Link



Nanjing Museum - Beige enamel vase with chrysanthemum pattern - Qing dynasty
南京博物館収蔵。菊花柄のベージュエナメル花瓶-清王朝時代
Source:Wikimedia Commons
By Ecelan - Own work, CC BY-SA 4.0, Link



Nanjing Museum - Teapots
南京博物館収蔵-急須コレクション
Source:Wikimedia Commons
By Ecelan - Own work, CC BY-SA 4.0, Link



Exhibit in the Portland Art Museum - Portland, Oregon, USA.
釉薬に切れ込みのある壺。中国秦王朝時代 1800年頃。
 陶器製、茄子色の釉薬を用いたもの。米国オレゴン州ポートランド博物館収蔵
Source:Wikimedia Commons
By Daderot - Own work, Public Domain, Link



Water brush trays of the Qing period, probably 19th century, in the
Jim Thompson House, Bangkok
 清王朝時代の筆用水皿、おそらく19世紀、バンコクのジム・トンプソンハウス収蔵
Source:Wikimedia Commons
By Bjoertvedt - Own work, CC BY-SA 4.0, Link

 注)ジム・トンプソンの家 Wikipedia
  タイのバンコクパトゥムワン区にある博物館。現在はバンコクでも人気の観光地
  のひとつとなっている。
  アメリカの実業家でタイのシルク王ジム・トンプソンが、マレーシアのキャメ
  ロン・ハイランドで謎の失踪を遂げる直前まで住んでいた家。1950、60年代に彼が
  タイ各地で集めてきた種々の建築様式が取り入れられている。
  トンプソンはシルク会社を立ち上げた頃、東南アジアの芸術作品を集めていた。
  トンプソンはタイだけでなく、当時のビルマやカンボジア、ラオスも仏教芸術品の
  収集先としていた。しばしばこれらの国に作品を収集するために出かけていた。
  ジム・トンプソンの家には、トンプソンが収集した仏教芸術作品などが展示され
  ている。


清・文財6へつづく