エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行

 シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

クチャ県2(中国新疆ウイグル自治区)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo
 無断転載禁

総合メニュー

イリ・カザフ自治州  展示1 コルラ市 クチャ県1 クチャ県2 展示1 展示2 
タリム盆地
  展示1  楼蘭故城遺跡1 楼蘭2  楼蘭3  展示1  展示2
展示3  展示4  ロプノール 展示1  展示2 展示3  タクラマカン砂漠
ニヤ遺跡  展示1  展示2


 次は新疆ウイグル自治区のクチャ県2です。

◆クチャ県2(新疆ウイグル自治区南部)


天山ウイグル時代

 840年、モンゴル高原の回鶻(ウイグル帝国)が瓦解し、その一部がタリム盆地に移り住み、天山ウイグル王国(西州回鶻、高昌回鶻)を建設しました。そのうち旧亀茲国の回鶻を亀茲回鶻と呼びますが、これも天山ウイグル王国の一部です。天山ウイグル王国では仏教を信奉し、ウイグル語やウイグル文字が発展しました。

カラハン朝時代

 11世紀の半ば、クチャはテュルク系イスラム王朝のカラハン朝の支配を受けます。

西遼時代

 12世紀、金に追われた契丹族の耶律大石がこの地へやって来て、天山ウイグル王国を服属させ、東カラハン朝を滅ぼして西遼(カラ・キタイ)を建国しましたが、1211年にチンギス・カンに追われたナイマン族のクチュルクによって西遼は乗っ取られました。

モンゴルの時代

 1218年にチンギス・カンに征服され、モンゴル帝国の一部となります。

 その後、モンゴル帝国の領地が分配されるに当たり、この西遼の故地はチンギス・カンの次男チャガタイに与えらました。のちに帝国が分裂して成立するチャガタイ・ハン国の領土はほぼ西遼のそれに合致します。

 チャガタイ・ハン国はパミール高原をはさんで東西に分裂し、クチャの属する東側は別名モグーリスタン・ハン国と呼ばれ、モンゴルの伝統を重んじる国家でしたが、一時的に西チャガタイ・ハン国から台頭したイスラム王朝のティムール朝に従属します。

 モグーリスタン・ハン家はこれ以降も存続しましたが、15世紀の前半になると、ジョチ・ウルスの流れを汲むウズベク、カザフという二大遊牧集団に圧迫され、モグーリスタンの王族や諸部族は次第に南遷してタリム盆地のオアシスに移り、かつてのチャガタイ人(西チャガタイ・ハン国)と同様に定住化・テュルク化してゆきました。

 16世紀、チャガタイの末裔の王族たちはヤルカンド・ハン国を形成してタリム盆地西部のオアシスの支配者になっていましたが、次第に政治の実権はイスラム神秘主義教団のホージャたちに奪われてゆきました。1680年、タリム盆地全域がチベット仏教徒の遊牧部族ジュンガルによって支配されたため、チャガタイ家系のハンによる政権は消滅しました。

清朝の支配

 1755年、清の乾隆帝はモンゴル軍と満州軍を動員した大軍をジュンガルに進軍させ、わずか100日でタリム盆地に逃げ込んだダワチを捕獲し、ジュンガル帝国を滅ぼしました。清朝は1759年、ジュンガルの旧地を「新たな境域」という意味で「新疆」と名付け、その版図に加えました。

 
新疆の最高権力者は総統伊犁等処将軍(略して伊犁将軍)といい、代々宗室を含む満州族の有力者のみが任命され、イリ河畔の恵遠城に常駐しました。

回民の反乱

 1862年春、四川から陝西に侵入しようとした太平天国軍に備えるために動員された回民(ホイミン:漢語を話すムスリム)の団練(民間武装組織)が漢人の団練と衝突した事件をきっかけに、渭水盆地の全域は漢・回の相互殺戮に巻き込まれました。

 「洗回」と称する、平穏を保っていた回民に対する虐殺事件があちこちで発生し、逆に回民側が、洗回が来るという噂を流して先に蜂起した場合もありました。これら、回民の反乱は翌年(1863年)に甘粛、その翌年(1864年)に新疆へと飛び火しました。

 1864年6月、クチャの回民が一部の現地ムスリムと協同して官署を襲撃したのをきっかけに、反乱はごく短期間のうちに新疆全土におよびまし。イリの恵遠城とカシュガルの満城の籠城はやや長期に及びましだが、各地の駐屯軍は数カ月もしないうちに壊滅しました。

 クチャの蜂起者たちはトゥグルク・ティムール・ハーンを改宗させた聖者の子孫であると信じられていたラーシディーン・ホージャをハーンに推戴しました。彼は霊的能力を宣伝し、教団組織を動員して人員と物資を集め、他のオアシスへの遠征軍を組織しました。その軍勢は東のハミから西のヤルカンドまで遠征しましたが、これらの地方を完全に掌握するには至らりませんでした。

ヤークーブ・ベク政権

 カシュガルを掌握したコーカンドの軍人ヤクブ・ベクは、ヤルカンド・ホータン・クチャ・ウルムチの勢力を順次征服し、1870年には天山以南の地域(タリム盆地)をほぼ支配下に置きました。

 1875年、清朝は左宗棠を新疆遠征の総司令に任命すると、まずウルムチを占領し、1877年4月にはウルムチから天山南路への関門であるダバンチェンの峠でヤークーブの勢力に大打撃を与えました。その約一ヶ月後、ヤークーブ・ベクはコルラにおいて急死(服毒自殺説有)し、その国家はあっけなく瓦解しました。

 清朝は改めて新疆を統治すべく、今までの旗人軍政官ではなく、漢人官僚にその統治を委ね、1884年に省制を施行し、1886年までに検地を完了させました。イリ将軍は名目的存在となり、ウルムチに駐屯する新疆巡撫が最高権力者となりました。

新疆省政府

 1911年に辛亥革命が起こると、新疆の漢人の間でも哥老会に浸透した革命派が反乱を起こしました。イリの革命派は、前イリ将軍の広福を担いで軍事政権を樹立しました。

 これに対し、新疆省長の袁大化は、楊増新の政治経験と軍事力を見込んで、彼を提刑按察司に任命し、ムスリム兵士の訓練にあたらせました。後に袁大化が新疆を追われた際に楊増新は督軍に推薦され、ハミのムスリム反乱や、各地の哥老会や農民の反乱の鎮圧にあたりました。

 一方で楊増新は、イリの革命政府と和平交渉を行い、巧みにイリ政権を自勢力に取り込みました。楊増新は新疆の実権を掌握し、北洋政府から新疆省の支配権を認められました。1928年には、南京国民政府から新疆省長に任命されました。こうして楊増新は事実上新疆を独裁的に統治し、反対派を弾圧した一方で、清朝時代の統治制度を維持し、17年間新疆に政治的安定をもたらしました。

東トルキスタン・イスラーム共和国

 1928年7月7日、楊増新は当時の軍務庁長、外交署長であった樊耀南らにより暗殺されました。楊増新の腹心であった金樹仁は樊耀南をすぐさま逮捕・処刑すると、新たな新疆省主席兼軍司令となって権力を掌握しました。彼はムスリムに対して圧力を加えた政策をおこない、ハミ(1931年)やトルファン(1932年)の反乱を招きました。

 1933年2月、タリム盆地南辺のホータンではマドラサの教師であったムハンマド・アミーン・ブグラが秘密裏に組織していた革命グループを動員して蜂起し、漢人官僚を一掃して新政府を樹立しました。

 この政府はホータンの一宗教指導者を「王」に戴き、サービト・ダーモッラーをシャイフ・アル・イスラーム(首長)に、ムハンマド・アミーン・ブグラをアミール・アル・イスラーム(将軍)に任命し、イスラーム法に基づく統治を実施しようとしました。

 この勢力はホータンからヤルカンド、カシュガルへ進軍し、1933年11月、サービト・ダーモッラーによって「東トルキスタン・イスラーム共和国」の成立が宣言された。共和国の総統にはハミの反乱指導者であったホージャ・ニヤーズを推戴し、サービト・ダーモッラーは首相となりました。

 同じ頃、トルファンを占領していた甘粛のムスリム軍閥である馬仲英はウルムチに迫ろうとしていましたが、ウルムチの盛世才がソ連軍を招いて撃退したため(1934年1月)、西へ逃れて東トルキスタン・イスラーム共和国を壊滅させ、ソ連と交渉してソ連に亡命しました。共和国の総統であったホージャ・ニヤーズはソ連の使者と接触し、自らが新疆省の副主席に就任するとの約束とひきかえに、首相であるサービト・ダーモッラーを捕縛して新疆省政府に引き渡しました。

行政区画

4街道、8鎮、6郷を管轄。

街道:熱斯坦街道、薩克薩克街道、新城街道、東城街道
鎮:ウチャル鎮(烏恰鎮)、アラカガ鎮(阿拉哈格鎮)、チメン鎮(斉満鎮)、デョンコタン鎮(?闊坦鎮)、ヤカ鎮(牙哈鎮)、ウズン鎮(烏尊鎮)、イシハラ鎮(依西哈拉鎮)、雅克拉鎮
郷:ユチョステン郷(玉奇吾斯塘郷)、ビイシバグ郷(比西巴格郷)、ハニカタム郷(哈尼喀塔木郷)、アキョステン郷(阿克吾斯塘郷)、アギ郷(阿格郷)、タリム郷(塔里木郷)

経済

 クチャの水土光熱資源は豊かです。特にタリムの石油・天然ガス開発と西気東輸工程の重要な基地であります。 天然ガス埋蔵量は2兆m3でタリム盆地で発覚した埋蔵量の90%以上を占め、原油の埋蔵量は7億tで発覚している埋蔵量の70%以上を占めています。

  すでに採掘の始まっている油田・ガス田には雅克拉、塔河、東河塘、牙哈、伊奇克里克、大??、依南、依深、迪那2、亜肯背斜などがあります。発見された石炭資源埋蔵量は15.6億tに達します。岩塩の埋蔵量は36億tに達します。全県耕地面積は79万ムー、可墾荒地は約350万ムーです。

交通

 南疆の航空、鉄道、幹線道路が相交わり旅客、貨物の集散地となっています。クチャ空港(庫車機場)からはウルムチ、アクスへの直行便が出る。南疆鉄路が県域を横断し、石油・石炭運搬用専用線につながっています。G314国道が全県5鎮1郷1場を貫き、G217国道が天山を南北に貫通して終点のクチャで314線とつながっています。

クチャ町

 クチャ町(中文名称:亀茲鎮)はクチャ県の東端にある県庁所在地で、アクス地区でもアクス市に次ぐ第二の町です。町の総面積は14,528.74平方メートルで、総人口は470,600人で(2013年)、ウイグル族、漢族、回族、蒙古族など14民族が暮らしています。町はタリム盆地石油・ガス開発の中心地で、「西気東輸」の出発点に当たります。 町の中心はクチャ駅(??站)の南側にあります。

遺跡

クチャ県は国家歴史文化名城に指定されており、クチャ鎮は以下の観光地への出発点である。[2]

・クムトラ石窟
・スバシ故城
・クズルガハ烽火台
・クムトラ石窟(クムトラ千仏洞)


展示1つづく