エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

法門寺 珍宝館1 (宝鶏市、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁
総合メニュー

宝鶏市
  法門寺1 法門寺2 法門寺3 法門寺4 法門寺5 法門寺6 書視察1 書視察2
珍宝館1 珍宝館2 珍宝館3 珍宝館4 新宝館5 珍宝館6 展示 陳宝館A
珍宝館B 珍宝館C 珍宝館D 珍宝館E  珍宝館F 珍宝館G 珍宝館H 珍宝館I
珍宝館J 珍宝館K 博物館1 博物館2 博物館3 博物館4 博物館5 博物館6
博物館7 合十舎利塔1 合十舎利塔2 合十舎利塔3  合十舎利塔4 展示 参道絵画


 最初は中国宝鶏市にある法門寺の1988年に開館した法門寺博物館(珍宝館)1です。

宝鶏市の法門寺珍宝館1


出典:法門寺
撮影及び整序:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


 法門寺は世界で唯一本物の仏舎利がある寺として有名です。法門寺からら発見された秘色青磁は陶磁器ファンにはたまらない存在です。法門寺の真身宝塔が経年劣化で1981年に崩れ,悲惨な状態になりました。その再建の最中,塔の地下から大量の宝物が発見されました。

 法門寺の一番の見所は、1987年に発見された地下宮殿にある釈迦牟尼(シャカムニ)の、指の部分の仏舎利(釈迦の遺骨)です。地下宮殿から発見された指の部分の仏舎利は全部で4つあり、1つが本物とされていますが、世界では4つともシャカムニの真身舎利として崇められており、指の部分の舎利が発見されたのは、法門寺が世界初で、唯一の存在となっています。

 参考 AraChina

 以下は、法門寺 珍宝館入り口(門)です。


法門寺 珍宝館
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


法門寺 珍宝館
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 以下は文物が陳列されている珍宝館の主要施設です。


法門寺 珍宝館
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


 ここには法門寺の真身宝塔の地宮から出土した金銀財宝が展示れえています。


法門寺 珍宝館
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



法門寺 珍宝館
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



法門寺 珍宝館
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



法門寺 珍宝館
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


珍宝館2つづく