エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行】
  シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

法門寺 珍宝館 地下宮B (宝鶏市、中国)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo 無断転載禁
総合メニュー

宝鶏市
  法門寺1 法門寺2 法門寺3 法門寺4 法門寺5 法門寺6 書視察1 書視察2
珍宝館1 珍宝館2 珍宝館3 珍宝館4 新宝館5 珍宝館6 展示 陳宝館A
珍宝館B 珍宝館C 珍宝館D 珍宝館E  珍宝館F 珍宝館G 珍宝館H 珍宝館I
珍宝館J 珍宝館K 博物館1 博物館2 博物館3 博物館4 博物館5 博物館6
博物館7 合十舎利塔1 合十舎利塔2 合十舎利塔3  合十舎利塔4 展示 参道絵画


 中国宝鶏市にある法門寺の1988年に開館した法門寺博物館(珍宝館地下)Bです。

宝鶏市の法門寺珍宝館地下宮B

 以下は法門寺珍宝館地下宮Bの陳列品です。

 注)1987年4月3日、真身宝塔の地下にあった地下宮殿が開かれ、稠密な彫金を施した幾重もの宝函に収められた4粒の舎利などの大量の貴重な文物が出土し、歴史考古学上の一大事件となりました。遺物の大半は、懿宗代に奉納されたものでした。真身宝塔は1988年10月に竣工し、同年11月9日に法門寺博物館(珍宝館)が開館しました。

 
以下は発掘した真身宝塔の地下(地宮)の断面図です。ここでは、まさにジオラマにより地下空間を再現しています。


法門寺 珍宝館地下宮A
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



法門寺 珍宝館地下宮A
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S990

 ここでは、法門寺博物館の前館長、韓金科氏の平成19年3月10日(土)に奈良国立博物館主催の講演レジメから概括しておきます。出典は以下の通りです。

 出典:(No36) 韓金科先生特別講演会「法門寺塔地宮の文物と密教」聴講記 その2 
     韓金科氏は、法門寺博物館の前館長。
     平成19年3月10日(土)に奈良国立博物館主催で上記講演会が開催された
     http://chinaalacarte.web.fc2.com/bijututen-36.html

 1.法門寺塔の地宮について

  法門寺塔の地下宮殿には前室、中室、後室、密龕があり、四つの舎利が発見されました。
  前室・中室・後室内の舎利は「影骨」と呼ばれます。それに対して本物は霊骨と呼ばれてい
  ます。 後室にあったのは、八重の舎利容器です。

  841~845年 唐武宗による会昌の廃仏が行われた。
  873~874年の間 地下宮殿で密教曼荼羅が作られた。空海、最澄は中国でも有名です。
  1987年に 地下宮殿が発見され、唐代密教に関する様々な遺物が見つかりました。 

  上記の多くは唐代の懿宗が奉納したものです。
  指舎利の容器を初めて開けた時、入っているものが何か最初はわかりませんでした。
  5月4日の午後に見つかりました。旧暦では4月8日、奇しくも釈迦の誕生日です。

  舎利の内壁には北斗七星が刻まれています。
 
 (1)霊骨と影骨について

  霊骨は本当の骨、影骨は複製の骨を意味します。

  前室 阿育王塔第四枚舎利(影骨)
  中室 漢白玉霊帳第二枚舎利(影骨)
  後室 八重宝函第一枚舎利(影骨)
  密室 五重宝函第三枚舎利(霊骨)

 (3)舎利伝説
   古代インドのアショカ王(阿育王)が釈迦入寂の200年後、仏の骨(舎利)を八万八千四百
   に分骨し、世界各地に塔を建て、供養したと伝えられている。中国では19基の塔が建てら
   れた。

 (4)仏舎利発見の経過
   1987年旧暦の4月8日に地宮後室から1枚の指舎利が発見されました。

 2.各室の舎利及び如来(佛)の構成について

 (1)前室:阿育王塔第四枚舎利 
    胎蔵界→東方宝幢如来、金剛界→南方宝生佛(影骨)

 (2)中室:漢白玉霊帳第二枚舎利 
    胎蔵界→南方開敷華王佛、金剛界→東方阿閦佛(影骨)

 (3)後室:八重宝函第一枚舎利
    胎蔵界→北方天鼓雷音佛、金剛界→西方阿弥陀佛(影骨)

 (4)密室:五重宝函第三枚舎利
    胎蔵界→西方無量寿佛、金剛界北方不空成就佛(霊骨)


 以下は法門寺塔の地宮のジオラマです。


法門寺 珍宝館地下宮A
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



法門寺 珍宝館地下宮A
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S990



法門寺 珍宝館地下宮A
撮影:i池田こみち Nikon Coolpix S9900

 以下は封門石のレプリカです。


法門寺 珍宝館地下宮A
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900



法門寺 珍宝館地下宮A
撮影:i池田こみち Nikon Coolpix S9900


 左奥の箱の基部は、前室にある第四枚舎利(影骨)です。


法門寺 珍宝館地下宮A
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


 左奥の箱の基部は、前室にある第四枚舎利(影骨)です。


法門寺 珍宝館地下宮A
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


法門寺 珍宝館地下宮A
撮影:i池田こみち Nikon Coolpix S9900


珍宝館Cつづく