エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行

 シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

ニヤ遺跡

(中国新疆ウイグル自治区)


青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo
 無断転載禁

総合メニュー(西域)

タクラマカン砂漠  タクラマカン・楼蘭の末裔 ニヤ遺跡  展示1 展示2  タリム盆地 展示1


 次は新疆ウイグル自治区バインゴリン、モンゴル自治州チャルクリク県のニヤ遺跡です。

◆ニヤ遺跡(中国・新疆ウイグル自治区)

 新疆ウイグル自治区ホータンの東約300キロのタクラマカン砂漠の中の町ニヤ近郊に点在する遺跡。漢の時代の、西域三十六国の精絶国の遺跡で、遺跡は南北に25キロ、東西に7キロに渡り確認され、高さ6メートルの仏塔をはじめ、民家、水路、畦、墓地などの跡が残っています。

 ニヤ遺跡は1901年、イギリスの探検家スタインによって発見されました。

 多数のカロシュティー文書が出土され、後漢の時代には楼蘭の属国であったこと、3世紀には理由は謎ですがこの都市が放棄されたこと、インド・ガンダーラ地方のタキシラからの移住民がいたことなどを窺い知ることができます。

 出典:AraChina ニヤ遺跡(民豊遺跡)より


 24日、ウルムチ市の新疆ウイグル自治区博物館で、「ニヤ・考古・物語―中日ニヤ遺跡考古調査30周年成果展」に展示されている「五星出東方利中国」と刺しゅうされた錦の肘当てを眺める来場者。(ウルムチ=新華社記者/王菲) 

 【新華社ウルムチ9月25日】日本の国宝にあたる中国の国家一級文化財の「五星出東方利中国」と刺しゅうされた錦の肘当てが22日、新疆ウイグル自治区博物館で開催中の「ニヤ・考古・物語―中日ニヤ遺跡考古調査30周年成果展」に登場した。ジェットストーンに文字が彫られた「司禾府印」、「延年益寿 大宜子孫」の文字が入った錦鶏鳴枕(錦織りのニワトリをかたどった枕)などニヤ遺跡で出土した文化財300点余りが展示されている。同展は2019年1月まで開催。

 ニヤ遺跡はタクラマカン砂漠の南縁に位置し、広くその名の知られた漢・晋時代のオアシス都市国家の集落遺跡だ。考証を経て、「漢書・西域伝」に記されているシルクロード西域南道の重要なオアシス都市国家、「精絶国(チャドータ)」が存在していた場所であったことが判明した。

 出典: 「中日ニヤ遺跡考古調査30周年成果展」開催、貴重な文化財が多数出展
         2018-09-25 22:27:30 | 新華社 | 編集: 郭丹 新華社日本語1

 参考: 【スタインとニヤ遺跡】


 以下はタクラマカン砂漠におけるニヤ遺跡の位置です。


出典:NHKS3 もうひとつのシルクロード 文物編(3) 王国を探る


ニヤ遺跡 スタイン撮影
Source: Wikimedia Commons

 ニヤ遺跡(ニヤいせき、尼雅遺址)は、中国新疆ウイグル自治区ニヤ県の都市遺跡です。

 紀元前1世紀~紀元4世紀に栄えた精絶王国チャドータの遺跡と考えられています。ニヤ河の下流で、タクラマカン砂漠の南端にあり、ニヤ県ニヤ鎮の北約125kmに位置しています。

 1901年にオーレル・スタインによって発見され、4回にわたって調査されました。その後もアメリカのハンチントンや日本の橘瑞超らによって、中華人民共和国建国の後も1989年以降の小島康誉らの日中合同調査隊によって発掘調査が行われ、重要な成果を挙げました。

 これら学術的調査とは別に、NHK特集 シルクロードの第六回においてもこの遺跡が取り上げられており、1980年頃の遺跡の状態がごく一部ながら映像に収められています。

 ※参考 仏教大学ニヤ遺跡学術研究機構調査レポート


展示1ヘつづく    総合メニュー