エントランスへはここをクリック   
2018年・東日本大震災
復旧実態調査(福島県編)
久々の会津若松


青山貞一・池田こみち 
環境総合研究所顧問
掲載月日:2018年7月28日
 独立系メディア E−wave Tokyo
 転載禁
東日本大震災復旧・復興調査結果に戻る

 久々の会津若松 御薬園 1 御薬園 2 
 
日新館 はじめに 概要・歴史 学習・自習 大学・資料室 武術・天文台 
 
仏都会津の三霊地巡り 中田観音 立木千手観音 鳥追観音

 会津若松インターにに到着したのは、午後5時7分だった。会津若松インターにおける空間放射線量率は、0.05μSv/hで東京なみだ。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 この後、会津若松で定宿にしている旅館に向かう。今回は旅館に素泊まり予約していたので、まずは温泉に入った後、車で会津若松の中心街に繰り出した。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 最初に向かったのは会津若松駅だ。

 下の写真は会津若松駅前、白虎隊の銅像がある。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 駅前広場の一角に、下の写真にある「あいづっこ宣言」がある。「やってはならぬ、やらねばならぬ、ならぬことはならぬものです」がある。ならぬことはならぬものです、まさにその通りだ。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 下は会津白虎隊の銅像?


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 周知のように会津藩は戊辰戦争で敗れ、斗南班として青森県の片田舎に敗走したが、戊辰戦争の勝者、すなわち長州藩、とくに長州藩で明治維新政府を牛耳り、現在の安倍政権まで続くひとびとは、「あいづっこ宣言」をよく読むべきだ。ならぬことはならぬものなのだ。

 会津若松駅で食堂、レストランなどのパンフを集め、会津若松の市民がよく食べている食べ物と食堂名を調べる。何と、会津若松市民に人気な食べ物は、「ソースカツ」なのだ。

 そこで集めた資料から「ソースカツ」の店を探す。下の写真は探し当てた「とんかつ番番」だ。30席近くある大きなとんかつ店で、ソースカツが人気の一品である。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 下の二枚の写真は、頼んだソースかつ丼(ロース)とソースかつ丼(ヒレ)の定食だ。なかなかどうして、かつにつけたソースが絶品すごくおいしい!


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 下の写真は会津若松での定宿旅館の玄関である。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 宿泊先の重宿には、なぜか以下の写真にあるような能楽舞台が醸成ツされており、能楽を楽しむことができる。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900

 かくして東日本大震災復興復旧現地調査は一段落し、明日は合図若松で今まで訪問したことがない名所旧跡や寺院をめぐる。


つづく