←エントランスへはここをクリック   

ポーランド現地調査(前半)
クラクフ歴史地区視察 1


青山貞一 Teiichi Aoyama
東京都市大学大学院環境情報学研究科
池田こみち Komichi Ikeda
環境総合研究所(東京)

19 June 2009 拡充 1 November 2010 
初出:
独立系メディア「今日のコラム」
無断転載禁

前半 後半 全体
基本情報】 3月8日: 北ワルシャワ10号棟博物館
国を知る 3月8日: ワルシャワ蜂起と記念碑
歴史を知る 3月8日:ワルシャワ歴史地区再訪
【訪問概要】 3月8日:ワルシャワ蜂起博物館
訪問先概要(強制収容所・要塞) 3月8日:ワルシャワのゲットー
訪問先概要(町並修復・復元・保存) 3月9日:ワルシャワからクラクフへ
【論考】 3月9日:クラクフ歴史地区視察1
3月7日: 東京からワルシャワへ 3月9日:クラクフ歴史地区視察2
3月8日: ワルシャワ中央駅周辺 3月9日:クラクフ・ヴァヴェル城・大聖堂
3月8日: ワルシャワ歴史地区視察 1 3月9日:クラクフ歴史地区視察3
3月8日: ワルシャワ歴史地区視察 2 3月9日:カジミエーシュ地区
3月8日: 北ワルシャワ要塞・死の門 3月10日:早朝に知の殿堂を歩く

■2009年3月9日 クラクフへの移動とクラクフ旧市街視察

●クラクフ歴史地区視察

 出来れば以下の
クラクフの概要と歴史をお読みいただきたい。

 もちろん、飛ばして後から戻って読んでいただいても構わない。

クラクフKrakow

概要
 クラクフはポーランド南部にある都市で、マウォポルスカ県の県都。ポーランドで最も歴史ある都市の一つであり、17世紀初頭にワルシャワに遷都するまではクラクフがポーランド王国の首都であった。ポーランドの工業、文化の主要な中心地でもある。ヴィスワ川の上流に位置し、市街地はヴァヴェル城を中心としてヴィスワ川両岸に広がっている。人口は約75万で、これはワルシャワ、ウッチに続く第3の規模である。

歴史
 クラクフの歴史は、ポーランド王国の成立以前にまでさかのぼり、伝承に従えば8世紀には成立していたと推測される。ポーランド王国(ピアスト朝)のもとで発展していったが、13世紀にモンゴルの襲撃でいったん破壊された。

 14世紀よりクラクフは最盛期を迎え、1364年、カジミェシュ3世によってヤギェウォ大学(クラクフ大学 - コペルニクスが教鞭をとった大学として知られる。ポーランド最古の大学)が創設され、それからも織物取引所、聖マリア教会などが建てられていった。しかし、16世紀より徐々に王国の中心はワルシャワへと移行していき、17世紀初頭には正式に都がクラクフからワルシャワへと遷された。

 16世紀後半にヤギェウォ朝が断絶すると、ポーランドでは貴族らによって運営される身分制議会(セイム)の勢力が強まり、王権の弱体化が進んだ。そうした中、17世紀前半の三十年戦争、18世紀前半の大北方戦争に巻き込まれ国土は荒廃し、クラクフもこの混乱に巻き込まれた。18世紀後半には3度のポーランド分割によって国家自体が消滅し、クラクフはオーストリア領ガリツィアへと組み込まれることになった。

 1815年のウィーン議定書で、クラクフは自治共和国の地位を認められた(クラクフ共和国)。しかし、オーストリアによる干渉は強まる一方であり、1846年2月にクラクフ市民が反オーストリア蜂起を起こした(クラクフ蜂起)。蜂起は鎮圧され自治特権は失われるが、この蜂起は2年後に起こる1848年革命の先駆的運動とも評価される。

 19世紀後半から20世紀初頭にかけて、ポーランド文化振興の中心地として重要な役割を果たした。第1次世界大戦を経てポーランドが独立を果たし、ポーランド領となった。第2次世界大戦に際してドイツ軍の占領を受けたが、ソ連軍によって解放された。

 現在でも街のカジミェシュ地区に多くのシナゴーグがみられるように、中世よりユダヤ人コミュニティーが存在した。第2次世界大戦中、オスカー・シンドラー(映画「シンドラーのリスト」の題材となった人物)が経営していた工場は、このカジミェシュ地区の南東にあったものである(工場は現在も現存)。工場のユダヤ人労働者が強制収容所に連行されようという時、彼らを連れ戻してモラヴィア地方のブルニェネツにある工場へと送った。

From Wikipedia, the free encyclopedia


 町並み保存の観点ではクラクフはワルシャワとでは、まったく異なる歴史的な事情がある。

 第2次世界大戦中、クラクフはナチス・ドイツの司令部が置かれたことで旧市街の破壊が免れ、旧市街の大部分の建築物は保全され今日に至っている。何とも皮肉な話しである。

 私見だが、第2次世界大戦中にナチス・ドイツがクラクフに司令部をおいたのは、クラクフが交通の要所にあことに加え、アウシュビッツ、アウシュビッツU(ビルケナウ)、さらに南東部のマイダネク・ルブリン、ベルゼック、ソビボールなどの巨大な強制収容所との連携がとりやすいという戦略的な意味合いも多分にあったと推察できる。


ポーランド南、南東、東部の巨大強制収容所とクラクフの位置

 実はクラクフのすぐ南にはアウシュビッツV(モノビッツ)もある。その場所はプラショフ(Plaszow)といい、スピルバーグ監督の映画、「シンドラーのリスト」はクラクフの南にあるカジミエーシュ地区とプラショフを舞台としている。


Schindler's List(1993)の本の表紙

◆『シンドラーのリスト』(Schindler's List)

 1993年制作のスティーヴン・スピルバーグ監督による1993年のアメリカ映画。第2次世界大戦時のナチス・ドイツによるユダヤ人の虐殺の中、企業家でナチス党員でもあるオスカー・シンドラーが1,100人以上ものユダヤ人の命を救った実話を描く。スティーヴン・スピルバーグ自身もユダヤ系アメリカ人である。アカデミー賞では12部門にノミネート、そのうち作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、美術賞、作曲賞の7部門で受賞した。

Referemce: Wikipedia, the free encyclopedia

 以下はクラクフ南にあったプラショフの強制収容所。


クラクフ南にあったプラショフ(Plaszow)にあった強制収容所

 ここには女性専用の強制収容所もあったという。下の写真はその模様を示す一枚。


クラクフ南にあったプラショフ(Plaszow)にあった強制収容所

 ところで、私達の9日午後は、なにはともあれ世界有数の古都で中世の町並みが残こるこのクラクフの歴史地区をじっくり拝見することにある。天気が悪く写真撮影の観点からは何しろ残念無念だが、こればかりはどうしようもない。

 クラクフ本駅到着は11時過ぎ、クラクフ本駅からホテルまで荷物を引いて歩き、中央市場広場近くのホテルにチェックインした。荷物を置いてまもなく、私達はクラクフの歴史地区(世界遺産)を視察した。

 下はグーグルアースを使い衛星画像でみたクラククの旧市街である。かつて城壁があった部分はフロリアンスカ門周辺だけを残し、現在は緑地となっている。

クラクフ歴史地区における
中央市場市場の位置

Source:グーグルマップ
衛星画像から見たクラクフ旧市街

 何しろホテルが歴史地区のど真ん中にある。旧市街の歴史地区は半日もあれば視察できる。ラッキーだ。前日のワルシャワでの超がつく強行軍の疲れもあったが、歴史地区に出る。

 まずはクラクフの中心、中央市場広場(下の写真)へ飛び出る。


クラクフ歴史地区の中核部、中央市場広場。
右側にある大きなルネッサンス風の建築物が織物会館。右側の塔が旧市庁舎の塔
From Wikipedia, the free encyclopedia

■青山貞一・池田こみち: 中世の町並みを残すクラクフ(動画+音楽)

 下はグーグルマップで見た中央市場広場である。この広場は総面積4万平方米、旧市街では欧州随一の広さを誇る。広場には中央に織物会館(織物取引)、旧市庁舎の高い塔、聖マリア教会がある。


Source:グーグルアース

 下は旧市庁舎の一部で1820年に大部分の市庁舎の建物が取り壊されたが、そのときに残された塔の部分である。塔の上部には直径3mの時計があり、現在でも時を刻んでいる。市庁舎塔に6zlで登れるがは11月から4月の冬場は休みである。


旧市庁舎の塔
撮影:青山貞一 Nikon Cool Pix S10 2009.3.9

 市庁舎塔の足下に下のような彫刻が置いてある。しかも頭が横になって。おそらく芸術作品を展示してあるのだろう。


彫刻家イゴール・ミトライ(Igor Mitoraj)氏のブロンズ像、
『エロス(ErosBendato)』。 このエロス像の置き場所を
巡っては作者のミトライ氏と、クラクフ市側で、折り合い
がつかない状態が続いているとか。


 下の写真2枚は中央市場広場にある織物会館だ。ルネッサンス様式の威風堂々とした建築物だ。14世紀に建造された。当時、クラクフは衣服や布地の交易の要所だったこともあり、織物取引の場としてその名がついたという。


中央市場広場にある織物会館
撮影:青山貞一 Nikon Cool Pix S10 2009.3.9


中央市場広場にある織物会館
撮影:青山貞一 Nikon Cool Pix S10 2009.3.9


中央市場広場にある織物会館。好天だとこのように美しい。

From Wikipedia, the free encyclopedia

 この織物広場の1階は民芸品、アクセサリー、刺繍布などを売る小さな店が両側に並ぶバザール。2階は国立美術館となっている。


クラクフの織物会館にあるお店
撮影:青山貞一 Nikon Cool Pix S10 2009.3.9

 ワルシャワの大統領官邸前にもあったが。アダム・ミツキエヴィッチ像はここクラクフ歴史地区の中心にもあった。アダム・ミツキエヴィッチはポーランドの象徴的詩人(1798〜1855年)であり同時に、祖国独立のために活発な政治活動をしたことでも知られている。


撮影:青山貞一 Nikon Cool Pix S10 2009.3.9

 パリに滞在中はショパンとも交遊があったとされている。代表的詩集「コントラ・ヴァレントロ」に触発され、ショパンがバラード・ト短調作品23を作曲したことでも有名である。

 ワルシャワとクラクフそれぞれの中心地に像が建つアダム・ミツキエヴィッチはさぞかしポーランド人の心のふるさとなのであろう。

 中央市場広場に向かって立つ3つめの建築物は、下の写真にある聖マリア教会だ。聖マリア教会は13世紀(1222)年につくられたゴシック様式のカテドラルで、その一部ヴィオット・ストウオシ聖壇はポーランド国宝となっている。

この教会の建造には何と12年の歳月が費やされたという。 聖マリア教会の塔は木造の塔では欧州で第2番目に高い。


撮影:青山貞一 Nikon Cool Pix S10 2009.3.9

 ところでクラクフには2度に渡りオスマン・トルコが攻め込んできた。オスマントルコ軍の来襲がある度にこの高い塔の上からラッパが吹き鳴らされた。オスマントルコの兵士放った矢でラッパ吹きは殺されたが、現代でも定時(1時間ごと)にラッパが吹き鳴らされている。

 私達も3月10日、アウシュビッツからクラクフに帰ってきたときその哀愁を帯びたそのラッパの音が聞けた。ポーランドはイタリアなどに比べると何かものわびしく寂しい感じがする。このラッパもポーランドの暗い悲惨な歴史を思い起こさせる....


今でも定時に聖マリア教会の高い塔の上からラッパが吹かれる
Bugler playing the Heynal。
From Wikipedia, the free encyclopedia

  下はクラクフのメインストリートに通ずるフロリアンスカ門近くから中央市場広場の聖マリア教会の塔を撮影したもの。
 

クラクフのメインストリートに通ずるフロリアンスカ門近くから
中央市場広場の聖マリア教会の塔を望む
撮影:青山貞一 Nikon Cool Pix S10 2009.3.9


つづく