エントランスへはここをクリック   ミャンマー全体メニュー



   プランバナン寺院遺跡群

ラーマーヤナ鑑賞

@ホテル到着

Open Air Ballet of Ramayana
in Yogyakarta, Indonesia

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda
掲載月日:2016年11月25日
独立系メディア E−wave Tokyo
 
無断転載禁

   プランバナン寺院遺跡群 ラーマーヤナ鑑賞
@ ホテル到着     A 野外劇場到着    B ラーマーヤナとは
C ガムラン音楽     D 公演ハイライト1    E 公演ハイライト2

 インドネシアのジョグジャカルタ滞在3日目の2016年11月19日、世界三大仏教遺跡のボロブドゥール寺院遺跡からプランバナン寺院遺跡群近くのホテルに向かいました。このプランバナン寺院遺跡群も世界遺産ですが、ジョグジャカルタ空港から8kmの位置にあります。

 ところが、途中、道路が大混雑、タクシーは結局、50km弱の距離を3時間もかかるありさまでした。しかも、途中、激しいスコールで前方が見えないくらいです。


途中、道路が大混雑
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 2016-11-19


 下のグーグルマップは、ボロブドゥール寺院遺跡から国際空港そばにあるプランバナン寺院遺跡までの通常のルートと距離、時間を示しています。

 19日はボロブドゥール寺院遺跡を出発し近くのパワン寺院そしてマンドット寺院にそれぞれ10分、15分視察のために立ち寄ったものの、2倍以上かかった計算になります。
 

出典:グーグルマップ

 やっとのことで到着したホテルは、プランバナン寺院遺跡群至近の農村の一画にありました。下はホテルのフロントと周辺の農村風景の写真です。農村にある大変素朴なホテルです。


ホテルのエントランス 素朴な農村ホオテル
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 2016-11-19

 下はホテルの背後にある農村です。稲の刈り入れしていました。おそらくインドネシアでは、二毛作ないし三網作が可能なはずです。


周辺は農村
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 2016-11-19


稲の刈り入れをしていました
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 2016-11-19

 ホテルのコテージの軒下には、何やら御守のようなものがぶる下がっていました。


コテージの軒下には、何やら御守のようなものが
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 2016-11-19

 下の写真はコテージの屋根ですが、何となく石垣島の民家の屋根を思い起こします。


コテージの屋根
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 2016-11-19


コテージの屋根
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 2016-11-19

 チェックイン後、フロントの女性がこの日、特別にプランバナンの野外劇場で世界的に有名な「ラーマーヤナ」の公演があるのでどうですか? と教えてくれました。

 「ラーマーヤナ」は古代インドの大長編叙事詩、正確にはラーマーヤナは、ヒンドゥー教の聖典の一つであり、『マハーバーラタ』と並ぶインド二大叙事詩の一つであり、絵画、彫刻、建築、音楽、舞踏、演劇、映画など多くの分野で取り上げられています。そのうち、今回は音楽、舞踏、演劇の分野での公演となります。

 下はWEBで見たプランバナンでの「ラーマーヤナ」の案内です。ホテルで頂いたパンフレットでも、2016年11月19日は、野外公演はありませんが、特別に巨大なプランバナン野外劇場でこの日の夜7時から9時30分まで講演がるとのことです。




ホテルで頂いたパンフレット

 そこで午後5時にホテルのレストランで夕食をとってから、ホテルの車でプランバナンの巨大野外劇場まで送ってもらい、現地で切符を購入することにしました。

 下は夕食時にレストランから見たプランバナン寺院遺跡の尖塔部分です。ホテルから遺跡までは直線距離で500m〜600mと至近です。


ホテル2階のレストランからはプランバナン寺院がよく見えます、
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 2016-11-19


レストランの窓越しに見えるプランバナン寺院
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 2016-11-19

 下はホテルのレストランです。インドネシア料理、中国料理、日本料理、西洋料理を食べることができます。私たちは夕食は中国料理をいただきましたが、とくに焼きそばがすごく美味でした。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S9900 2016-11-19


つづく