エントランスへはここをクリック

第二次世界大戦(WW2)
 年表・資料概要


青山貞一 Teiichi Aoyama 池田こみち Komichi Ikeda共編
Feb 25, 2018 独立系メディア E-wave Tokyo  無断転載禁


第二次世界大戦 ナチス・ドイツの侵略年表
出典:United States Holocaust Memorial Museum
<第二次世界大戦(WW2)>
 
ホロコースト地図  年表・資料  ホロコースト概要  個別収容所詳細  ビデオライブラリー  戦犠牲者数
<関連サイト> 日中戦争 太平洋戦争 731部隊
WWW 検索 eewave 検索

1931年9月18日
日本が満州に侵攻。 参照 日中戦争

1935年10月2日〜1936年5月
ファシスト政権下のイタリアによるエチオピア侵攻、征服、併合。

1936年10月25日〜11月1日
10月25日、ナチスドイツとファシスト政権下のイタリアが友好条約に調印。11月1日、ローマ・ベルリン枢軸を発表。

1936年11月25日
ナチスドイツと日本帝国が、ソビエト連邦と国際共産主義運動に対する防共協定に調印。

1937年7月7日
日本が中国に侵攻し、太平洋地域での第二次世界大戦が勃発。参照 日中戦争 太平洋戦争

1938年3月11日〜13日
ドイツがオーストリアを併合(アンシュルス)。

1938年9月29日
ドイツ、イタリア、英国、フランスが、チェコスロバキア共和国にチェコスロバキアの防衛拠点を含む主要なスデーテン地方のナチスドイツへの譲渡を強制するミュンヘン協定に調印。

1939年3月14日〜15日
ドイツに追い詰められ、スロバキアは独立を宣言し、スロバキア共和国を結成。ドイツは、ミュンヘン協定に反してチェコの残りの領域を占領し、ボヘミア・モラビア保護領を結成。

1939年3月31日
フランスと英国がポーランドの国境を保障。

1939年4月7日〜15日
ファシスト政権下のイタリアによるアルバニアの侵攻および併合。

1939年8月23日
ナチスドイツとソビエト連邦が不可侵協定および秘密議定書に調印し、東ヨーロッパを勢力圏に分割。

1939年9月1日
ドイツがポーランドに侵攻し、ヨーロッパにおける第二次世界大戦が勃発。

1939年9月3日
ポーランドの国境保障にのっとり、英国とフランスがドイツに宣戦布告。

1939年9月17日
ソビエト連邦が東からポーランドに侵攻。

1939年9月27日〜29日
9月27日、ワルシャワが降伏。ポーランド政府はルーマニアに亡命。ドイツとソビエト連邦は両国間でポーランドを分割。

1939年11月30日〜1940年3月12日
ソビエト連邦がフィンランドに侵攻し、いわゆる冬戦争が始まる。フィンランドは休戦を求め、ラゴダ湖北岸と北極海沿いのフィンランドの小さな海岸線地帯をソビエト連邦に譲渡。

1940年4月9日〜6月9日
ドイツがデンマークとノルウェーに侵攻。デンマークはこの襲撃の当日に降伏。ノルウェーは6月9日まで抵抗した。

1940年5月10日〜6月22日
ドイツが西ヨーロッパのフランスおよび中立の低地帯諸国を攻撃。ルクセンブルクは5月10日に占領される。オランダは5月14日に降伏。ベルギーは5月28日に降伏。6月22日に、フランスが休戦協定に調印し、これによりドイツはフランスの北半分と大西洋海岸線地域全体を占領。南フランスでは、ヴィシーを首都とする敵国に協力的な政権が樹立。

1940年6月10日
イタリアが参戦。イタリアは6月21日に南フランスに侵攻。

1940年6月28日
ソビエト連邦が、ルーマニアに対して東部地域のベッサラビアとブコビナの北半分をソビエト・ウクライナに譲渡することを強制。

1940年6月14日〜8月6日
6月14日〜18日にソビエト連邦がバルト海沿岸諸国を占領し、各国で7月14日〜15日にクーデターを策略。8月3日〜6日にそれらの国をソビエト連邦に併合。

1940年7月10日〜10月31日
空軍大戦略として知られる航空戦はナチスドイツの敗北に終わる。

1940年8月30日
第2回ウイーン裁定: ドイツとイタリアは、ルーマニアとハンガリーの間の争点となっている地域であるトランシルバニアの分割に関する決定を調停に委ねる。北トランシルバニアを失ったことにより、ルーマニア王キャロルは息子マイケルを支持してやむなく退位。イオン・アントネスク将軍の下に独裁政権が樹立。

1940年9月13日
イタリアがイタリア支配下にあるリビアから英国支配下にあるエジプトに侵攻。

1940年9月27日
ドイツ、イタリア、日本が三国同盟に調印。

1940年10月
10月28日、イタリアがアルバニアからギリシャに侵攻。

1940年11月
スロバキア(11月23日)、ハンガリー(11月20日)、およびルーマニア(11月22日)が枢軸国に加盟。

1941年2月
ドイツが北アフリカにアフリカ軍団(Afrika Korps)を送り、苦戦するイタリア軍を援護。

1941年3月1日
ブルガリアが枢軸国に加盟。

1941年4月6日〜1941年6月
ドイツ、イタリア、ハンガリー、ブルガリアによるユーゴスラビアの侵攻および分割。4月17日ユーゴスラビアが降伏。ドイツとブルガリアはイタリアを支持してギリシャに侵攻。ギリシャの抵抗が1941年6月初旬に終わる。

1941年4月10日
テロリストのウスタシャ運動の指導者がいわゆるクロアチア独立国を宣言。ドイツとイタリアに即座に承認された新しい国家には、ボスニア・ヘルツェゴビナの地方が含まれた。クロアチアは1941年6月15日に正式に枢軸国に加盟。

1941年6月22日〜11月
ナチスドイツとその枢軸国パートナー(ブルガリアを除く)がソビエト連邦に侵攻。冬戦争の終結となった休戦での領土喪失に対する救済を求めるフィンランドは、侵攻の直前に枢軸国に加盟。ドイツは、バルト海沿岸諸国をすばやく制圧し、フィンランドと協力して、9月までにはレニングラード(サンクト・ペテルブルク)を包囲。中部では、8月初旬にドイツ軍がスモレンスクを占拠し、10月までにはモスクワへと進軍。南部では、9月にドイツとルーマニアの部隊がキエフ(Kyiv)を占拠、さらに11月にはドン川沿いのロストフを占拠。

1941年12月6日
ソ連の反撃によりモスクワ郊外からドイツ軍が大混乱の中を撤退。

1941年 オデッサの戦い

1941年12月7日
日本が真珠湾を爆撃。参照 太平洋戦争

1941年12月8日
米国が日本に対して宣戦布告し、第二次世界大戦に参戦。日本軍がフィリピン、仏領インドシナ半島(ベトナム、ラオス、カンボジア)、および英領シンガポールに上陸する。1942年4月までには、フィリピン、インドシナ半島、およびシンガポールが日本軍の占領下となる。 参照 太平洋戦争

1941年12月11日〜13日
ナチスドイツとその枢軸国パートナーが米国に対して宣戦布告。

1942年5月30日〜1945年5月
英国軍がケルン(Cologne)を爆撃し、ドイツ国土内に初めて戦闘が及ぶ。その後3年間にわたり、英米の爆撃によりドイツは瓦礫に帰す。

1942年6月
英国および米国海軍が太平洋での日本の進撃をミッドウェイ島で止める。

1942年6月28日〜9月
ドイツとその枢軸国パートナーがソビエト連邦で新たな攻撃を開始。9月中旬までには、ドイツ軍はボルガ川沿いのスターリングラード(Volgograd)まで進撃し、クリミア半島を確保した後、コーカサス深部へ侵入。

1942年10月23日〜24日
英国軍がエジプトのアラメインでドイツ軍とイタリア軍を破り、混乱の中で枢軸国軍はリビアを横断してチュニジアの東国境まで追いやられる。

1942年11月8日
米国軍と英国軍が、フランス領北アフリカのアルジェリアおよびモロッコの海岸の複数の拠点に上陸。ヴィシー政府軍が侵略に対する防衛に失敗したことにより、連合国軍はチュニジアの西国境に素早く移動し、11月11日にドイツが南フランスを占領。

1942年11月23日〜1943年2月2日
ソ連軍が反撃して、スターリングラードの北西および南西でハンガリーおよびルーマニアの戦線を打破し、ドイツ第6軍を市内に立ち往生させる。撤退およびソ連軍の包囲からの脱出をヒトラーから禁じられていた第6軍の生存者は、1943年1月30日および2月2日に降伏。

1943年5月13日
チュニジアの枢軸国軍が連合国軍に降伏し、北アフリカの軍事行動を終了。

1943年7月5日
ドイツがソビエト連邦のクルスク近郊で戦車による大攻撃を開始。ソ連はこの攻撃を1週間以内に鈍らせ、独自の攻撃を開始する。

1943年7月10日
米国軍と英国軍がシチリアに上陸。8月中旬までに連合国軍がシチリアを支配。

1943年7月25日
ファシズム大評議会ではベニト・ムッソリーニを退陣させ、イタリアの元帥ピエトロ・バドリオが新政府を打ち立てる。

1943年9月8日
バドリオ政府が連合国に無条件降伏。ドイツは即座にローマと北イタリアを占拠し、9月12日にドイツの奇襲部隊によって拘禁から解放されたムッソリーニの下に傀儡ファシスト政権を樹立。

1943年9月9日
連合国軍がナポリ近郊のサレルノの海岸に上陸。

1943年11月6日
ソ連軍がキエフを解放。

1944年1月22日
連合国軍がローマの南にあるアンツィオへの上陸に成功。

1944年3月19日
ハンガリーが枢軸国パートナーシップから脱退することを恐れたドイツ軍は、ハンガリーを占領し、その執権である最高司令官のミクローシュ・ホルティに親独の総理大臣を指名させる。

1944年6月4日
連合国軍がローマを解放。その後6週間で、英米の爆撃機が初めてドイツ東部のターゲットに的中させることができるようになる。

1944年6月6日
英国軍と米国軍は、フランスのノルマンディー海岸への上陸に成功し、ドイツ軍に対する「第二戦線」を開く。

1944年6月22日
ソ連が東白ロシア(ベラルーシ)で大攻撃を開始。ドイツ中央軍集団を撃退して、西方向に進撃し、8月1日までにはポーランド中部のワルシャワの向かい側にあるヴィスワ川に到達。

1944年7月25日
英米軍がノルマンディー上陸拠点を突破し、東のパリ方面へと大急ぎで移動。

1944年8月1日〜10月5日
ソ連軍の到着前に、ワルシャワを解放するために非共産主義者の地下組織の国内軍がドイツに対して蜂起する。ソ連の進軍はヴィスワ川の東川岸で止まる。10月5日、ドイツは、ワルシャワで戦っていた国内軍の残党の降伏を受け入れる。

1944年8月15日
連合国軍が南フランスのニース近郊に上陸し、ライン川に向けて北東方向に急速に前進。

1944年8月20日〜25日
連合国軍がパリに到達。8月25日、連合国軍に支持された自由フランス軍がフランスの首都に入る。9月には、連合国軍がドイツ国境に到達。12月には、フランスのほぼ全土、ベルギーの大半、およびオランダ南部の一部が解放される。

1944年8月23日
ソ連軍のプルト川出現が、ルーマニアの反発はアントネスク政権を打倒する。新政府は休戦を成立させ、即座に戦争で敵側につく。ルーマニアの寝返りにより、9月8日にブルガリアは降伏を余儀なくされ、10月にはドイツがギリシャ、アルバニア、および南ユーゴスラビアから撤退。

1944年8月29日〜10月28日
共産主義者と非共産主義者の両方で構成されるスロバキア国民評議会の指導の下に、地下組織のスロバキア・レジスタンス団体がドイツと現地のファシスト・スロバキア政権に対して蜂起する。10月末には、ドイツが蜂起の本部であるバンスカー・ビストリツァを制圧し、組織的抵抗に終止符を打つ。

1944年9月12日
フィンランドが、ソビエト連邦との休戦を成立させ、枢軸国パートナーを脱退。

1944年10月15日
ハンガリー政府がソ連への降伏についての交渉を進めないように、ハンガリーのファシスト矢十字運動がドイツの支持によりクーデターを遂行。

1944年10月20日
米国軍がフィリピンに上陸。

1944年12月16日
ドイツ軍は、ベルギーを再征服して連合国軍をドイツ国境に沿って分割することを企て、バルジ大作戦と呼ばれる西欧における最終攻撃を開始。1945年1月1日までにドイツ軍は撤退。

1945年1月12日
ソ連軍が新たな攻撃を開始して、1月にワルシャワとクラクフを解放し、2か月間の包囲攻撃の末、2月13日にブダペストを占拠。4月初旬にはドイツ軍とそのハンガリー人協力者をハンガリー国外に追放し、4月4日のブラチスラヴァの占拠に伴いスロバキアの降伏を強制。4月13日にはウィーンを占拠。

1945年3月7日
米国軍がレマゲンでライン川を渡る。

1945年4月16日
ソ連軍が最終攻撃を開始し、ベルリンを包囲。

1945年4月
ユーゴスラビアの共産主義指導者ヨシップ・チトーが率いるパルチザン団体がザグレブを占拠し、ウスタシャ政権を打倒。ウスタシャの上級幹部はイタリアとオーストリアに逃れる。

1945年4月30日
ヒトラー自殺。

1945年5月7日
ドイツが西側の連合国軍に降伏。

1945年5月9日
ドイツがソ連に降伏。

1945年5月
連合国軍が日本列島に到達する前の最後の島の沖縄を征服。参照 太平洋戦争

1945年8月6日
米国が広島に原爆を投下。参照 太平洋戦争

1945年8月8日
ソビエト連邦が日本に対して宣戦布告し、満州に侵攻。

1945年8月9日
米国が長崎に原爆を投下。参照 太平洋戦争

1945年9月2日
1945年8月14日、無条件降伏に大筋で同意したことにより日本が正式に降伏し、第二次世界大戦が終結。

出典:United States Holocaust Memorial Museum
第二次世大戦 ナチスドイツ侵略の時系列概要  
出典:United States Holocaust Memorial MuseumWikipedia, Sputnik
<第二次世界大戦(WW2) >
 ホロコースト地図  年表・資料  ホロコースト概要  国別収容所写真集  ビデオライブラリー  戦犠牲者数

関連サイト> 日中戦争 太平洋戦争 731部隊

1933年
ダッハウ強制収容所(ドイツ) 1933年3月 〜1945年4月
ドイツ・バイエルン州・ミュンヘンの北西15キロほどのところにある都市ダッハウに存在したナチス・ドイツの強制収容所である。ナチスの強制収容所の中ではオラニエンブルク強制収容所と並んで最も古い強制収容所と言われ、後に創設された多くの強制収容所のモデルとなった。「ダハウ強制収容所」と書かれる事もある。現在、別館については、難民をはじめとするホームレスの保護施設として使用されている。

1938年
マウトハウゼン強制収容所(オーストリア) 1938年8月 〜1945年5月
マウトハウゼンは。1938年初め頃、ダッハウ強制収容所の強制労働分隊がここで採掘作業をするようになった。そのため親衛隊全国指導者ハインリヒ・ヒムラーはこの採石場を見下ろす丘の上に新たにマウトハウゼン強制収容所を建設することを決定した。1941年1月2日にラインハルト・ハイドリヒの定めた政令によれば、マウトハウゼンは最も重い「第三カテゴリー」という、再教育の見込みのない「犯罪者」・「反社会分子」とみなされた囚人を収容する強制収容所に指定された。そのためここの囚人はナチ強制収容所の中でも特に過酷な扱いを受けた。 例えば1943年の1年間、収容者数は約1万5000人であったが、うち7058人も死亡している。

1939年
ソビエト連邦との中立性を確保した後(1939年8月の独ソ不可侵条約により)、ドイツは1939年9月1日にポーランド侵攻によって第二次世界大戦を開始しました。

独ソ不可侵条約(Wiki)
1939年8月23日にドイツとソ連の間に締結された不可侵条約。天敵といわれたヒトラーとスターリンが手を結んだことは、世界中に衝撃を与えた。

ポーランド侵攻(Wiki)
 1939年9月1日にドイツ軍とその同盟軍であるスロバキア軍が、続いて1939年9月17日にソビエト連邦軍がポーランド領内に侵攻したことを指す。ポーランドの同盟国であったイギリスとフランスが相互援助条約(ポーランド・イギリス相互援助条約、ポーランド・フランス相互援助条約)を元に9月3日にドイツに宣戦布告し、第二次世界大戦が始まった。
 ・関連写真ギャラリー

占領者によるポーランド市民の待遇(Wiki)
第二次世界大戦が始まった段階(1939年9月)では、ポーランド領はナチス・ドイツとソビエト連邦によって分割された。1941年の後半になるとバルバロッサ作戦によって旧ポーランド(第二共和国)領の全域はナチスドイツ軍によって占領されるようになったが、1944年から1945年にかけてソビエト連邦軍が反転攻勢した結果、ナチス・ドイツ軍はこの領域の外へ押し出された。

全てのポーランド人のうち、20%近くの人々が第二次世界大戦で命を落とした。民間人の殆どが様々な計画的行動の標的となった。アドルフ・ヒトラーが治めるナチスドイツも、ヨシフ・スターリンが治めるソビエト連邦も、両国ともポーランドの領土だけでなく、ポーランドの文化や民族まで破壊することを目的としていた。

英国とフランスは、9月3日にドイツに対して宣戦布告して応戦しました。1か月も経たないうちに、ポーランドはドイツ軍とソ連軍に敗れ、ナチスドイツとソ連に分割占領されました。


1940年

ポーランド敗北後の戦闘の小康状態は、ドイツ軍がノルウェーとデンマークに侵攻した1940年4月9日に終わりました。 1940年5月10日、ドイツは、戦争において中立的立場をとっていた低地帯(オランダ、ベルギー、ルクセンブルク)、およびフランスに侵攻し、西ヨーロッパへの襲撃を開始しました。

マンシュタイン計画(Wiki) 1940年
第二次世界大戦中の1940年に行われたナチス・ドイツのフランス侵攻の主要計画のことである。

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所(ポーランド)  1940年4月 〜1945年1月
アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所は、ナチス・ドイツが第二次世界大戦中に国家を挙げて推進した人種差別による絶滅政策 (ホロコースト) および強制労働により、最大級の犠牲者を出した強制収容所である。収容された90%がユダヤ人(アシュケナジム)であった。

ドイツとベルギーの戦い(Wiki) 1940年5月10日 - 5月28日
ナチス・ドイツのフランス侵攻における戦いのひとつ。

ナチスドイツのフランス侵攻(Wiki)1940年5月10日〜6月25日
第二次世界大戦中の1940年5月に発生したドイツ軍をはじめとする枢軸国軍と連合国軍とのベネルクス三国・フランス北部での戦闘で。ドイツ軍の電撃戦が最も成功を収めた例と考えられている。フランスの戦い、西方戦役とも呼ばれる。

1940年6月22日、フランスはドイツと休戦協定を結び、国土の北部半分はドイツに占領され、南部の都市ヴィシーにはいわゆる裏切り者政権が設立されました。

ドイツの奨励により、ソビエト連邦は1940年6月にバルト海沿岸諸国を占領し、1940年8月に正式に併合しました。


バトル・オブ・ブリテン(Wiki) 1940年7月ー1941年5月
第二次世界大戦におけるドイツ空軍とイギリス空軍の戦いのうちで、ドイツによるイギリス本土上陸作戦の前哨戦としてイギリスの制空権の獲得のために行われた一連の航空戦を指す。戦略目標を達することなく独ソ戦を前にしてヒトラーによって中止された。
 ・関連写真ギャラリー

バルト諸国占領(Wiki)
エストニア、ラトビアおよびリトアニアが、初めは1939年のドイツ国とソ連が締結したモロトフ・リッベントロップ条約の条項に基づきソ連によって、続いて1941年から1944年まではドイツによって、さらに1944年から1991年までは再びソ連によって行われた占領を指す。

バルバロッサ作戦(Wiki)
第二次世界大戦中の1941年6月22日に開始されたドイツ国によるソビエト連邦奇襲攻撃作戦の秘匿名称。今日では独ソ戦序盤の戦闘の総称とされる場合もある。枢軸国以外にも、親枢軸のスペインやフランス国(ヴィシー政権)が派兵している。

枢軸国(ドイツと同盟を結んでいた国)の1つであるイタリアは、1940年6月10日に参戦しました。1940年7月10日から10月31日まで、ナチスは英国上空で「ブリテンの戦い」として知られる空中戦をしかけ、最終的に敗北しました。

北アフリカ戦線(Wiki) 1940年9月13日〜1943年5月13日
第二次世界大戦において1940年9月のイタリア軍によるエジプト侵攻から、1943年5月のチュニジアの戦い、枢軸国軍の壊滅・ヨーロッパ本土撤退までを指す。エジプトからモロッコまで、北アフリカ北岸で行われた。
 ・関連写真ギャラリー

1941年
1941年4月6日にユーゴスラビアとギリシャに侵攻してバルカン地方を確保した後、ドイツとその同盟国は1941年6月22日に、独ソ不可侵条約に直接違反してソ連に侵攻しました。

1941年6月と7月に、ドイツ人はまたバルト海沿岸諸国を占領しました。 ソビエトの指導者ヨシフ・スターリンは、そのときからナチスドイツと枢軸国に反対する戦時中の主要な連合国指導者となりました。


西部戦線 (ソ連軍)(Wiki) 1941年6月22日
第二次世界大戦中(独ソ戦初期〜中期)にソ連西部に設置された赤軍の方面軍級部隊である。

レニングラード戦線(Wiki) 1941年8月27日
、第二次世界大戦中(独ソ戦初期から終戦後まで)にソ連北西部、レニングラード地域に設置された赤軍の方面軍級部隊である。

アメルスフォールト強制収容所(オランダ) 1941年8月 〜 1945年4月  
第二次世界大戦中、アメルスフォールト市近郊には強制収容所があった。公式にアメルスフォールト警察通過収容所(Polizeiliches Durchgangslager Amersfoort)と呼ばれた収容所は、カンプ・アメルスフォールトとしてよく知られていた。これは実際には近郊の基礎自治体レウスデンにあった。戦後、収容所所長のヨゼフ・コテラは、死刑を宣告されたが終身刑に減刑され、出所することなく1979年に獄死した。

1941年の夏と秋、ドイツ軍はソ連に深く侵入していましたが、赤軍による抵抗でレニングラードやモスクワといった重要な都市を占領することができませんでした。

ソビボル強制収容所(ポーランド) 1941年5月 〜1943年10月
第二次世界大戦中にナチス・ドイツがポーランド東部のルブリン県のソビボル村においた強制収容所。ユダヤ人絶滅を目的としたラインハルト作戦に則って作られた三大絶滅収容所の一つ(ソビボル強制収容所、ベウゼツ強制収容所、トレブリンカ強制収容所)。1942年4月に完成し、以降閉鎖されるまでの間、ここにユダヤ人、ユダヤ系ソ連兵捕虜、ロマ(ジプシー)などが大量に移送されてはガス室などに送られた。約20万人から30万人の人々がここで殺害された。しかしこの収容所では1943年10月に600人の囚人たちが反乱を起こしており、そのうち約半数が脱出に成功している。

マイダネク強制収容所(ポーランド) 1941年7月 〜1944年7月
ナチス・ドイツが第二次世界大戦中に設置した強制収容所の一つである。ポーランド、ルブリン郊外に位置する。マイダネクにはガス室が設置された。アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所と同じく強制収容所と絶滅収容所の役割を兼ね備えた収容所であった。その規模はアウシュヴィッツ=ビルケナウに次ぐ。親衛隊(SS)がつけた正式な名称は「ルブリン強制収容所」であったが、周辺住民たちは、この収容所を近隣の村マイダンの名前をとって「マイダネク」と呼び習わしていた。戦後はこの名前で有名となった。マイダネクには総計で50万人もの人々が収容され、ポーランド側の発表によるとそのうち36万人以上が死亡したという。マイダネクの死亡者で一番多いのは、ポーランド人であり、ユダヤ人とロシア人がそれに続く。

レニングラード包囲(Wiki) 1941年9月8日 - 1944年1月18日
ドイツ軍はソビエト連邦第2の大都市レニングラード(現・サンクトペテルブルク)を900日近くにわたって包囲したが、レニングラードは包囲に耐え抜き、後にスターリンによって英雄都市の称号が与えられた。飢餓や砲爆撃によって、ソ連政府の発表によれば67万人、一説によれば100万人以上の市民が死亡した。これは日本本土における民間人の戦災死者数の合計(東京大空襲、沖縄戦、広島・長崎を含む全て)を上回る。

モスレンスクの戦い(Wiki) 1941年7月6日 - 8月5日
第二次世界大戦の独ソ戦中に、ドイツ中央軍集団所属の第2装甲軍集団、第3装甲集団らがソビエト赤軍4個軍を包囲した戦い。ソビエト赤軍は西部正面軍、ソビエト赤軍予備軍、中央正面軍、ブリャンスク正面軍が戦いに参加、最終的にはソビエト第16軍、第19軍、第20軍がスモレンスク南方で包囲され、第19軍の大部分のみ包囲から脱出することができた。

モジャイスク防衛線戦線(Wiki) 1941年7月18日

ヤセノヴァツ強制収容所(クロアチア) 1941年8月 〜1945年4月
ヤセノヴァツ強制収容所(クロアチア語・セルビア語:Logor Jasenovac / Логор ?асеновац)は、第二次世界大戦時に、ヤセノヴァツ付近のサヴァ川沿岸域に位置した、クロアチア独立国の絶滅収容所である。この収容所では最終的に60万人から70万人が殺害されている。

モスクワの戦い(Wiki) 1941年10月2日〜1942年1月7日
第二次世界大戦中の1941年10月2日より始まった、ドイツ軍によるモスクワへの攻略戦「タイフーン作戦」によって行われた戦闘である。タイフーン作戦はバルバロッサ作戦の第2段階として敢行された。
 ・関連写真ギャラリー

ヘウムノ強制収容所(ポーランド) 1941年12月 〜1943年4月、1944年4月 〜1945年1月
ヘウムノ強制収容所(KZ Che?mno)は、ナチス・ドイツがポーランドのヴィエルコポルスカ県ヘウムノ村(pl:Che?mno nad Nerem)に設置した強制収容所(絶滅収容所)。ヘウムノはウッチから70キロほど離れたところに存在していた。ドイツ側からの名称はクルムホーフ強制収容所(KZ Kulmhof)である。ユダヤ人、ジプシー、ソ連兵捕虜など最低でも15万人の人々がここで殺害されたという。

カリーニン戦線(Wiki) 1941年10月19日
第二次世界大戦中(独ソ戦初期〜中期)にモスクワ北西のカリーニン(トヴェリ)地域に設置された赤軍の方面軍級部隊である。

1941年12月6日、ソ連軍は大規模な反撃を行い、ドイツ軍をモスクワ近郊から永久的に排撃しました。

その次の日の1941年12月7日、日本(枢軸国の1つ)はハワイの真珠湾を攻撃しました。 米国は即時日本に宣戦布告しました。 12月11日、ドイツとイタリアは、軍事紛争の広がりと共に米国に宣戦布告しました。

参照  第二次世界大戦犠牲者数(詳細)

1942〜1943年
1942年5月、英国空軍はドイツの都市ケルンに何千もの爆撃機による空襲を行い、初めてドイツ国内が戦場となりました。 その後3年間にわたり、連合国空軍は第三帝国中の工場や都市を組織的に爆撃し、1945年までにドイツ都市部の大半が瓦礫に帰しました。

1942年後半と1943年前半には、連合国軍が北アフリカで連続した重要な軍事的勝利を治めました。 フランス軍が連合国軍によるモロッコとアルジェリアの占領を防止できなかったことから、ドイツは1942年11月11日にヴィシー・フランスを占領しました。アフリカにいた枢軸国軍隊、合計約15万部隊は1943年5月に降伏しました。


東部では、1942年の夏、ヴォルガ川沿いにあったスターリングラード、そしてバクーの町とカフカス油田地帯の占領を目指し、ドイツと枢軸国はソ連における攻撃姿勢を一新しました。


ベルゼック絶滅収容所(ポーランド) 1942年3月 〜1943年6月
第二次世界大戦中にナチス・ドイツがルブリン県ベウジェツ村(リヴォフとルブリンの中間地点にある)に設置した強制収容所である。ラインハルト作戦に基づく三大ユダヤ人絶滅収容所の一つである(他の二つはソビボル強制収容所とトレブリンカ強制収容所)。三つの絶滅収容所の中では最初に作られ、他の二つの絶滅収容所のモデルともなった。開設から閉鎖までのわずか1年の間に40万人にも及ぶユダヤ人をはじめとして、ロマ民族・ポーランド人政治犯などが大勢ここで殺害された。

1942年8月〜11月
米国軍がオーストラリア方向への島から島への日本の進軍をソロモン諸島のガダルカナル島で止める。

トレブリンカ絶滅収容所(ポーランド) 1942年7月 〜1943年11月
ワルシャワから北東約90kmに存在したナチス・ドイツの強制収容所である。ポーランドのユダヤ人絶滅を目的としたラインハルト作戦に則って作られた三大絶滅収容所の一つである(他にベウジェツ強制収容所、ソビボル強制収容所)。1942年7月23日の開所から1943年10月19日に放棄されるまでの約14か月の間に、ここで殺害されたユダヤ人の数は73万人以上にのぼる。

青山貞一・池田こみち ポーランド・現地調査(後半)
ポーランド東部の3大絶滅収容所 Bトレブリンカ(Treblinka)


スターリングラード攻防戦(Wiki)1942年6月28日 - 1943年2月2日
第二次世界大戦の独ソ戦において、ソビエト連邦領内のヴォルガ川西岸に広がる工業都市スターリングラード(現ヴォルゴグラード)を巡り繰り広げられた、ドイツ、ルーマニア、イタリア、ハンガリー、およびクロアチアからなる枢軸軍とソビエト赤軍の戦い。


1942年夏の終わり、ドイツの攻撃態勢はその両方の前線で立ち往生になり、11月にはソ連部隊がスターリングラードで反撃を行い、1943年2月2日にはドイツ第6軍がソ連に降伏しました。


トーチ作戦(Wiki) 1942年11月8日
1942年11月8日より行われた、連合国軍によるモロッコとアルジェリアへの上陸作戦のことである。この作戦は当初は「Gymnast(ジムナスト、体育家)」と呼ばれていたが、後に「Torch(たいまつ)」となった。

冬の嵐作戦(Wiki) 1942年12月12日-23日
第二次世界大戦の独ソ戦において1942年12月12日から12月23日に実施された、スターリングラード周辺に包囲された枢軸国軍を救出する作戦である。
ドイツは1943年7月にクルスクで、史上最大の戦車戦とされるもう1つの攻撃を仕掛けましたが、ソ連の軍隊はドイツの攻撃を鈍らせ、軍事的な優勢を引き継ぎました。ここが戦争中に再び放棄されることはありませんでした。

クルスクの戦い(Wiki) 1943年
第二次世界大戦中の1943年、東部戦線(独ソ戦)ソ連の都市であるクルスク周辺をめぐり、ナチス・ドイツ軍とソ連軍(赤軍)との間で行われた戦闘の名称である。ドイツ軍の正式作戦名「ツィタデレ(城塞)作戦」(ドイツ語: Unternehmen Zitadelle)。ドイツ側約2,800輌、ソ連側約3,000輌の合計約6,000輌の戦車が戦闘に参加し、「史上最大の戦車戦」として知られていたが、近年の研究では否定されている。

イスクラ作戦(Wiki) 1943年1月12日〜1月30日
独ソ戦中の1943年初頭、ラドガ湖南岸において展開されたドイツ北方軍集団第18軍とソビエト赤軍レニングラード戦線およびヴォルホフ戦線との戦いのことのことである。

1943年7月
連合国はシチリアに上陸し、9月にはイタリア本土に侵攻しました。 イタリアのファシスト党の大審問会によってイタリア王国首相ベニート・ムッソリーニ(ヒトラーの同調者)が退陣させられると、引き継いだイタリア軍隊が9月8日に英米軍への降伏を交渉しました。

イタリア戦線(Wiki) 1943年7月9日
イタリア戦線は、第二次世界大戦において1943年7月9日の連合軍のシチリア島上陸から、9月8日のイタリア王国降伏を挟み、1945年5月まで続けられたイタリアにおける戦いである。イタリア降伏前はイタリア・ドイツの枢軸軍が連合軍と交戦していたが、イタリア降伏後はイタリア占領を行ったドイツ軍と親ドイツ派の一部イタリア軍が連合軍と交戦した。

ハンブルク空襲(Wiki) 1943年7月
、第二次世界大戦中にイギリスとアメリカがドイツのハンブルクに対して行なった一連の空襲作戦。ドイツの大港湾都市ハンブルクは第二次世界大戦の間イギリス空軍(RAF)とアメリカ陸軍航空軍(USAAF)の激しい爆撃にさらされた。1943年7月の空襲のうちの1回で火災旋風が発生し、これが何万人もの民間人の犠牲者を出した主因となった。

ハスキー作戦(Wiki) 1943年7月10日
第二次世界大戦中の1943年7月10日より行われた、連合軍によるイタリアのシチリア島への上陸作戦。イタリア本土上陸への前段階として敢行された。

モスレンスクの戦い(Wiki) 1943年8月7日- 1943年10月2日
1943年8月7日から10月2日にかけてスモレンスクで行われた2回目の戦い。この戦いにおけるソビエト赤軍の戦略的攻撃は1943年夏秋の作戦の一部として行われた。この作戦はドニエプル川の戦い(8月13日 - 9月22日)とほぼ同時に発動して2ヶ月続き、カリーニン戦線と西部戦線が主導、1941年に行われた第1次スモレンスク攻防戦で占領されたスモレンスクとブリャンスク地方からドイツ軍を掃討することが目的であった。

タリアに駐屯していたいドイツ軍は、イタリア半島の北半分を掌握し、抵抗を続けました。 イタリア軍当局によって逮捕されたムッソリーニは、9月にドイツ親衛隊員によって救出され、ドイツの監督と指示のもとに形式だけのネオファシスト政権を北イタリアに打ち立てました。 ドイツ軍は、1945年5月2日に降伏するまで北イタリアに駐留しました。

1944年
コルスン包囲戦 1944年1月14日ー2月16日
第二次世界大戦中、独ソ戦において1944年1月14日から2月16日まで行われた戦いのことであり、ドニエプル=カルパチアン攻勢の一部であった。この戦いでソビエト第1ウクライナ方面軍、第2ウクライナ方面軍はドニエプル川近辺でドイツ南方軍集団を包囲した。ソビエト赤軍2個方面軍は包囲したドイツ軍の殲滅を試みたが、包囲されたドイツ軍部隊は包囲外の救援部隊と協調作戦を行い包囲を突破、包囲された将兵の内、約3分の2が脱出に成功、残りの3分の1は戦死するか捕虜となった。

1944年6月6日(Dデイ)、大規模な軍事行動の一環として、15万人を超える連合国軍兵士がフランスに上陸し、フランスは8月末に解放されました。 1944年9月11日、ソ連軍が東部の国境を越えて1か月後に、最初の米国の軍隊が国境を越えてドイツに入りました。

ノルマンディー上陸作戦(Dデイ作戦) 1944年6月6日
第二次世界大戦中の1944年6月6日に連合軍によって行われたドイツ占領下の北西ヨーロッパへの侵攻作戦。正式作戦名「ネプチューン作戦」。なお上陸からパリ解放までの作戦全体の正式名称はオーバーロード作戦。最終的に200万人近い兵員がドーバー海峡を渡ってフランス・コタンタン半島のノルマンディー海岸に上陸。現在に至るまで歴史上最大規模の上陸作戦。本作戦は夜間の落下傘部隊の降下から始まり、続いて上陸予定地への空襲と艦砲射撃、早朝からの上陸用舟艇による敵前上陸が行われた。上陸作戦に続くノルマンディー地方の制圧にはドイツ軍の必死の抵抗により2ヶ月以上要した。ノルマンディー上陸はヨーロッパ戦線の転機となった作戦であり、第二次世界大戦中最もよく知られた戦いの一つ。本作戦で用いられた用語「D-デイ」は作戦決行日を表し、現在では主に作戦開始当日の1944年6月6日について使われる。

デブレツェンの戦い(Wiki) 1944年10月6日−1944年10月29日
第二次世界大戦中、東部戦線においてソビエト赤軍第2ウクライナ方面軍によって行われた攻撃作戦である。ドイツ南ウクライナ軍集団所属の第6軍とハンガリー第VII軍団はハンガリーのデブレツェン占領を目標としていたソビエト赤軍第2ウクライナ方面軍(司令官ロディオン・マリノフスキー)との戦いで160q以上押し戻されていた。


12月半ば、ドイツはベルギーと北フランスにおいて「バルジの戦い」として知られる反撃に出ましたが失敗に終わりました。 連合国空軍は、アウシュビッツ収容所にあった工場など、ナチスの工場を攻撃しましたが、ガス室は標的とされませんでした。

バルジの戦い(Wiki) 1944年12月〜1945年1月
とは、第二次世界大戦における、西部戦線において1944年12月から1945年1月の間、アルデンヌで行われたナチス・ドイツのドイツ国防軍(以下ドイツ軍)とアメリカ軍を主体とする連合軍との戦闘の名称である。

1945年
ソ連は、1945年1月12日に攻撃を開始し、西ポーランドを解放し、ハンガリー(枢軸国)に降伏を強要しました。 1945年2月半ばになると、連合国はドイツの都市ドレスデンを爆撃し、約3万5,000人の市民が殺されました。 米国軍は1945年3月7日にライン川を渡りました。

ドレスデン爆撃(Wiki) 1945年2月13日-15日
第二次世界大戦終盤の1945年2月13日から15日にかけて連合国軍(イギリス空軍およびアメリカ陸軍航空軍)によって行われた、ドイツ東部の都市、ドレスデンへの無差別爆撃。4度におよぶ空襲にのべ1300機の重爆撃機が参加し、合計3900トンの爆弾が投下された。この爆撃によりドレスデンの街の85%が破壊され、2万5000人とも15万人とも言われる一般市民が死亡した。
 ・関連写真ギャラリー


1945年4月16日に行われたソ連最後の攻撃により、ソ連軍はドイツの首都ベルリンの包囲に成功しました。 ソ連軍は総統官邸を目指して戦闘を続けましたが、ヒトラーは1945年4月30日に自殺しました。1945年5月7日、ドイツはフランスのランスで西側連合国に、そして5月9日にはベルリンでソ連軍に無条件降伏しました。

独ソ・ベルリンの戦
(Wiki) 1945年4月16日 - 5月8日
ベルリンの戦いは、第二次世界大戦末期、1945年4月16日の赤軍のゼーロウ高地攻撃開始から、総統地下壕におけるヒトラーの自殺、国会議事堂の陥落、5月2日のドイツ国防軍のベルリン防衛軍司令官ヘルムート・ヴァイトリングの降伏に至るまで、ベルリン周辺で展開された赤軍とドイツ軍の戦闘のこと。

ベルリン市街戦(Wiki) 1945年4月23日 - 1945年5月2日
ベルリンの戦いにおける一方面の戦いである。ベルリンの戦いは第二次世界大戦における終末期のドイツ国と連合国との間における支配地をめぐる戦いで、本市街戦はその局地戦のひとつであった。ソビエト赤軍3方面軍によるベルリン占領まで続いた。ドイツ軍にとっては戦いの初期段階ですでに絶望的な状況であったが、にもかかわらずソビエト軍が市の中央部に進撃するためには通りごとに多大な犠牲を払わなければならなかった。

1945年4月23日、ソビエト軍は初めてベルリン市の郊外に進入、 4月27日までには、ベルリン市は完全に包囲された。5月2日、ベルリン防衛軍司令官(ヘルムート・ヴァイトリング)は、ソビエト軍第1白ロシア戦線の第8親衛軍に降伏した。


その8月、米国が日本の広島と長崎に原爆を投下し、12万人の市民を殺してから間もなく、太平洋戦争が終わりました。 日本は、9月2日に正式に降伏しました。

第二次世界大戦によって、世界中で推計5,500万人が死亡しました。 史上最大、そして最も破壊的な紛争でした。


参照  第二次世界大戦犠牲者数(詳細)

出典:United States Holocaust Memorial Museum

 以下は1946年以降のナチスに関連する記事

ナチス パナマ運河破壊を計画していた Sputnik

CIA:1950年代初期にヒトラーはまだ生きていた Sputnik

ナチスの隠し倉庫が見つかる アルゼンチン【写真】  Sputnik

新説:ヒトラーは死んだ。しかし、1945年にではなく、ベルリンでもない Sputnik

ナチスの隠し倉庫が見つかる アルゼンチン  Sputnik

・関連ブログ:酒井信彦:<時評 > ナチスドイツと戦おうとしなかったイギリス・フランス  Sputnik

米FBI元捜査官、アンネ・フランクさん拘束の真相を調査へ Sputnik

ゲシュタポ拷問施設を豪華な住宅・商業複合施設に改装へ ハンブルグ Sputnik

英国のダイバーたちがアイスランド沖に沈没したナチスの船で金を見つける【写真】 Sputnik

バルト三国ラトビアの議員 首都リガにナチス兵士の記念碑建立を提唱 Sputnik

歴史学者ら「ヒトラーは重度の薬物中毒だった」 Sputnik

ナチス元看守の情報、ネット公開 Sputnik

考古学者たちがナチスに盗まれた琥珀の間をポーランドで見つけるかもしれない Sputnik

北極で第2次大戦中のナチスの秘密基地が発見(動画) Sputnik

ナチ強制収容所の元囚人の回想 ロシアビヨンド

ソ連とナチスの両体制の生贄に ロシアビヨンド


第二次世界大戦(WW2)>
 ホロコースト地図  年表・資料  ホロコースト概要  個別収容所詳細  ビデオライブラリー  戦犠牲者数

関連サイト> 日中戦争 太平洋戦争 731部隊