テーマ:ラヴェッロ(Ravello)
Alternative Media

E-wave Tokyo


青山貞一
Teiichi Aoyama 池田こみち Komichi Ikeda
無断転載禁 Since March 2004
小さくてもキラリと光る持続可能な社会の姿を求め
春まだ浅い南イタリア・アマルフィ海岸を行く

                Sud Italia in primavera, andare in Costiera Amalfitana                  
■ラヴェッロ(Ravello)  基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ
アマルフィ アトラーニ ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ  ヴィエトリ・スル・マーレ  参考 ポンペイ ナポリ サレルノ
最新論考 2013年6月 アマルフィ海岸現地視察調査報告 <125本 全体メニュー>

ワグナーがこよなく愛したアマルフィ海岸のラヴェッロ そのテラスより  撮影:青山貞一、Nikon Cool Pix S10

    
ソレント半島及びアマルフィ海岸の位置
。真ん中はラヴェッロの紋章


アマルフィ市役所にある古代アマルフィ海洋共和国の紋章
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011年3月

自治体
名称
距離 標高
(m)
人口 世帯 平均
年齢
製造業
企業数
従業
員数
サービス
企業数
従業
員数
一次
企業
就業
者数
行政
事務所
職員
自動車
保有
台数
住民
所得
総計
(億円)
住民
平均
年収
(万円)
Ravello 29 0- 1.258 2508 934 43.0 54 169 72 129 93 402 15 149 1908 43.5 92.7
Source:青山貞一・池田こみち、環境総合研究所(東京都品川区)


ラヴェッロの中心部 Source:Googl Map

ラヴェッロの公式Web


アマルフィ海岸コムーネの位置図  Source:Google Map


アマルフィ海岸のサレルノ側。奧にアマルフィ、ラヴェッロ、中央にミノーリ、マイオーリ、
手前にチェターラ、ヴィエトリ・スル・マーレが見える
出典:グーグル・アース


ラヴェッロ地図 Source:Google Map


ラヴェッロ (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロ (トリップアドバイザー提供)


撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10 2011.3


アマルフィ(左下)から見たラベッロ  まさにアマルフィ海岸を見下ろすテラスである!


ラヴェッロ(Ravello)からアマルフィ海岸は一大パノラマ状に開けている。

350mからの世界一美しいアマルフィ海岸の展望が楽しめる。

ラヴェッロには11世紀の昔から富豪の別荘が数多く立地され、
周辺の傾斜地には段々畑を使ってオレンジ、オリーブ、
レモンなどの栽培が行われてきた。

散在する小さな村々には、11から13世紀にかけ小さな教会が
建てられている。このテラスは、季節によってはブーゲンビリアや
夾竹桃(きょうちくとう)が咲き乱れ、まさに天空の楽園となる。


  ラヴェッロからアマルフィ海岸は一大パノラマ状に開けている。

350mからの世界一美しいアマルフィ海岸の展望が楽しめる。

ラヴェッロには11世紀の昔から富豪の別荘が数多く立地され、
周辺の傾斜地には段々畑を使ってオレンジ、オリーブ、
レモンなどの栽培が行われてきた。

散在する小さな村々には、11から13世紀にかけ小さな教会が
建てられている。このテラスは、季節によってはブーゲンビリアや
夾竹桃(きょうちくとう)が咲き乱れ、まさに天空の楽園となる。

ラヴェッロはアマルフィ海洋共和国時代非常に重要なまちであった。
それはアマルフィが839年から1200年まで地中海貿易で
重要な貿易力を持っていた時代に重要なものであった。 

ラヴェッロは司教がスカラ(Scala)に移る以前の1086年から
1603年まで教区のまちであった。

ラヴェッロは歴史的に芸術家、音楽家、作家らに
究極の活動の場を提供してきた。

その中には、リヒャルト・ワグナーといった音楽家、
芸術家著名人が含まれる。

1953年より毎年夏、ワグナーを記念し、ラヴェッロ・フェスティバル
Ravello Festivalが開催されている。




YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=99q8tXVdAHY&feature=player_embedded#! 

●ラヴェッロの歴史と文化

 ラヴェッロはアマルフィ海洋共和国時代非常に重要なまちであった。それはアマルフィが839年から1200年まで地中海貿易で重要な貿易力を持っていた時代に重要なものであった。 

 ラヴェッロは司教がスカラ(Scala)に移る以前の1086年から1603年まで教区のまちであった。

 ラヴェッロは歴史的に芸術家、音楽家、作家らに究極の活動の場を提供してきた。その中には、リヒャルト・ワグナー( Richard Wagner), M. C. Escher, Giovanni Boccaccio, Virginia Woolf, Gore Vidal,, Sara Teasdaleといった音楽家、芸術家著名人が含まれる。

 1953年より毎年夏、ワグナーを記念し、ラヴェッロ・フェスティバル "Ravello Festival"が開催されている。

  

基礎的情報 
面積  7 km2
人口     2,506人
 人口密度  358/km2 (927/sq mi)

出典:Wikipedia, English version

●イタリアのコムーネ

 中世、近世にあって、イタリアに存在した自治都市の都市共同体が存在しコムーネと呼ばれた。

 自治都市コムーネは都市の有力市民、地区やギルドの代表によって運営され、都市とその郊外農村地域を統治していた。現代イタリアのコムーネ自治は自治都市の伝統を基礎としているといわれる。

 行政学的にはイタリアには日本のような市町村の区別は行政上はない。250万人のローマも100万人を超すナポリも、他方バローロのような1,000人以下のむらもコムーネ(Comune)である。いわば日本の基礎自治体に近い。

 この点はフランスのコミューンと同様である。コムーネの代表(首長)は、シンダコ(sindaco)と呼ばれる。


■ラヴェッロ大聖堂(Duomo di Ravello)


ラヴェッロ大聖堂(Duomo di Ravello)
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


ラヴェッロ大聖堂(Duomo di Ravello)
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10 2011.3


ラヴェッロ大聖堂(Duomo di Ravello)
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

ラヴェッロ大聖堂(Duomo di Ravello)の塔
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


アマルフィ海岸ラヴェッロのラヴェロ大聖堂にて(貴重な一枚)
撮影:池田こみち 使用カメラ Nikon Coolpix S10 2011.3


アマルフィ海岸ラヴェッロのラヴェロ大聖堂にて
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10 2011.3

ラヴェッロの旅行ガイド
ラヴェッロ (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロ大聖堂前広場にて
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10 2011.3


ラヴェッロ大聖堂前広場の一角
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


ラヴェッロ大聖堂前広場にて
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10 2011.3


■Villa Rufolo/ルッフォー邸

VILLA RUFOLO/ルッフォーロ荘は標高350mの断崖にある。
作曲家のワーグナーが「パルシファル」の第二幕を作曲したことでも知られる。
このVILLA RUFOLO/ルッフォーロ荘の庭では一年中
花の耐えないテラスからはサレルノ湾のパノラマが広がる。


撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8 2011.3

このテラスの眼下には2つの屋根をもつ教会が見える。
毎年夏には音楽フェスティバルがこのテラスで開かれる。
敷地内には1270年に建築された塔や入場門、中庭、博物館など
建築物が咲き誇る花とマッチングして大変美しい。


アマルフィ海岸ラヴェッロ・ルッフォー邸 (トリップアドバイザー提供)


撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8 2011.3


撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8 2011.3


ラヴェッロルッフォー邸 (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロルッフォー邸 (トリップアドバイザー提供)

ラヴェッロの旅行ガイド
ラヴェッロ・ルッフォー邸 (トリップアドバイザー提供)

ラヴェッロの旅行ガイド
ラヴェッロ・ルッフォー邸 (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロ・ルッフォー邸 (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロルッフォー邸 (トリップアドバイザー提供)


撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8 2011.3


撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8 2011.3

アマルフィ海岸の旅行ガイド
アマルフィ海岸(ラヴェッロ) (トリップアドバイザー提供)

アマルフィ海岸の旅行ガイド
アマルフィ海岸(ラヴェッロ) (トリップアドバイザー提供)

ラヴェッロの旅行ガイド
ラヴェッロ(ラヴェッロ) (トリップアドバイザー提供)


■Villa Cimbrone/ ヴィッラ・チンブローネ

ラヴェッロに魅了されたイギリス人ロード・グリーンソープによtte
1900年はじめに建てられた。米国人の作家でラヴェッロに大邸宅を
所有していたゴア・ヴィダルは「ヴィッラ・チンブローネのテラス」から
見る眺めは世界中で一番美しい」と絶賛している。


チンブローネ荘のテラス
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10



ラヴェッロチンブローネ荘のテラス (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロチンブローネ荘のテラス (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロチンブローネ荘のテラス (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロチンブローネ荘のテラス (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロチンブローネ荘のテラス (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロチンブローネ荘のテラス (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロ (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロチンブローネ荘のテラス (トリップアドバイザー提供)

■ラヴェッロのフェスティバル

ラヴェッロは司教がスカーラに移る以前の1086年から
1603年まで教区のまちであった。

一方、ラヴェッロはアマルフィ海洋共和国時代、
非常に重要なまちであった。

それはアマルフィが839年から1200年まで
地中海貿易で重要な貿易力を持っていたからである。 

 ラヴェッロは歴史的に芸術家、音楽家、作家らに
究極の活動の場を提供してきた。

その中には、リヒャルト・ワグナー( Richard Wagner),
M. C. Escher, Giovanni Boccaccio,
Virginia Woolf, Gore Vidal,, Sara Teasdale
といった音楽家や芸術家の著名人が含まれる。

 1953年より毎年夏、ワグナーを記念し、
ラヴェッロ・フェスティバル"Ravello Festival"
が開催されている。



ラヴェッロのアマルフィ海岸側のテラスで行われるラヴェッロ・フェスティバルのワグナーコンサート
Source:http://www.aureliocanonici.com/foto/foto026.html


                  
        
ラヴェッロ (トリップアドバイザー提供)


○Ravello Festival 
ラヴェッロ・フェスティバル

 ラヴェッロでは、毎年9月まで「ラヴェッロ・フェスティバル」が開催されている。ラヴェッロ・フェスティバルは別名ワグナー・フェスティバルとも言われている。

 この地に滞在し、音楽祭の起源ともなった作曲家リヒャルト・ワーグナーの楽曲も演奏されている。

 1953年からはじまり今年で第54回を迎える。フェスティバルでは、民族音楽から現代音楽、ジャズ、ポップまた音楽ばかりでなくダンスやまで様々なステージやイベントが予定されている。古典的ラテン音楽とや雅なアラブ音楽、そしてワグナーなどのクラシック音楽も演奏されている。


アマルフィ海岸の旅行ガイド
アマルフィ海岸 (トリップアドバイザー提供)

The Ravello Festival is also popularly known as the "Wagner Festival" and is an annual summer festival of music and the arts held in the town of Ravello on the Amalfi coast in the Campania region of Italy.

The festival has been held yearly since 1953 when the town fathers decided to use the historical fact of the visit to Ravello in 1880 by German composer Richard Wagner as a way to promote tourism and bolster the economy of the area in the difficult years following the Second World War.

The composer had been so taken with the beauty of the Villa Rufolo in Ravello that he is said to have proclaimed, in reference to a character in his own opera Parsifal, "Here is the enchanted garden of Klingsor."

Although the original emphasis during the festival was on Wagner's music, the event has since grown into an almost two-month-long presentation of a wide variety of music featuring large orchestras, chamber groups, jazz, art shows, dance, photographic exhibits, discussion groups and a chance to meet and talk with the featured artists, many of whom are of world renown.


撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8 2011.3

       第二次世界大戦前のフェスティバル
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8 2011.3



リヒャルト・ワグナー




音楽のまちラヴェッロとある
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


年間を通じての音楽祭のプログラム
ラヴェッロで開催されるコンサートの行事案内である。
年間を通じて膨大な数のコンサートがラヴェッロで
開かれていることが分かる
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


ラヴェッロの町役場  何とものんびりとした役場!
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


ラヴェッロの別荘地にあったイスラム様式の建築物。真っ青の空に映え美しい
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


イスラム調の建築物は実は五ツ星ホテルだった!
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

■ラヴェッロはねこの楽園

ラヴェッロは動物にとっても楽園? 実はラヴェッロだけでなくアマルフィ海岸はどこに行っても猫や犬が多かった!

ラベッロのバス停にいたにゃんこ
猫にとってもラベッロは楽園?
ラヴェッロのバス停にいたにゃんこ
なかなかすばらしい!
ラヴェッロのバス停にいたにゃんこ ラヴェッロのバス停にいたにゃんこ
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10  2008.3

  
猫にとってもラベッロは楽園?みんなこっちを見てくれている!
撮影:池田こみち Nikon CoolPix S10

ラヴェッロ大聖堂の前の広場に、ちゃいろとしろい色のにゃんこがいた。

 
ラヴェッロのちゃこちゃん
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8
 2011.3
  ラヴェッロのちゃこちゃん
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8
 2011.3


ラヴェッロのちゃこちゃんをだっこ
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8
 2011.3


ラヴェッロのちゃこちゃん
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8
 2011.3
ラヴェッロのちゃこちゃん
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8
 2011.3
ラヴェッロの美形シロちゃん
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8
 2011.3

ラヴェッロのちゃこちゃん
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8
 2011.3
 
ラヴェッロのちゃこちゃん
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8
 2011.3
ラヴェッロのちゃこちゃん
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8
 2011.3

 
ラヴェッロの歴史文化が宿る由緒ある閑静な道 撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

ラヴェッロの旅行ガイド
ラヴェッロ (トリップアドバイザー提供)


■ラヴェッロの地形

海側上空から見たラヴェッロ
Source:Google Earh


ラヴェッロのレモン畑 (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロの東端から見た南斜面にあるアマルフィ海岸流の棚田
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

ラヴェッロの旅行ガイド
ラヴェッロ (トリップアドバイザー提供)


ラヴェッロ、アマルフィ、ミノーリの上空からソレント半島の先端(カントーネ)を見た立体図
ソレント半島の左側がアマルフィ海岸。半島の右側にソレントがある。
急峻な断崖絶壁の地形にカントーネ、ポジターノ、アマルフィなどのまちがへばりついている


アマルフィ海岸現地調査計画

ソレント半島・アマルフィ海岸主要図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast


ソレント半島・アマルフィ海岸全図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast

アマルフィ海岸現地調査計画
すでに実行分 2008.2  計画 2011.3予定 
Naples Bay ポンペイ
Pompei
ソレント サンタニェーロ 25751
Sorrento  Sant' Angello
16536  8421
アジェ-ロラ ラヴェッロ
Agerola Ravello
7348 2508
ファロ カントーネ サンピエトロ ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・ディ
マリーニ
アマルフィ アトラーニ  ミノーリ マイオリ  チェ・ターラ ヴィエトリ
Faro Cantone San Pietro Positano Praiano Furore Conca dei
Marini
Amalfi Atrani Minori Maiori CeTara Vietri サレルノ
1640 3882 1915 810 697 5428 965 3023 5740 2357 8543 Salerno
Tyrrhenian Sea 138188
()内は人口、出典 http://campania.indettaglio.it/eng/province/sa/la_provincia_di_salerno.html

<アマルフィ海岸・ソレント半島>
基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント 
ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ アマルフィ アトラーニ 
ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ ヴィエトリ・スル・マーレ  
参考 ポンペイ ナポリ サレルノ

<関連論考>
◆特集:青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く ダイジェスト
本特集は第三次アマルフィ海岸持続可能性調査(11日間)のダイジェストで70本続きます!
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <1>調査の目的
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <2>調査の対象・項目
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <3>移動手段、宿泊施設、物価、天気
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 1日目:ローマ〜ポンペイ・BB
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:ポンペイ〜ソレント
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:学術訪問・ヴェスビオ博物館
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:マッサ・ルブレンセのシークラブ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:シークラブから見たカプリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:イエラント入江(海洋自然保護区)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:特別踏査・プンタ海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・歴史的建築物保存
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・ネラーノのトーレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:ネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ロブラ漁港
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:マルチャーノ教会と修道院
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:トルカとクラッポラの断崖絶壁
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ポジターノに向かう
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:プライアーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレのレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレのBB近くを散策
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ断崖絶壁(概要)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖下降 
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・海岸道路
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ・トーレ視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ大聖堂視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フレーレ・プライア海岸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(前)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(後)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレ断崖上教会とレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:フローレBB女性主人インタビュー
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査@ポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Aリ・ガッリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Bネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Cファロ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査D緑の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Eカプリ島上陸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索1
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索2
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査 青の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査F海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Gカントーネ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Hポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:アガタの農場ホテル


<関連論考>
◆特集:青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く ダイジェスト
本特集は第三次アマルフィ海岸持続可能性調査(11日間)のダイジェストで70本続きます!
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <1>調査の目的
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <2>調査の対象・項目
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <3>移動手段、宿泊施設、物価、天気
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 1日目:ローマ〜ポンペイ・BB
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:ポンペイ〜ソレント
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:学術訪問・ヴェスビオ博物館
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:マッサ・ルブレンセのシークラブ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:シークラブから見たカプリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:イエラント入江(海洋自然保護区)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:特別踏査・プンタ海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・歴史的建築物保存
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・ネラーノのトーレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:ネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ロブラ漁港
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:マルチャーノ教会と修道院
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:トルカとクラッポラの断崖絶壁
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ポジターノに向かう
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:プライアーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレのレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレのBB近くを散策
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ断崖絶壁(概要)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖下降 
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・海岸道路
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ・トーレ視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ大聖堂視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フレーレ・プライア海岸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(前)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(後)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレ断崖上教会とレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:フローレBB女性主人インタビュー
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査@ポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Aリ・ガッリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Bネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Cファロ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査D緑の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Eカプリ島上陸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索1
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索2
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査 青の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査F海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Gカントーネ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Hポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:アガタの農場ホテル

●特集:南イタリア紀行 アマルフィ海岸 2008年2月   イタリア
青山貞一:南イタリア紀行  @ローマでそしてナポリで、しばし呆然
青山貞一:南イタリア紀行  A絶壁、絶景のアマルフィ海岸を行く
青山貞一:南イタリア紀行  B紺碧の空と海、絵画のようなアマルフィ
青山貞一:南イタリア紀行  Cアマルフィ大聖堂と広場
青山貞一:南イタリア紀行  Dアマルフィの市民生活
青山貞一:南イタリア紀行  Eワグナーが愛した天空の楽園、ラベッロ
青山貞一:南イタリア紀行  Fラベッロから夕暮れのアマルフィへ、そして夕日
青山貞一:南イタリア紀行  G夕闇迫るポジターノ
●南イタリア紀行: ソレントとその周辺  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ソレントでフェラーリ
青山貞一:南イタリア紀行 Aソレントから見たヴェスヴィオ
青山貞一:南イタリア紀行 Bソレントの夕日
青山貞一:南イタリア紀行 Cサンタニェーロからソレントへ
青山貞一:南イタリア紀行 D秀逸なソレントの伝統工芸
青山貞一:南イタリア紀行 Eソレントの歴史文化魅力の源泉
青山貞一:南イタリア紀行 Fソレント半島西端のカントーネ
●南イタリア紀行:カントーネ  イタリア
青山貞一・池田こみち: 春浅い南イタリア・ソレント半島カントーネを行く
●南イタリア紀行: ポンペイ  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ポンペイ遺跡探訪 ソレントからポンペイへ
青山貞一:南イタリア紀行 Aポンペイ遺跡探訪 バジリカ・フォロ
青山貞一:南イタリア紀行 Bポンペイ遺跡探訪 生活・富裕家のフラスコ画
青山貞一:南イタリア紀行 Cポンペイ遺跡探訪 闘技場・大体育場・娼館
青山貞一:南イタリア紀行 Dポンペイ遺跡探訪 街路計画・排水路
青山貞一:南イタリア紀行 Eポンペイ遺跡探訪 秘儀荘
青山貞一:南イタリア紀行 Fポンペイ遺跡探訪 人体レリーフ
●南イタリアの「にゃん」と「わん」   イタリア
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Bサンタニェーロ・ソレント
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Cアマルフィ・ラヴェロ
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Dネラーノ・カントーネ
●特集:円高を大いに生かし世界を旅しよう!
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (1)円高は悪なのか?
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (2)ホテル代
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (3)航空運賃
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (4)現地物価
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (5)安くないパッケージツアー
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (6)自分流ツアー実例(バルト3国+北欧2国)