テーマ:ポンペイ(Pompei)  
 Alternative Media

E-wave Tokyo

青山貞一 Teiichi Aoyama 池田こみち Komichi Ikeda
無断転載禁 Since March 2004
小さくてもキラリと光る持続可能な社会の姿を求め
春まだ浅い南イタリア・アマルフィ海岸を行く

                   Sud Italia in primavera, andare in Costiera Amalfitana                     
ポンペイ(Pompei)  基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ
アマルフィ アトラーニ ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ ヴィエトリ・スル・マーレ  参考 ポンペイ ナポリ サレルノ
最新論考 2013年6月 アマルフィ海岸現地視察調査報告 <125本 全体メニュー>

ポンペイ遺跡にて
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


    
ソレント半島及びアマルフィ海岸の位置


ポンペイの中心部 出典:Google Map


アマルフィ海岸コムーネの位置図  Source:Google Map


ポンペイの地図 出典:グーグルマップ



ポンペイ遺跡にて
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


ヴェスヴィオ大噴火


現在のヴェスヴィオの勇姿  Source:Wikipedia Italia

AD79年のヴェスヴィオ大噴火とポンペイ

 サンタニェーロはソレント半島の先端に近い一部だが、そのソレント半島の付け根の北側には、有名な火山、ヴェスヴィオ山がある。

 ヴェスヴィオの麓にあるまち、ポンペイはローマ帝国の属国となり、ローマ人の余暇地として栄えた。最盛期の人口は約2万人といわれる。噴火直後に当時のローマ皇帝ティトゥスはポンペイに使者を出すが、市は壊滅したあとだった。市民の大多数はローマなどに逃げたが、助からなかった市民も多くいた。

 軍人でもあった博物学者の大プリニウスは、ポンペイの市民を救助するために船で急行したが、煙に巻かれて死んだことが甥の小プリニウスによる当時の記述により知られている。現代のポンペイは人口25,751人のイタリア共和国カンパニア州ナポリ県のコムーネの一つであり、その中心部は古代遺跡とは少し離れている。
 .....

 紀元62年2月5日、激しい"地震"が麓のまちポンペイを襲った。これにより、ポンペイや他のカンパニア諸都市は大きな被害を受けた。まちはすぐに以前より立派に再建されたが、その再建作業も完全に終わらない前の紀元79年8月24日、ヴェスヴィオ火山が大噴火し、一昼夜に渡って火山灰が降り続け、翌25日に完全に地中に埋まった。

 下図はヴェスヴィオ大噴火の影響範囲を示したものである。風下のポンペイがもっとも影響を受けた。さらに大噴火の影響はソレント半島の東部及びアマルフィ海岸にも及んだが、幸いヴェスヴィオ山とアマルフィ海岸の間には山岳があり、影響はかなり緩和された。


ヴェスビオ山大噴火の影響範囲 L'eruzione del 79 d.C.


 当時の、唯一の信頼できる記録は、死亡した大プリニウスの甥の小プリニウスが歴史学者タキトゥスに宛てた手紙である。

 これによると、大プリニウスはヴェスヴィオ火山の山頂、火口付近から、松の木のような形の暗い雲を見た。雲は山の斜面を急速に下り、海にまで雪崩れ込んだ。そして雲は火口から海までを覆った。小プリニウスが書いたこの現象は、現在では火砕流として知られる。

これは、火山が噴火したときに、高温ガスや灰や岩石が雪崩れのように流れる現象である。プリニウスは、爆発時に地震を感じ、地面は非常に揺れたと述べた。さらに、灰がどんどん積もり、彼がいた村から逃げなければならなかった。そして、海の水がみるみる引いていき、「津波」がおきた。


現在のヴェイスヴィオ山の勇姿、噴火口と外輪山がよく見える

 ただし、当時のヨーロッパ人は津波(Tsunami)という言葉を持っていなかったので、プリニウスの表現は違っている。プリニウスは太陽が爆発によって覆われてよく見えなかったと続いている。大プリニウスはこの現象を調査するため、船で再び陸に向かったが、窒息して死んだ。二酸化炭素中毒によるもの(訳者註:二酸化硫黄のことか?)と現在では考えられている。

 なお、大噴火後のヴェスヴィオ山は、浅間山同様見る角度によって大きくその形を変えている。

参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グーグルアースで3次元展開したヴェスヴィオ山 作成:青山貞一

ヴェスヴィオ大噴火 Eruzione del Vesuvio
     
ヴェスヴィオス大噴火イメージ図  
Source:Da Wikipedia, l'enciclopedia libera.



○ポンペイ(ラテン語:Pompeii、イタリア語:Pompei)

 1世紀までナポリ近郊にあった都市国家。

 ヴェスヴィオ火山の大噴火により、79年に壊滅した。18世紀に発掘が開始され、現在は主要な部分が有料で一般公開されている。その遺跡は世界遺産になっている。


○ヴェスヴィオ(Vesuvio)

 イタリア・カンパニア州にある火山。ナポリから東へ約9キロメーターのナポリ湾岸にある。現在は噴火していない。

 標高は1,281m。日本ではベスビオ火山と表記されることが多い。イタリア語ではヴェズーヴィオ。英語からヴェスヴィアス、ラテン語からウェスウィウス、あるいはヴェスヴィオスとも呼ばれる。狭義のヴェスヴィオ山を、ソンマ山(1,132m)とよばれる外輪山が取り巻いた複合成層火山。

 紀元後79年8月24日の大噴火が有名であり、この時、噴出物(火砕流)でポンペイ市を、泥流でヘルクラネウム(現在のエルコラーノ)を埋没させた。この噴火の様子は小プリニウスの書簡により詳細な描写が残されており、ヴェスヴィオ山のように大量の軽石や火山灰を高く噴き上げる大規模な噴火をプリニー式噴火というようになった。以降頻繁に噴火を繰り返している。最近の噴火は1944年3月22日のもので、サン・セバスティアーノ村を埋没させた。

 1880年には山麓から火口まで登山電車(フニコラーレ)が開通した。これを記念して作られた歌(いわゆるコマーシャルソング)がナポリ民謡『フニクリ・フニクラ』である。この登山電車は前述の1944年の噴火で破壊された(のちに1990年に復旧・再開された)。

参考: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Eruzione del Vesuvio del 1794, con la processione dell'Immacolata
Source:Wikipedia Italia
Eruzione del Vesuvio del 1760-1761
Source:Wikipedia Italia


ヴェスヴィオとポンペイ遺跡  
資料画像出典


南イタリア ヴェスヴィオ 大噴火の歴史

Sourece:http://www.youtube.com/watch?v=7bkdrwoRVTk 


<参考> 日本の浅間山の大噴火

浅間山大噴火と鎌原村(天明3年、1783)

 
天明3年の大噴火は5月9日にはじまり、7月26日以降は絶え間ない噴火が続いた。8月4日には遂に吾妻火砕流が発生。翌5日にはあの悲惨な鎌原火砕流と鬼押し出しの溶岩流を起こし、しばらく終息に向かった。

 この噴火はすごい者で、「浅間山変異記」によると、「8月5日、暁4時より甚だしき大焼く、8時より11時に至る3時間は前代未聞の噴火にて、鳴動の激烈なること千萬の雷、一度にとどろくというも愚かなり。総身唯是。恐怖の魂。痛烈なる響音は、棒をもって胸を突き倒すごとくなり」と記されている。

 噴煙は関東に流れ、砂石を含む降灰は離山以東の軽井沢に4尺(約1.32m)、碓氷峠に5尺余り、松井田2尺、安中・高崎は1尺、遠く江戸にも一寸あまり(約3.3cm)に及んだという。浅間北麓の吾妻郡鎌原村を中心に火砕流に見回れ、犠牲者は総数1,370余名にのぼった。3尺を越す熱灰をこうむった地域の植物はほとんど死滅したと思われていた。


                 
 (長野県立小諸高等学校地学クラブの研究より)


上図はグーグルアースで3次元展開した
浅間山(群馬県と長野県の県境) 作成:青山貞一

上図はグーグルアースで3次元展開した浅間山の火口部分 作成:青山貞一


ポンペイ遺跡(世界遺産)短訪


ソレント・サンタニェーロからポンペイへの道筋
電車で約25−30分

※使用した交通機関
 ソレントやサンタニェーロからポンペイへは、ヴェスヴィオ周遊鉄道のサンタニェーロ駅から約25分でポンペイ(秘儀社荘)の駅に到着する。駅の真ん前から世界遺産のポンペイ遺跡が展開しているある。


ヴェスヴィオ周遊鉄道ポインペイ駅(Pompei Scavi)
撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S10


ヴェスヴィオ周遊鉄道ポインペイ駅(Pompei Scavi)
撮影:青山貞一 Nikon CoolPix S10


グーグルマップ・アースで見るポンペイ!



以下の写真はヴェスヴィオの大噴火によって火山灰と火砕流がポンペイの町を襲ったときの史実の一部である
 
ポンペイ遺跡の入り口を入ってすぐの場所
撮影:池田こみち Nikon CoolPix S10


バジリカの建造物。正面に見えるのは裁判官用の建物
撮影:池田こみち Nikon CoolPix S10

遺跡発掘時のデザイン画
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


イシス神殿の正面
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10
ポンペイ遺跡全体図




ポンペイ遺跡にて

撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10



大噴火時の神殿周辺の絵画  出典:ポンペイ遺跡の展示板より
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10



大噴火前の神殿周辺の絵画   

出典:ポンペイ遺跡の展示板より
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

ステファノの洗濯屋
撮影:池田こみち、Nikon CoolPix S10


飲食店
撮影:池田こみち、Nikon CoolPix S10

路(排水路)に立つ筆者。この道路には轍(わだち)がある!
撮影:池田こみちNikon CoolPix S10



「フォロの浴場」からの排水も「道路」(=排水路)に流れ込む
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10
ポンペイ遺跡全体図


         
  ポンペイ遺跡の街区には真ん中に道路と両側に歩道がついている        この道路(排水路)には勾配がついている          主要な道路(排水路)でも歩道があることが分かる 
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

     
人体レリーフ 撮影
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10



円形野外闘技場の外観
撮影:池田こみち、Nikon CoolPix S10


円形野外闘技場の内部
撮影:池田こみち、Nikon CoolPix S10
秘儀社に行く途中にあったラッパスイセンの畑。すばらしいのひとこと
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

下は外から見た秘儀社荘(Villa Del Misteri)
見て分かるように柱から上の屋根や壁が再現されている
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

        
       秘儀社荘(Villa Del Misteri)の屋根瓦           秘儀社荘(Villa Del Misteri)内部         秘儀社荘(Villa Del Misteri)の居室跡
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


これは秘儀社(荘)に展示されている母親が子供を抱えたまま亡くなったレリーフ
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


ポンペイの赤色(Pompei Red)あざやかな壁画
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

ポンペイの赤色(Pompei Red)あざやかな壁画
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


Title >Pompei | part 1 | HD | Pompeii 

Source:http://www.youtube.com/watch?v=lfnmS-5AShM 


Title >Pompei | part 2 | HD | Pompeii 

Source:http://www.youtube.com/watch?v=SMdqgWQxMmM&feature=related


ヴェスヴィオ、ポンペイ、ソレント半島、アマルフィ海岸の地形


ヴェスヴィオとポンペイの位置関係と地形
 出典:Google Map


Ricostruzione della morte di Plinio il vecchio in una stampa del XIX secolo
Source:Wikipedia Italia

   







ヴェスヴィオとサンタニェーロ、ソレントの位置関係と地形
 出典:Google Map



ヴェスビオ山大噴火の影響範囲 L'eruzione del 79 d.C.
Source:Wikipedia Italia
 

Carta storica del Vesuvio - 1888  
Source:Wikipedia Italia


◆ポンペイ大聖堂の塔からの絶景

 以下はポンペイ大聖堂における朝の礼拝(ミサ)の貴重な動画です。パイプオルガンの音も綺麗に入っています。


動画撮影:青山貞一 Victor GZ-256E 2013-6-4

 ポンペイの教会の塔に上るのは有料です。一人2ユーロで、教会の売店で切符を購入すると、
エレベータを運転する係のおじいさんがやってきて同乗し、案内してくれます。
教会の鐘は4トンあるとか、塔の高さは80mでパノラマが美しいとか。
そして、「今日はヴェスビオス火山が雲の帽子をかぶっているね」と
親しげに話していたのが印象的でした。

 下に撮影した写真の一部をお見せします。あいにくこの日の午前は曇天で
美しい空の色はありません。遠くに見える雲に隠れているのがヴェスビオ山です。
また左側のみどりの部分がポンペイ遺跡の一部です。


ポンペイ大聖堂の鐘楼から見たポンペイ遺跡とヴェスビオ山
撮影:青山貞一 Digital Camera Coolpix S8 2013-6-4

 下の動画はポンペイ大聖堂の隣にある80m高の鐘楼から撮影したパノラマです。


動画撮影:青山貞一 Victor HD ビデオカメラ GZ-256E 2013-6-4


アマルフィ海岸現地調査計画

ソレント半島・アマルフィ海岸主要図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast


ソレント半島・アマルフィ海岸全図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast

アマルフィ海岸現地調査計画
すでに実行分 2008.2  計画 2011.3予定 
Naples Bay ポンペイ
Pompei
ソレント サンタニェーロ 25751
Sorrento  Sant' Angello
16536  8421
アジェ-ロラ ラヴェッロ
Agerola Ravello
7348 2508
ファロ カントーネ サンピエトロ ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・ディ
マリーニ
アマルフィ アトラーニ  ミノーリ マイオリ  チェ・ターラ ヴィエトリ
Faro Cantone San Pietro Positano Praiano Furore Conca dei
Marini
Amalfi Atrani Minori Maiori CeTara Vietri サレルノ
1640 3882 1915 810 697 5428 965 3023 5740 2357 8543 Salerno
Tyrrhenian Sea 138188
()内は人口、出典 http://campania.indettaglio.it/eng/province/sa/la_provincia_di_salerno.html

<アマルフィ海岸・ソレント半島>
基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント 
ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ アマルフィ アトラーニ 
ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ ヴィエトリ・スル・マーレ  
参考 ポンペイ ナポリ サレルノ


<関連論考1 初夏のアマルフィ海岸を行く 2013年6月
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 1日目:ローマ〜ポンペイ・BB
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:ポンペイ大聖堂


<関連論考2>
◆特集:青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く ダイジェスト
本特集は第三次アマルフィ海岸持続可能性調査(11日間)のダイジェストで70本続きます!
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <1>調査の目的
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <2>調査の対象・項目
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <3>移動手段、宿泊施設、物価、天気
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 1日目:ローマ〜ポンペイ・BB
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:ポンペイ〜ソレント
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:学術訪問・ヴェスビオ博物館
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:マッサ・ルブレンセのシークラブ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:シークラブから見たカプリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:イエラント入江(海洋自然保護区)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:特別踏査・プンタ海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・歴史的建築物保存
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・ネラーノのトーレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:ネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ロブラ漁港
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:マルチャーノ教会と修道院
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:トルカとクラッポラの断崖絶壁
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ポジターノに向かう
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:プライアーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレのレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレのBB近くを散策
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ断崖絶壁(概要)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖下降 
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・海岸道路
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ・トーレ視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ大聖堂視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フレーレ・プライア海岸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(前)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(後)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレ断崖上教会とレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:フローレBB女性主人インタビュー
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査@ポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Aリ・ガッリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Bネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Cファロ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査D緑の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Eカプリ島上陸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索1
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索2
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査 青の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査F海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Gカントーネ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Hポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:アガタの農場ホテル


<関連論考>
◆特集:青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く ダイジェスト
本特集は第三次アマルフィ海岸持続可能性調査(11日間)のダイジェストで70本続きます!
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <1>調査の目的
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <2>調査の対象・項目
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <3>移動手段、宿泊施設、物価、天気
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 1日目:ローマ〜ポンペイ・BB
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:ポンペイ〜ソレント
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:学術訪問・ヴェスビオ博物館
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:マッサ・ルブレンセのシークラブ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:シークラブから見たカプリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:イエラント入江(海洋自然保護区)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:特別踏査・プンタ海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・歴史的建築物保存
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・ネラーノのトーレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:ネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ロブラ漁港
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:マルチャーノ教会と修道院
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:トルカとクラッポラの断崖絶壁
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ポジターノに向かう
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:プライアーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレのレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレのBB近くを散策
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ断崖絶壁(概要)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖下降 
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・海岸道路
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ・トーレ視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ大聖堂視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フレーレ・プライア海岸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(前)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(後)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレ断崖上教会とレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:フローレBB女性主人インタビュー
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査@ポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Aリ・ガッリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Bネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Cファロ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査D緑の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Eカプリ島上陸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索1
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索2
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査 青の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査F海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Gカントーネ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Hポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:アガタの農場ホテル
●特集:南イタリア紀行 アマルフィ海岸 2008年2月   イタリア
青山貞一:南イタリア紀行  @ローマでそしてナポリで、しばし呆然
青山貞一:南イタリア紀行  A絶壁、絶景のアマルフィ海岸を行く
青山貞一:南イタリア紀行  B紺碧の空と海、絵画のようなアマルフィ
青山貞一:南イタリア紀行  Cアマルフィ大聖堂と広場
青山貞一:南イタリア紀行  Dアマルフィの市民生活
青山貞一:南イタリア紀行  Eワグナーが愛した天空の楽園、ラベッロ
青山貞一:南イタリア紀行  Fラベッロから夕暮れのアマルフィへ、そして夕日
青山貞一:南イタリア紀行  G夕闇迫るポジターノ
●南イタリア紀行: ソレントとその周辺  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ソレントでフェラーリ
青山貞一:南イタリア紀行 Aソレントから見たヴェスヴィオ
青山貞一:南イタリア紀行 Bソレントの夕日
青山貞一:南イタリア紀行 Cサンタニェーロからソレントへ
青山貞一:南イタリア紀行 D秀逸なソレントの伝統工芸
青山貞一:南イタリア紀行 Eソレントの歴史文化魅力の源泉
青山貞一:南イタリア紀行 Fソレント半島西端のカントーネ
●南イタリア紀行:カントーネ  イタリア
青山貞一・池田こみち: 春浅い南イタリア・ソレント半島カントーネを行く
●南イタリア紀行: ポンペイ  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ポンペイ遺跡探訪 ソレントからポンペイへ
青山貞一:南イタリア紀行 Aポンペイ遺跡探訪 バジリカ・フォロ
青山貞一:南イタリア紀行 Bポンペイ遺跡探訪 生活・富裕家のフラスコ画
青山貞一:南イタリア紀行 Cポンペイ遺跡探訪 闘技場・大体育場・娼館
青山貞一:南イタリア紀行 Dポンペイ遺跡探訪 街路計画・排水路
青山貞一:南イタリア紀行 Eポンペイ遺跡探訪 秘儀荘
青山貞一:南イタリア紀行 Fポンペイ遺跡探訪 人体レリーフ
●南イタリアの「にゃん」と「わん」   イタリア
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Bサンタニェーロ・ソレント
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Cアマルフィ・ラヴェロ
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Dネラーノ・カントーネ
●特集:円高を大いに生かし世界を旅しよう!
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (1)円高は悪なのか?
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (2)ホテル代
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (3)航空運賃
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (4)現地物価
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (5)安くないパッケージツアー
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (6)自分流ツアー実例(バルト3国+北欧2国)