テーマ:コンカ・デイ・マリーニ(Conca dei Marini)   
 Alternative Media

E-wave Tokyo

青山貞一
Teiichi Aoyama 池田こみち Komichi Ikeda
無断転載禁 Since March 2004
小さくてもキラリと光る持続可能な社会の姿を求め
春まだ浅い南イタリア・アマルフィ海岸を行く

                Sud Italia in primavera, andare in Costiera Amalfitana                  
コンカ・デイ・マリーニ(Conca dei Marini)  基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ
アマルフィ アトラーニ ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ ヴィエトリ・スル・マーレ  参考 ポンペイ ナポリ サレルノ    
最新論考 2013年6月 アマルフィ海岸現地視察調査報告 <125本 全体メニュー>

フローレとアマルフィの中間点のアマルフィ海岸にあるコンカ・デイ・マリーニ
ここが"エメラルドの洞窟"(The Grotta dello Smeraldo)の入口となる

Cape Conca and the area of the entrance to the grotto
Source:Wikipedia Italia


 
コンカ・デイ・マリーニからアマルフィ方面を見た景観。断崖にまちがあるかが分かる。
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8 2011年3月

    
ソレント半島及びアマルフィ海岸の位置
。真ん中はコンカ・デイ・マリーニの紋章


アマルフィ市役所にある古代アマルフィ海洋共和国の紋章
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011年3月

自治体
名称
距離 標高
(m)
人口 世帯 平均
年齢
製造業
企業数
従業
員数
サービス
企業数
従業
員数
一次
企業
就業
者数
行政
事務所
職員
自動車
保有
台数
住民
所得
総計
(億円)
住民
平均
年収
(万円)
Conca dei
Marini
30 0-424 697 306 43.0 8 28 14 38 20 59 3 31 498 6.06 97.2
Source:青山貞一・池田こみち、環境総合研究所(東京都品川区)


撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8

コンカ・デイ・マリーニの公式Web


アマルフィ海岸コムーネの位置図  Source:Google Map


アマルフィ、ミノーリの上空からソレント半島の先端(カントーネ)を見た立体図
ソレント半島の左側がアマルフィ海岸。半島の右側にソレントがある。
急峻な断崖絶壁の地形にカントーネ、ポジターノ、アマルフィなどのまちがへばりついている


コンカデイマリニーニ  出典:Google Map



フローレとの境界の断崖絶壁の上に掲示されているコンカ・ディ・マリーニコムーネの解説
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011.3


フローレとコンカ・デイ・マリーニの境界上にて 
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011.3



撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011.3

■コンカ・デイ・マリーニの歴史

 プライオーリ、フローレとアマルフィの間に位置するコンカ・デイ・マリーニの歴史的起源は、紀元前にさかのぼる。歴史書によれば、コンカ・デイ・マリーニは紀元前のハンニバルによる第二次ポエニ戦争にさかのぼり(481 BC)、ローマのコロニーの一つであったと言われている。

  コンカ・デイ・マリーニは12世紀末のリチャード獅子心王、1191年のイングランド王の旅行記などにでてくる。そこでは、コンカ・デイ・マリーニの遺跡が刑務所そして要塞陣地として使われていたとされている。


コンカ・デイ・マリーニの半島(岬)にある要塞(見張り台)
影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011.3


コンカ・デイ・マリーニの半島にある要塞(見張り台)
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011.3


コンカ・デイ・マリーニの岬の付け根部分
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011.3

マッサ ルブレンセ: 写真
コンカ・デイ・マリーニ (トリップアドバイザー提供)

 コンカ・デイ・マリーニは地中海のすべての国との関係を持っており、その海軍力と商業力で有名であったとされている。その結果、コンカ・デイ・マリーニは、所有する船舶で中東を含む地中海各地に豊富な食物を運び多くの利益を得ていた。この地中海での海運、交易は、シチリア、ナポリを支配したアンジュー王朝の下で何世紀にもわたり、積極的かつ継続的に行われコンカ・デイ・マリーニの繁栄に寄与したとされる。

 コンカ・デイ・マリーニは、13世紀になってビザンチン帝国が崩壊した後、東と西の間の商業や通信が隔絶したあと、東西を介在し、木材などをサルデーニャ、リグーリアをフランス、スペインの港に輸送していた。

 16世紀、コンカ・デイ・マリーニは従来の古い商船を新しい船舶に置き換えることで、黒海、アドリア海のマルマラとの航海を可能にした。それらの商船はヴェネツィア、トリエステ、イスタンブール、イズミールさらにオデッサにも停泊していた。だが、コンカ・デイ・マリーニの航海はしばしばギリシアやトルコの海賊から攻撃にさらされていた。


撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S8  2011.3

 コンカ・デイ・マリーニが遭遇したもう一つの打撃は、1528年と1556年に起きたペストの惨劇だった。1650年に書かれた書物には、当時のコンカ・デイ・マリーニの状態が示されていた。

 その後もコンカ・デイ・マリーニは旅行や商業のために巨大な船を整備し、地中海の海上交易を盛んに行った。背後地のアジェーロラの木材、サレルノのトウモロコシ、ソレントのワインなどを輸送した。

 このように、コンカ・デイ・マリーニは、歴史的に地中海における活発かつ継続的な海運交易に係わってきた。


コンカ・デイ・マリーニの半島にある要塞(見張り台)
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

サンタ・マリア・ディ・グラード教会 Santa Maria di Grado (Conca dei Marini)

 サンタ・マリア・ディ・グラードの教会は9世紀にまでさかのぼる。教会は、自然災害によって破壊されたが10世紀に再建された。その後も破壊と再建を繰り返していたため、元の建築物を見ることはできない。

  1539年、司教ジョヴァンニ・フェルディナンドは、教会の隣に修道院を建設したが、17世紀に教会は劣悪な状況となったためコンカ・デイ・マニーの役場に寄付している。教会はタイルとアーチ型丸天井で覆われた長方形の部屋で構成されている。サンタローザ・ディ・リマに捧げられた修道院と教会は典型的な後期バロック建築様式で装飾されている。


サンタ・マリア・ディ・グラード教会 Source:Italiano Wikipedia


サンタ・マリア・ディ・グラード教会内部 Source:Italiano Wikipedia


■聖ヨハネ教会 The church of Saint John the Baptist

 以下は、パドヴァの聖アントニウス(1694年12月26日からコンカ・デイ・マリーニの公式の教会となった)の教会として知られる聖ヨハネ教会は、起源は不明だが古代の宗教建築物である。

 1416年にコンカ・デイ・マリーニ領主、ジェームズSarcayaは、聖ヨハネ教区における司祭を任命する権利を持っていたことを証明する公式文書の中で、洗礼者聖ヨハネの教会は、高い崖の上に立ち流域内の水全体を支配していると綴っている。

 教会はかつてマジョリカタイルとラテン語のフレーズPROTEGAM
CIVITATEM ISTAM伴う聖アントニウスのバロック様式尖塔と鐘楼が特徴となっている。これらは1909年に修復されており、さらに1980年11月に起きたイルピーニア地震により破壊され、1990年に復元されている。



聖ヨハネ教会 The church of Saint John the Baptist
Source:Italiano Wikipedia



聖ミカエル教会

 聖ミカエル教会は、その起源は不明だが非常に古い教会である。ある文書では聖ミカエル教会が、この値に1208年前に存在していたことが記されている。

 教会は、同じ大きさの2つの建物より構成されている。教会には主祭壇、長老を分ける2つの大理石の欄干、4側面の礼拝堂があり、そこにはナポリ教区の絵画、古いオルガンがあるが、これらは18世紀のものである。

 小さな木製の説教壇と聖具室は、1824年に完成している。塔は円筒形をしている。建物は1980年の大地震に見舞われたが、現在復元されており、礼拝が可能となっている



聖ミカエル教会 Chiesa di San Michele Arcangelo
Source:Italiano Wikipedia


コンカ・デイ・マリーニの宗教的祭り
 
 以下は、毎年2月15日にコンカ・デイ・マリーニで行われるパドヴァ聖アントニウスの宗教的祭りである。2008年、2011年とも3月に現地視察しているので儀式を視察できなかったが、小さな村の重要な行事となっている。

 直訳すると「手のひら日曜日」
といわれる日、信徒はヤシの葉を持参して教会に行く。保護のシンボルとして、教会の礼拝の後、祝福されたヤシの木を家に持ち帰り家の入り口や好きな場所に飾っている。



コンカ・デイ・マリーニに伝わる宗教儀式
Source:Italiano Wikipedia


コンカ・デイ・マリーニに伝わる宗教儀式
Source:Italiano Wikipedia



■"エメラルドの洞窟"
(The Grotta dello Smeraldo)


 コンカ・ディ・マリーニを有名にしているのはアマルフィ海岸に突き出た海の洞窟、"エメラルドの洞窟"(The Grotta dello Smeraldo)である。ここはフローレではなく、コンカ・デイ・マリーニという村に属する。

 The Grotta dello Smeraldo鮮やかな青エメラルドの光が差し込んでいるの洞窟世界的にもめずらしいものであるこの洞窟は自然洞窟の中でも、ユニークな光を放っている。表面積海抜24メートル洞窟の上で45× 32メートルある有名なの洞窟とは異なりカプリ島西へマイルThe Grotta dello Smeraldo水面の上に自然の出口を持っている。

 外界
への唯一の開口部水面のすぐ下にある。開口部を通って洞窟入った太陽の日光は、The Grotta dello Smeraldo特有エメラルドの輝き与える。


The Grotta dello Smeraldo

 
このThe Grotta dello Smeraldo"エメラルドの洞窟"は、1932年ルイジBuoncoreという名の漁師によって発見された。 "エメラルドの洞窟"は、アマルフィ海岸に沿った幹線道路からアクセスが可能である。道路沿いに小さな駐車場がある。

 正式の番地は  Conca dei Marini, Amalfi, Italy.

 位置は、アマルフィから5km、ポジターノからも数kmの位置

 アクセスは、海からはボート、陸からはバス、自動車で可能。ボートツアーはアマルフィの浜辺の桟橋から定期船や、要望に応じた不定期船が出ている。車は小さな駐車場に置けそこからエレベータでThe Grotta dello Smeraldoに下りることができる。

■"エメラルドの洞窟"(The Grotta dello Smeraldo)

 コンカ・デイ・マリーニの入り江にある洞窟。海の下で外界とつながっている穴があり、そこから光が入り、洞窟内の水がエメラルドグリーンに光輝く。国道からは、入り口にあるエレベータを使って洞窟の入り口まで降り、洞窟に入ったら約20人乗りの船で、ゆっくりと洞窟内を一周してくれる。洞窟内は石灰を多く含む地質が生み出した、鍾乳洞で鍾乳石の形が**に似ている〜など、船頭さんのトークが炸裂する。船のオールでバシャバシャと水をはたき、「こんなに水がエメラルドだよ〜」と見せてくれ、最後には国営放送局が寄贈した海底に沈んだキリスト生誕の人形がでてくる。

★エメラルドの洞窟:入場料5.00ユーロ
★営業時間:09:30〜16:00(通年営業)

以下の動画の最初の部分で フローレと"エメラルドの洞窟"(The Grotta dello Smeraldo)が見れる!


YouTube: http://www.youtube.com/watch?v=s3UjKWEly24&feature=player_embedded 


フローレ、ラヴェッロの上空からソレント半島の先端(カントーネ)を見た立体図
ソレント半島の左側がアマルフィ海岸。半島の右側にソレントがある。
急峻な断崖絶壁の地形にフローレ、ポジターノなどのまちがへばりついていることが分かる。

アマルフィ海岸現地調査計画

ソレント半島・アマルフィ海岸主要図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast


ソレント半島・アマルフィ海岸全図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast

アマルフィ海岸現地調査計画
すでに実行分 2008.2  計画 2011.3予定 
Naples Bay ポンペイ
Pompei
ソレント サンタニェーロ 25751
Sorrento  Sant' Angello
16536  8421
アジェ-ロラ ラヴェッロ
Agerola Ravello
7348 2508
ファロ カントーネ サンピエトロ ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・ディ
マリーニ
アマルフィ アトラーニ  ミノーリ マイオリ  チェ・ターラ ヴィエトリ
Faro Cantone San Pietro Positano Praiano Furore Conca dei
Marini
Amalfi Atrani Minori Maiori CeTara Vietri サレルノ
1640 3882 1915 810 697 5428 965 3023 5740 2357 8543 Salerno
Tyrrhenian Sea 138188
()内は人口、出典 http://campania.indettaglio.it/eng/province/sa/la_provincia_di_salerno.html

<アマルフィ海岸・ソレント半島>
基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント 
ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ アマルフィ アトラーニ 
ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ ヴィエトリ・スル・マーレ  
参考 ポンペイ ナポリ サレルノ

<関連論考>
◆特集:青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く ダイジェスト
本特集は第三次アマルフィ海岸持続可能性調査(11日間)のダイジェストで70本続きます!
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <1>調査の目的
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <2>調査の対象・項目
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <3>移動手段、宿泊施設、物価、天気
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 1日目:ローマ〜ポンペイ・BB
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:ポンペイ〜ソレント
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:学術訪問・ヴェスビオ博物館
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:マッサ・ルブレンセのシークラブ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:シークラブから見たカプリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:イエラント入江(海洋自然保護区)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:特別踏査・プンタ海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・歴史的建築物保存
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・ネラーノのトーレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:ネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ロブラ漁港
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:マルチャーノ教会と修道院
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:トルカとクラッポラの断崖絶壁
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ポジターノに向かう
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:プライアーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレのレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレのBB近くを散策
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ断崖絶壁(概要)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖下降 
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・海岸道路
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ・トーレ視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ大聖堂視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フレーレ・プライア海岸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(前)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(後)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレ断崖上教会とレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:フローレBB女性主人インタビュー
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査@ポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Aリ・ガッリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Bネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Cファロ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査D緑の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Eカプリ島上陸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索1
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索2
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査 青の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査F海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Gカントーネ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Hポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:アガタの農場ホテル


<関連論考>
◆特集:青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く ダイジェスト
本特集は第三次アマルフィ海岸持続可能性調査(11日間)のダイジェストで70本続きます!
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <1>調査の目的
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <2>調査の対象・項目
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <3>移動手段、宿泊施設、物価、天気
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 1日目:ローマ〜ポンペイ・BB
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:ポンペイ〜ソレント
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:学術訪問・ヴェスビオ博物館
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:マッサ・ルブレンセのシークラブ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:シークラブから見たカプリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:イエラント入江(海洋自然保護区)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:特別踏査・プンタ海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・歴史的建築物保存
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・ネラーノのトーレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:ネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ロブラ漁港
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:マルチャーノ教会と修道院
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:トルカとクラッポラの断崖絶壁
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ポジターノに向かう
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:プライアーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレのレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレのBB近くを散策
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ断崖絶壁(概要)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖下降 
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・海岸道路
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ・トーレ視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ大聖堂視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フレーレ・プライア海岸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(前)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(後)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレ断崖上教会とレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:フローレBB女性主人インタビュー
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査@ポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Aリ・ガッリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Bネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Cファロ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査D緑の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Eカプリ島上陸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索1
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索2
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査 青の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査F海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Gカントーネ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Hポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:アガタの農場ホテル
●特集:南イタリア紀行 アマルフィ海岸 2008年2月   イタリア
青山貞一:南イタリア紀行  @ローマでそしてナポリで、しばし呆然
青山貞一:南イタリア紀行  A絶壁、絶景のアマルフィ海岸を行く
青山貞一:南イタリア紀行  B紺碧の空と海、絵画のようなアマルフィ
青山貞一:南イタリア紀行  Cアマルフィ大聖堂と広場
青山貞一:南イタリア紀行  Dアマルフィの市民生活
青山貞一:南イタリア紀行  Eワグナーが愛した天空の楽園、ラベッロ
青山貞一:南イタリア紀行  Fラベッロから夕暮れのアマルフィへ、そして夕日
青山貞一:南イタリア紀行  G夕闇迫るポジターノ
●南イタリア紀行: ソレントとその周辺  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ソレントでフェラーリ
青山貞一:南イタリア紀行 Aソレントから見たヴェスヴィオ
青山貞一:南イタリア紀行 Bソレントの夕日
青山貞一:南イタリア紀行 Cサンタニェーロからソレントへ
青山貞一:南イタリア紀行 D秀逸なソレントの伝統工芸
青山貞一:南イタリア紀行 Eソレントの歴史文化魅力の源泉
青山貞一:南イタリア紀行 Fソレント半島西端のカントーネ
●南イタリア紀行:カントーネ  イタリア
青山貞一・池田こみち: 春浅い南イタリア・ソレント半島カントーネを行く
●南イタリア紀行: ポンペイ  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ポンペイ遺跡探訪 ソレントからポンペイへ
青山貞一:南イタリア紀行 Aポンペイ遺跡探訪 バジリカ・フォロ
青山貞一:南イタリア紀行 Bポンペイ遺跡探訪 生活・富裕家のフラスコ画
青山貞一:南イタリア紀行 Cポンペイ遺跡探訪 闘技場・大体育場・娼館
青山貞一:南イタリア紀行 Dポンペイ遺跡探訪 街路計画・排水路
青山貞一:南イタリア紀行 Eポンペイ遺跡探訪 秘儀荘
青山貞一:南イタリア紀行 Fポンペイ遺跡探訪 人体レリーフ
●南イタリアの「にゃん」と「わん」   イタリア
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Bサンタニェーロ・ソレント
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Cアマルフィ・ラヴェロ
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Dネラーノ・カントーネ
●特集:円高を大いに生かし世界を旅しよう!
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (1)円高は悪なのか?
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (2)ホテル代
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (3)航空運賃
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (4)現地物価
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (5)安くないパッケージツアー
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (6)自分流ツアー実例(バルト3国+北欧2国)