テーマ:ヴィエトリ・スル・マーレ(Mare)
Alternative Media

E-wave Tokyo

青山貞一 Teiichi Aoyama 池田こみち Komichi Ikeda
無断転載禁 Since March 2004
小さくてもキラリと光る持続可能な社会の姿を求め
春まだ浅い南イタリア・アマルフィ海岸を行く

               Sud Italia in primavera, andare in Costiera Amalfitana  
                 
ヴィエトリ・スル・マーレ(Vietri sul Mare)  基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ
アマルフィ アトラーニ ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ ヴィエトリ・スル・マーレ  参考 ポンペイ ナポリ サレルノ    
最新論考 2013年6月 アマルフィ海岸現地視察調査報告 <125本 全体メニュー>

海側から見たヴィエトリ・スル・マーレの壮大な景観
撮影:青山貞一 デジカメ Nikon CoolPix S8 

   
ソレント半島及びアマルフィ海岸の位置。真ん中はヴェエトリ・スル・マーレの紋章

自治体
名称
距離 標高
(m)
人口 世帯 平均
年齢
製造業
企業数
従業
員数
サービス
企業数
従業
員数
一次
企業
就業
者数
行政
事務所
職員
自動車
保有
台数
住民
所得
総計
(億円)
住民
平均
年収
(万円)
Vietri sul Mare 5 0-933 8543 2838 42.7 93 295 210 318 261 843 47 299 5660 88.6 73.5
Source:青山貞一・池田こみち、環境総合研究所(東京都品川区)

ヴェエトリ・スル・マーレの公式Web


アマルフィ海岸コムーネの位置図 ヴィエトリ・スル・マーレは一番東側(右側)で海に面している
 Source:Google Map


アマルフィ海岸のサレルノ側。奧にアマルフィ、ラヴェッロ、中央にミノーリ、マイオーリ、
手前にチェターラ、ヴィエトリ・スル・マーレが見える
出典:グーグル・アース


ヴィエトリ・スル・マーレの地図 出典:グーグルマップ


Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)


ヴィエトリ・スル・マーレの雄大な景観。サレルノ側から撮影
Source:Wikipedia Italiano

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)


ヴィエトリ・スル・マーレの遠景 海の向こうに見える町はサレルノ
撮影:青山貞一 デジカメ Nikon CoolPix S8 
 
Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)


撮影:青山貞一 デジカメ Nikon CoolPix S8


撮影:青山貞一 デジカメ Nikon CoolPix S8

                

               ■ヴィエトリ・スル・マーレの歴史

 ヴィエトリ・スル・マーレ(Vietri sul Mare)が最初に集落をつくったのは、紀元前8世紀から紀元前1世紀ごろ、イタリア半島中部にあった都市国家群のエトルリア(ラテン語: Etruria)であったとされている。

 エトルリアについては、下の地図を参照のこと。

エトルリア(ラテン語: Etruria)は、紀元前8世紀から紀元前1世紀
ごろにイタリア半島中部にあった都市国家群

 ヴィエトリというまちの名の起源については明確ではないが、ローマ人が入植地を決めたときの"Veteri"という用語から来ているとされている。この神秘的な都市の起源は、古代の碑文にもあったものの依然として謎に包まれている。

 マーレは、11世紀から数世紀の間、他のアマルフィ海岸地域のまちと同じようにアマルフィ公国の一部となり海上交易などで繁栄する。

 下の地図は、11世紀から13世紀半ばの東ローマ帝国(ビザンツ帝国)時代の南イタリア地域を示している。薄紫色の地域が東ローマ帝国の領土ないし影響下の土地を意味するが、ナポリやアマルフィはぎりぎりその外側に位置していることが分かる。一方、サレルノは東ローマ帝国の領土内にあることも分かる。


11世紀以降の東ローマ帝国(ビザンツ帝国)時代の南イタリア。
   出典:Wikipedia

 11世紀にはノルマン人が南イタリアに到来し、イスラム教徒が支配するシチリア島を征服しシチリア王国(オートヴィル朝)を建国する。

 ノルマン人の支配は南イタリアにも拡大され、ナポリ公国は1140年ノルマン人の手に落ち、12世紀にはシチリア王国は婚姻関係によってホーエンシュタウフェン家の神聖ローマ皇帝の支配に移った。

 さらに13世紀半ば以降、南イタリア南部を支配していた東ローマ帝国は衰退の一途を辿ってゆく。ちなみに、オスマントルコが東ローマ帝国のコンスタンチノープルを攻撃し、陥落させたのは、1453年4月である。

 下の地図は、1494年のイタリアである。南イタリアにはナポリ王国とシチリア王国ができていることが分かる。


15世紀終わり(1494年)のイタリア。アマルフィはナポリ王国に包摂されていた。

 15世紀後半から19世紀までナポリ王国とシチリア王国が南イタリアを支配し、サレルノがナポリ王国とシチリア王国の両方の首都となった。

 こうしてヴィエトリは、ルネサンスから19世紀までナポリ王国の領土の一部となったが、行政管理上はサレルノに属するカーヴァ・デ・ ティレーニ(Cava de' Tirreni Italia)の一部となっている。その後の変遷は次の通りである。

 1806年、ヴィエトリはカーヴァ・デ・ ティレーニから独立した。

 さらに1806年から1860年のシチリア王国の時代、ヴィエトリはシチリア王国の首都となったサレルノと同名のサレルノ地域の一部となった。

 1860年から1927年のイタリア王国の時代、ヴィエトリはイタリア王国のサレルノ地区に属していた

 その後、ヴィエトリはイタリアに大きな影響をもつ都市となり、いかなる都市にも属することのない独立したコムーネとなった。

 1944年、数ヶ月、イタリア王、ヴィクター・エマヌエーレIII世がヴィエトリの近くにある ライオ村(Raio)のグアリガ別荘(Villa Guariglia)に滞在した際、ヴィエトリをイタリアの首都にしたことがある。

           ■ヴィエトリ・スル・マーレの秀逸な陶芸

 アマルフィ海岸の諸都市に行くと、小さなお店に綺麗な陶器が所狭しと並べてある。下の写真はラヴェッロの店である。実にカラフルで、いかにもイタリアというデザインと色彩のものばかりである。


ラヴェッロにあった陶器、陶芸のお店
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10 2011.3


 この陶芸、陶器だが、アマルフィ海岸における陶器づくりの歴史は、15世紀にまでさかのぼる。

 アマルフィ海岸の東端にあるヴィエトリは、アマルフィ海岸における陶芸の一大拠点である。

 陶器づくりに使う粘土はヴィエトリの地元にはなく、イタリアの他の地域から輸入されていたが、ヴィエトリは昔から陶器の一大生産拠点として著名であり、その伝統的な手法でつくられる陶器はイタリアの他地域だけでなく、広く地中海諸国、地域にも輸出されてきた。

 下はヴィエトリにある陶芸博物館(Museo delle Ceramiche)である。


陶芸博物館(Museo delle Ceramiche)の表札もヴィエトリの陶器


陶芸博物館(Museo delle Ceramiche)
Source: Wikipedia

 下は時計に応用されているヴィエトリの陶器。このようにヴィエトリの陶芸は、日本やドイツなどの陶芸にも見られるように、さまざまな創意工夫のもと、日常生活品だけでなく、装飾品、芸術作品として幅広く楽しまれている。


ヴィエトリの陶器による時計

 下は池田こみちが2011年3月にラヴェッロに現地調査で行ったとき、ラヴェッロ大聖堂の前にある陶芸ショップで買ったものである。デザイン、色使いともにすばらいものである。


池田こみちがラヴェッロで買ったヴィエトリの陶芸作品
撮影:池田こみち、Black Berry 2013.2.14

 ヴィエトリの陶芸は、歴史ある秀逸な職人の能力により、アマルフィ海岸地域やサレルノだけでなく、遠くシチリアやトスカーナ、さらには地中海の他地域との間での主要な貿易や商取引の大切な材料となっていた。

 またその技術を習得するため、昔から多くの人々がヴィエトリに来ている。これらは今のイタリアの陶器芸術にも通じており、リチャード・ドルカー(Dolker)、アイリーン・グイド、Gambone Kowaliskaといった国際的なアーティストが生まれ、ヴィエトリ陶器の名を世界に発信している。

ヴェィエトリ・スル・マーレレ ライトの景観

 翌朝、B&Bでの食事前に近くにあるライトの教会に行ってみた。幸いにもこの日も快晴、結局、ナポリに着いた初日から今日まですべて快晴でした。

 写真は、B&Bのすぐ近くにあった聖マリア・デレ・グラツィエ教会からの眺望です。海側、山側ともに抜群です。

 下の写真はライトからチェターラ方面を見たものです。高い岩山がそびえています。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

 上記の位置関係をグ-グルアースの3次元立体図で見ると以下のようになります。下図にあるアルボリは、ライト同業、ヴィエトリ・スル・マーレの分散集落のひとつで、ライトよりさらに山側の奥地に入ったところにあります。


グ-グルアースの3次元立体図で見たライトからチェターラ方面

 下の写真は聖マリア・デレ・グラツィエ教会の前庭です。ここからは、サレルノ湾、ティラニア海が一望出来ます。日の出からさして時間が経っていない朝日の長い影が落ちています。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

 下は山がサレルノ湾、ティラニア海に落ちる自然景観の写真です。場所は、聖マリア・デレ・グラツィエ教会の裏から撮影したものです。この先にチェターラ、アマルフィ、ポジターノ、カントーネなど、アマルフィ海岸のコムーネが続くことになります。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

 下もライトの高台から望むサレルノ湾、ティラニア海の景観です。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8

 下は1915年にライトが町として成立したことを記した碑です。ただし額縁は青山が後からつけています。


撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S8


             ■ヴィエトリを彩る楽しい陶芸文化

 
ヴィエトリは、アマルフィ海岸の”ゴージャスな宝石”にたとえられており、来訪者に癒しの場所を提供している。すばらしい紺碧の空と海、それに永遠の太陽がある。
その海はオレンジ、緑、赤、深い青など時刻と気象によって鮮やかなトーンに変わる。

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

 ヴィエトリは、これら素晴らしい地中海の隠れ家であるが、同時に中世からつづく陶芸のまちでもある。

 ヴィエトリの陶芸は、聖なる水の容器、装飾板、燭台、ポット、キッチンポット、花鉢だけでなく、さまざまな々な装飾品、伝統的なアンティークに生きている。

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

 
ヴィエトリのまちの入り口は小さな広場になっており、広場の正面には数軒の陶器のお店が軒を並べている。広場から続くまちのメーンストリートにも陶器を扱うお店が沢山ある。下はヴィエトリのその入り口にあるマッテオッティ広場に飾ってあるマジョリカである。


ヴィエトリの入り口にあるマッテオッティ広場にあるマジョリカ
Source:http://www.comuni-italiani.it/065/157/foto/index.html

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

  芸術的な陶芸とは別に、ヴィエトリは、生活や趣味の手描きの陶器の小さな窯元がひしめく町でもある。

 ヴィエトリはアマルフィ海岸の終点となるサレルノからも程近い小さな町であり、ヴィエトリは「海の上のガラス」という意味ももつ。

 ヴィエトリはその名にふさわしく、まちのあちこちに手描き、手作り陶器による看板や標識、ベンチなどがあり、歩いていて何とも楽しい雰囲気である。素朴な柄で”ぼってり感”が愛らしい陶器なので 時間があったらショップに寄って見てみるとよいだろう。

 このヴィエトリの伝統的な柄はソリメーナ社のマークにもなっている鳥がデザインされたものである。そのほかに動物やレモン、太陽と月など地中海らしい明るいイメージの柄であふれている。

 私達は時間の関係でヴィエトリにあまり多くの時間滞在できなかったが、非常に興味深い陶芸を発見した。以下の写真がそれである。これは陶芸によるヴィエトリのミニチュアである。


撮影:青山貞一 デジカメ Nikon CoolPix S8 


撮影:青山貞一 デジカメ Nikon CoolPix S8 

             ■ヴィエトリ・スル・マーレの著名な場所

 ヴィエトリ市内で最も重要かつ有名な歴史的遺産として、聖ジョヴァンニ・バッティスタ教会(セント・ジョン・ザ・バプティスト教会)がある。この教会の名前はこのまちの守護聖人にちなんで命名された。旧市街地内で最も高い位置にあり、その歴史は10世紀にまでさかのぼる。


鐘楼を持つ聖ジョヴァンニ・バッティスタ教会
撮影:青山貞一 デジカメ Nikon CoolPix S8 

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

 ヴィエトリにはBenincasa、Dragoneaなど5つの村がある。いずれも緑豊かな森林や農業にめぐまれた村だが、そこには周辺の山に登る登山道、エレガントな教区教会、サレルノ湾を見下ろすテラスがあり、教会や修道院には貴重なフレスコ画がある。

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

 ヴィエトリには、聖母教会からマリーナ・ディヴの高台のAlboriという居住区の一角に、その昔サラセン人(イスラム人の意)の攻撃を防ぐためにつくられた見張り台(Torre)がある。この名前もマリーナ・ディ・ヴィエトリ・タワーである。

 このタワーとほぼ同じ見張り台がアマルフィ海岸地域にある。サレルノのタワー、Angellaraタワー、 Crestarellaタワー、チェターラタワー、マイノーリのノルマンタワーなどである。これらの見張り台は海賊船を目撃したら塔にいる番兵は火と煙の信号をたいて、まちや他地域に海賊船の来襲を告げたとされる。

 その他、ヴィエトリにはカエサルの温泉?、カバデティ・レニ、アビー谷、Albori集落などの見所がある。これらの旧跡はコースとなっており楽しむことができる。

 

Vietri sul Mareの写真
Vietri sul Mare (トリップアドバイザー提供)

チェターラに戻るときに通った古い巨大なアーチ橋。


撮影:青山貞一 デジカメ Nikon CoolPix S8

アマルフィ海岸現地調査計画
すでに実行分 2008.2  計画 2011.3予定 
Naples Bay ポンペイ
Pompei
ソレント サンタニェーロ 25751
Sorrento  Sant' Angello
16536  8421
アジェ-ロラ ラヴェッロ
Agerola Ravello
7348 2508
ファロ カントーネ サンピエトロ ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・ディ
マリーニ
アマルフィ アトラーニ  ミノーリ マイオリ  チェ・ターラ ヴィエトリ
Faro Cantone San Pietro Positano Praiano Furore Conca dei
Marini
Amalfi Atrani Minori Maiori CeTara Vietri サレルノ
1640 3882 1915 810 697 5428 965 3023 5740 2357 8543 Salerno
Tyrrhenian Sea 138188
()内は人口、出典 http://campania.indettaglio.it/eng/province/sa/la_provincia_di_salerno.html

<アマルフィ海岸・ソレント半島>
基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント 
ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ アマルフィ アトラーニ 
ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ ヴィエトリ・スル・マーレ  
参考 ポンペイ ナポリ サレルノ

<関連論考1 初夏のアマルフィ海岸を行く 2013年6月
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 8日目:ヴィエトリ・スル・マーレへ 
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 8日目:ヴィエトリ・スル・マーレの概要
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 8日目:ヴィエトリ・スル・マーレの歴史
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 8日目:ライトのみどころ
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 8日目:ライトの陶芸美術館
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 8日目:ライトのグアリグリア邸
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 8日目:ヴィエトリのダウンタウンを散策1
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 8日目:ヴィエトリの聖ヨハネ教会
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 8日目:ヴィエトリのダウンタウンを散策2
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 8日目:ヴィエトリの陶芸作品
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:ライトの景観と生活
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:ライトの聖マリア教会
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:アルボリのまち・景観と生活
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:アルボリの聖マーガレット教会
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:ベニンカーサの墓地と教会
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:ドラクネアのまち・景観と教会
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:デュピーノの景観と教会
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:現地調査の全食事について
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:カーヴァ・ティレーニの概要
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:カーヴァ・ティレーニのみどころ(教会・修道院)1
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:カーヴァ・ティレーニのみどころ(教会・修道院)2
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:カーヴァ・ティレーニのみどころ(市民施設)
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:カーヴァ・ティレーニのみどころ(自然)
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:カーヴァ・ティレーニの聖フランシス教会視察
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:カーヴァ・ティレーニの聖マリア教会視察
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:ヴィエトリ・スル・マーレ 陶芸センター1
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:ヴィエトリ・スル・マーレ 陶芸センター
◆青山・池田:初夏のアマルフィ海岸を行く 9日目:ヴィエトリ・スル・マーレ陶芸


<関連論考2>
◆特集:青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く ダイジェスト
本特集は第三次アマルフィ海岸持続可能性調査(11日間)のダイジェストで70本続きます!
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <1>調査の目的
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <2>調査の対象・項目
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <3>移動手段、宿泊施設、物価、天気
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 1日目:ローマ〜ポンペイ・BB
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:ポンペイ〜ソレント
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:学術訪問・ヴェスビオ博物館
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:マッサ・ルブレンセのシークラブ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:シークラブから見たカプリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:イエラント入江(海洋自然保護区)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:特別踏査・プンタ海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・歴史的建築物保存
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・ネラーノのトーレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:ネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ロブラ漁港
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:マルチャーノ教会と修道院
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:トルカとクラッポラの断崖絶壁
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ポジターノに向かう
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:プライアーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレのレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレのBB近くを散策
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ断崖絶壁(概要)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖下降 
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・海岸道路
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ・トーレ視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ大聖堂視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フレーレ・プライア海岸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(前)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(後)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレ断崖上教会とレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:フローレBB女性主人インタビュー
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査@ポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Aリ・ガッリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Bネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Cファロ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査D緑の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Eカプリ島上陸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索1
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索2
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査 青の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査F海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Gカントーネ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Hポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:アガタの農場ホテル

●特集:南イタリア紀行 アマルフィ海岸 2008年2月   イタリア
青山貞一:南イタリア紀行  @ローマでそしてナポリで、しばし呆然
青山貞一:南イタリア紀行  A絶壁、絶景のアマルフィ海岸を行く
青山貞一:南イタリア紀行  B紺碧の空と海、絵画のようなアマルフィ
青山貞一:南イタリア紀行  Cアマルフィ大聖堂と広場
青山貞一:南イタリア紀行  Dアマルフィの市民生活
青山貞一:南イタリア紀行  Eワグナーが愛した天空の楽園、ラベッロ
青山貞一:南イタリア紀行  Fラベッロから夕暮れのアマルフィへ、そして夕日
青山貞一:南イタリア紀行  G夕闇迫るポジターノ
●南イタリア紀行: ソレントとその周辺  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ソレントでフェラーリ
青山貞一:南イタリア紀行 Aソレントから見たヴェスヴィオ
青山貞一:南イタリア紀行 Bソレントの夕日
青山貞一:南イタリア紀行 Cサンタニェーロからソレントへ
青山貞一:南イタリア紀行 D秀逸なソレントの伝統工芸
青山貞一:南イタリア紀行 Eソレントの歴史文化魅力の源泉
青山貞一:南イタリア紀行 Fソレント半島西端のカントーネ
●南イタリア紀行:カントーネ  イタリア
青山貞一・池田こみち: 春浅い南イタリア・ソレント半島カントーネを行く
●南イタリア紀行: ポンペイ  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ポンペイ遺跡探訪 ソレントからポンペイへ
青山貞一:南イタリア紀行 Aポンペイ遺跡探訪 バジリカ・フォロ
青山貞一:南イタリア紀行 Bポンペイ遺跡探訪 生活・富裕家のフラスコ画
青山貞一:南イタリア紀行 Cポンペイ遺跡探訪 闘技場・大体育場・娼館
青山貞一:南イタリア紀行 Dポンペイ遺跡探訪 街路計画・排水路
青山貞一:南イタリア紀行 Eポンペイ遺跡探訪 秘儀荘
青山貞一:南イタリア紀行 Fポンペイ遺跡探訪 人体レリーフ
●南イタリアの「にゃん」と「わん」   イタリア
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Bサンタニェーロ・ソレント
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Cアマルフィ・ラヴェロ
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Dネラーノ・カントーネ
●特集:円高を大いに生かし世界を旅しよう!
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (1)円高は悪なのか?
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (2)ホテル代
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (3)航空運賃
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (4)現地物価
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (5)安くないパッケージツアー
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (6)自分流ツアー実例(バルト3国+北欧2国)