テーマ:サンタニェーロ(Sant'Angello)    
 Alternative Media

E-wave Tokyo

青山貞一 Teiichi Aoyama 池田こみち Komichi Ikeda
無断転載禁 Since March 2004
小さくてもキラリと光る持続可能な社会の姿を求め
春まだ浅い南イタリア・アマルフィ海岸を行く

                Sud Italia in primavera, andare in Costiera Amalfitana                  
サンタニェーロ(Sant' Agnello)  基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ
アマルフィ アトラーニ ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ ヴィエトリ・スル・マーレ  参考 ポンペイ ナポリ サレルノ    
最新論考 2013年6月 アマルフィ海岸現地視察調査報告 <125本 全体メニュー>

サンタニェーロから見たヴェスヴィオの夜明け

    
ソレント半島及びアマルフィ海岸の位置
。真ん中はサンタニェーロの紋章

自治体
名称
距離 標高
(m)
人口 世帯 平均
年齢
製造業
企業数
従業
員数
サービス
企業数
従業
員数
一次
企業
就業
者数
行政
事務所
職員
自動車
保有
台数
住民
所得
総計
(億円)
住民
平均
年収
(万円)
Sant'
Anello
49 0-524 8421 2895 41.3 352 1.156 142 510 602 1326 24 618 7008 97.5 107
Source:青山貞一・池田こみち、環境総合研究所(東京都品川区)


サンタニェーロの中心部   Source:Google Map

ピアノ・ディ・ソレントの公式Web


アマルフィ海岸コムーネの位置図  Source:Google Map


ナポリ側から見たソレント半島。先方に見える島がカプリ島
半島の高い山を隔てた左側がアマルフィ海岸となる
真ん中より右がマッサルブレンセ、真ん中がソレント、
手前がサンタニェーロ、ピアノディソレントとなる
Source:Google Earth


サンタニェーロの地図 出典:Google Map



サンタニェーロのまちを背景に 青山貞一 2011年3月11日
撮影:池田こみち Nikon Coolpix S10


サンタニェーロのまちを背景に 池田こみち 2011年3月11日
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S10


サンタニェーロから見たヴェスヴィオの夜明け
撮影:青山貞一 Nikon Coolpix S10


ナポリ湾とヴェスヴィオス
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


こんな朝焼けの日もありました!
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


 サンタニェーロはイタリア語でSant' Angello、英語でSt. Angel(セント・エンジェル)は、日本語に直訳すれば「聖なる天使」という意味。

 サンタニェーロはソレント半島の北側(アマルフィ海岸の反対側)にあり、カンツォーネ「帰れソレントへ」で有名な古都ソレントのすぐ東に位置している。喧噪なまちが多いイタリアにあって、閑静な住宅地である。そのサンタニェーロは、ソレント同様、ナポリ湾に面している。



 サンタニェーロのまちの存在を知ったのは、偶然だ。当初、ソレントに宿をとるべくグーグル検索で調べていたところ、ソレントの東隣にSaint' Angelloというまちがあり、リーズナブルなホテルがあったのがサンタニェーロであった。当初は発音も分からなかったが、実際に行ってみたらナポリ湾に面する高級住宅地といった風情のまちだった。


宿泊したホテルの窓からナポリ湾側を見る
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

 当日はローマからナポリまで列車で行き、ナポリ空港からソレントまで長距離バスで移動した。当初の予定では、ナポリでレンタカーを借りるはずだったが、ローマでカードの盗難にあり、国際自動車免許をもっていたものの、レンタカーが借りられず、仕方なく長距離バスでソレントに向かった。

 長距離バスは1時間ちょっとでソレント駅に到着したが、外は生憎の雨。滅多に乗らないタクシーで歴史と行く所ある石畳のイタリア街道からサンタニェーロにあるホテルB&B(Port Salvo)に向かった。


宿泊したホテルの窓からナポリ湾が見える
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

  
              サンタニェーロのB&Bの庭にいたクロ色のおにゃんこ

                           撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

 シーズンオフでホテルは改装中、何と一泊朝食付き日本円で3500円だった。

 Webにあった料金よりさらにリーズナブル。当初一泊のみで、到着後、その後のホテルを現地で探す予定だったが、すぐにあと2泊追加予約してしまった(調べたら現在でも2月は3000〜4000円/1泊であった!!)。

 同じ時期(2月)、ローマ中央駅近くでは、超狭いホテルでも1泊1万円で探すのも大変だったが、地方に来ればこの通り。今(2011年)なら超円高なので、2008年時より遙かに安く良いホテルやB&Bが探せる。
 
 できれば予約は、ユーロか米ドル建てでした方がよい。日本円で表示されている場合、代理店などのコミッションとは別にコミッションが含まれている場合が多い。またイタリアでは換算レートが場所場所で大きくことなるのも注意をようする。これは現金、カードを問わない。ローマでは2割も違うことがある!

<参考>

  ※イタリアのホテル予約サイト  ※イタリアのホテル予約サイト

◆青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (2)ホテル代

 またレンタカーを使う場合は駐車料金が無料か別途有料かもあらかじめ調べるポイントである。ロケーションも重要である。あまにりもわかりにくい、遠い場所はいくら料金が安くても遠慮した方がよいだろう。

 一方、欧州では朝食は料金に含まれているのが常識である。さらに実際にそのホテルやB&Bに宿泊したひとの講評を見るのも良い。


  サンタニェーロで宿泊したB&Bのレストラン

       撮影:池田こみち、Nikon CoolPix S10

 このサンタニェーロは上述したように聖なる天使という地名に違わず、ソレントのすぐ隣に位置しながら閑静な住宅地、それもナポリ湾に面した景勝地でもあった。しかも、ソレントにもポンペイにも、そして主要な訪問目的地でもあるアマルフィ海岸にもバスで行けそう!

 ホテルのすぐ前にビスタ・ポイントがあり、そこから見るナポリ湾を隔てて見るヴェスヴィオス山は写真にあるように何とも形容しようがないほどの美しさだ。時間とともに時々刻々とヴェスヴィオス山とナポリ湾の色は変化する。


※使用した交通機関



B&Bの屋上から見たナポリ湾とヴェスヴィオス山


ダリダが歌う
オー・ソレ・ミオ O' Sole Mio

ナポリ語歌詞(原文)
Che bella cosa e' na jurnata 'e sole,
n'aria serena doppo na tempesta!
Pe' ll'aria fresca pare gia na festa
Che bella cosa e' na jurnata 'e sole
Ma n'atu sole,
cchiu bello, oje ne'
'O sole mio
sta 'nfronte a te!
'O sole, 'o sole mio
sta 'nfronte a te!
sta 'nfronte a te!
Quanno fa notte e 'o sole se ne scenne,
me vene quase 'na malincunia;
sotto 'a fenesta toia restarria
quanno fa notte e 'o sole se ne scenne.
Ma n'atu sole,
cchiu bello, oje ne'
'O sole mio
sta 'nfronte a te!
'O sole, 'o sole mio
sta 'nfronte a te!
sta 'nfronte a te!


オーソレミオ・器楽バージョン
O SOLE MIO - It´s Now or Never
- Instrumental Version
Source:http://www.dailymotion.com/video/xemmfp__music
Composer by Eduardo di Capua
Arrangements by Milton Isejima
Performances: Drums, Bass, Piano, Electric Guitar, Alto Sax,
Accordeon, Trumpet and Mixer by Milton Isejima
City: Sao Paulo
Country: Brazil

O Sole Mio Piano Version


サンタニェーロからソレントへ

サンタニェーロのB&Bからソレントには、何度も行き来した。サンタニェーロ駅→電車→ソレント駅は待ち時間を入れるとかなりとなるので、散歩がてら下の地図の赤い矢印にそってソレント駅まで歩いた。


サンタンニェーロからソレントへの散歩コース



撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


ソレントへ行く裏通り
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

ホテルの隣にある家。おそらくこれもB&B? ホテルから1分のところにある展望台 一般家庭用廃棄物分別箱
ホテルから1分のところにある展望台 ホテルから2分のところにある展望台、
下は30m以上ある崖
毎日夕食をとった地元のピザ屋

なぜか門扉の上に松ぼっくりが

ソレントに通ずる裏道
住宅地には馬車も歩いている

ソレント半島一帯はオレンジ、
オリーブ、レモンの名産地

格ある家
民家から出てきたにゃんこ

すごく人なつこい

すごく人なつこい
すごく人なつこい
すごく人なつこい サンタニェーロの公設児童公園 ソレント港。ここからナポリやカプリ島に
船が行く。ここはもうソレント
ソレントの公園にて ソレントの中心。タッソ広場 何度も足を運んだソレント駅
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


ソレントで最初に出会ったかわいらしいはめ木細工。よく見ると、はめ木部分がよく分かる。
撮影:青山貞一 デジカメ Nikon CoolPix S10

 サンタニェーロから少しソレント側に歩いて行ったところに、道路から洞窟経由でナポリ湾の海岸に降りれる場所があった。道路から海岸の高さは30m以上ある断崖絶壁である。海岸に降りる入口には、イタリア語でOrario Di Apertura Discesa Pedonale、市民が降りれる時間帯が書かれていた。おそらくこの入口から海岸一帯が自治体が管理する公園のようなものとなっているのだろう。

洞窟に通ずる入口
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

入れる時間帯が書かれていた
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

海岸に通ずる入口から海岸までの洞窟の要所に、海が見える穴が空いていた。
上の写真はそこから撮影した海である。
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

 海岸まで降りる。洞窟が見える。
この穴から海岸に出られる!
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10

洞穴のそばに漁師が網を修理していた。
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


蠣やムール貝の養殖用の施設化と考えたが
それにしては構造物ががっちりしすぎている!
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10
人が乗れる鉄筋の大きな構造物が延々と広がっていた!
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


●イタリアのコムーネ

 中世、近世にあって、イタリアに存在した自治都市の都市共同体が存在しコムーネと呼ばれた。

 自治都市コムーネは都市の有力市民、地区やギルドの代表によって運営され、都市とその郊外農村地域を統治していた。現代イタリアのコムーネ自治は自治都市の伝統を基礎としているといわれる。

 行政学的にはイタリアには日本のような市町村の区別は行政上はない。250万人のローマも100万人を超すナポリも、他方バローロのような1,000人以下のむらもコムーネ(Comune)である。いわば日本の基礎自治体に近い。

 この点はフランスのコミューンと同様である。コムーネの代表(首長)は、シンダコ(sindaco)と呼ばれる。

この構造物から見るソレント半島の突端に落ちる夕日は格別だった!


ソレント半島の突端に落ちる夕日
撮影:青山貞一、Nikon CoolPix S10


サンタニェーロとソレント半島の地理

サンタニェーロはソレントの東隣の閑静な住宅地 出典:Google Map


   




ヴェスヴィオとサンタニェーロ、ソレントの位置関係
 出典:Google Map
 
                                 ナポリ側から見たソレント半島。先方に見える島がカプリ島
                                        半島の高い山を隔てた左側がアマルフィ海岸となる
                                            Source:Google Earth                                         


アマルフィ海岸現地調査計画

ソレント半島・アマルフィ海岸主要図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast


ソレント半島・アマルフィ海岸全図 Sorrento Pen. & Amrlfi Coast

アマルフィ海岸現地調査計画
すでに実行分 2008.2  計画 2011.3予定 
Naples Bay ポンペイ
Pompei
ソレント サンタニェーロ 25751
Sorrento  Sant' Angello
16536  8421
アジェ-ロラ ラヴェッロ
Agerola Ravello
7348 2508
ファロ カントーネ サンピエトロ ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・ディ
マリーニ
アマルフィ アトラーニ  ミノーリ マイオリ  チェ・ターラ ヴィエトリ
Faro Cantone San Pietro Positano Praiano Furore Conca dei
Marini
Amalfi Atrani Minori Maiori CeTara Vietri サレルノ
1640 3882 1915 810 697 5428 965 3023 5740 2357 8543 Salerno
Tyrrhenian Sea 138188
()内は人口、出典 http://campania.indettaglio.it/eng/province/sa/la_provincia_di_salerno.html

<アマルフィ海岸・ソレント半島>
基礎調査(概要)  基礎データ@  データA  アマルフィ海岸(とは アマルフィ公国とは
テルミニ ネラーノ カントーネ マッサ・ルブレンセ ソレント サンタニェーロ ピアノ・デイ・ソレント 
ポジターノ プライアーノ フローレ コンカ・デイ・マリーニ アマルフィ アトラーニ 
ラヴェッロ  スカーラ ミノーリ トラモンティ マイオーリ チェターラ ヴィエトリ・スル・マーレ  
参考 ポンペイ ナポリ サレルノ

<関連論考>
◆特集:青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く ダイジェスト
本特集は第三次アマルフィ海岸持続可能性調査(11日間)のダイジェストで70本続きます!
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <1>調査の目的
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <2>調査の対象・項目
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く <3>移動手段、宿泊施設、物価、天気
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 1日目:ローマ〜ポンペイ・BB
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:ポンペイ〜ソレント
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:学術訪問・ヴェスビオ博物館
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:マッサ・ルブレンセのシークラブ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 2日目:シークラブから見たカプリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:イエラント入江(海洋自然保護区)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:特別踏査・プンタ海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・歴史的建築物保存
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:学術踏査・ネラーノのトーレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 3日目:ネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ロブラ漁港
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:マルチャーノ教会と修道院
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:トルカとクラッポラの断崖絶壁
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:ポジターノに向かう
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:プライアーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 4日目:フローレのレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレのBB近くを散策
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ断崖絶壁(概要)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖下降 
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・海岸道路
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ・トーレ視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:芸術訪問・プライアーノ大聖堂視察
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フレーレ・プライア海岸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(前)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:特別踏査・フローレ・断崖登山(後)
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 5日目:フローレ断崖上教会とレストラン
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:フローレBB女性主人インタビュー
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査@ポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Aリ・ガッリ島
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Bネラーノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Cファロ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査D緑の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Eカプリ島上陸
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索1
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:特別踏査・カプリ島内探索2
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査 青の洞窟
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査F海洋保護区
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Gカントーネ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:海からの特別調査Hポジターノ
青山貞一・池田こみち:初夏のアマルフィ海岸を行く 6日目:アガタの農場ホテル
●特集:南イタリア紀行 アマルフィ海岸 2008年2月   イタリア
青山貞一:南イタリア紀行  @ローマでそしてナポリで、しばし呆然
青山貞一:南イタリア紀行  A絶壁、絶景のアマルフィ海岸を行く
青山貞一:南イタリア紀行  B紺碧の空と海、絵画のようなアマルフィ
青山貞一:南イタリア紀行  Cアマルフィ大聖堂と広場
青山貞一:南イタリア紀行  Dアマルフィの市民生活
青山貞一:南イタリア紀行  Eワグナーが愛した天空の楽園、ラベッロ
青山貞一:南イタリア紀行  Fラベッロから夕暮れのアマルフィへ、そして夕日
青山貞一:南イタリア紀行  G夕闇迫るポジターノ
●南イタリア紀行: ソレントとその周辺  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ソレントでフェラーリ
青山貞一:南イタリア紀行 Aソレントから見たヴェスヴィオ
青山貞一:南イタリア紀行 Bソレントの夕日
青山貞一:南イタリア紀行 Cサンタニェーロからソレントへ
青山貞一:南イタリア紀行 D秀逸なソレントの伝統工芸
青山貞一:南イタリア紀行 Eソレントの歴史文化魅力の源泉
青山貞一:南イタリア紀行 Fソレント半島西端のカントーネ
●南イタリア紀行:カントーネ  イタリア
青山貞一・池田こみち: 春浅い南イタリア・ソレント半島カントーネを行く
●南イタリア紀行: ポンペイ  イタリア
青山貞一:南イタリア紀行 @ポンペイ遺跡探訪 ソレントからポンペイへ
青山貞一:南イタリア紀行 Aポンペイ遺跡探訪 バジリカ・フォロ
青山貞一:南イタリア紀行 Bポンペイ遺跡探訪 生活・富裕家のフラスコ画
青山貞一:南イタリア紀行 Cポンペイ遺跡探訪 闘技場・大体育場・娼館
青山貞一:南イタリア紀行 Dポンペイ遺跡探訪 街路計画・排水路
青山貞一:南イタリア紀行 Eポンペイ遺跡探訪 秘儀荘
青山貞一:南イタリア紀行 Fポンペイ遺跡探訪 人体レリーフ
●南イタリアの「にゃん」と「わん」   イタリア
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Bサンタニェーロ・ソレント
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Cアマルフィ・ラヴェロ
青山貞一:南イタリアの「にゃん」と「わん」 Dネラーノ・カントーネ
●特集:円高を大いに生かし世界を旅しよう!
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (1)円高は悪なのか?
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (2)ホテル代
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (3)航空運賃
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (4)現地物価
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (5)安くないパッケージツアー
青山貞一:円高を大いに生かし世界を旅しよう (6)自分流ツアー実例(バルト3国+北欧2国)