料金後納可、1サンプルから対応可。廉価で高精度の分析サービス
Maxxam Analytics Inc.(カナダ)と環境総合研究所(ERI)との技術業務提携

ダイオキシン類分析サービス
血液・母乳等

マクサム社が取得する国際認証
TCLP分析
標準化合物(37種)
揮発性、半揮発性化合物(20種)
重金属(8種)
農薬(9種)
PCB
PCB
PCB(トランス絶縁油等の油)
PBDE
多環芳香族炭化水素PAHs(16種)
米国環境保護庁パッケージ分析
  EPA BTEX(4種)
TPH(3パッケージ項目)
水質分析
飲料水・地下水・環境水(115種)
環境水(河川・湖沼・海洋)(68種)
排水・浸出水(32種)
EPA 608 有機塩素系農薬(排水)(26種)
EPA 624 揮発性化合(排水)(34種)
EPA 625 半揮発性化合物(排水)(80種)
トータル・トリハロメタン
ビル管理法に基づく水質分析
ダイオキシン類
  土壌・底質
焼却灰・ばいじん
廃棄物・RDF、紙、固形物等
農薬、除草剤、防虫剤、殺菌剤、殺虫剤
公共用水、排水
飲料水・地下水
農作物・植物・(松葉)
畜産物・魚介類・生物組織・(ムラサキイガイ)
血液・母乳
分析方法の詳細(改訂工事中)
  米国環境保護庁(EPA)分析方法(English)
GMO(遺伝子組み換えフルスクリーン分析)
食品分析・栄養テスト
その他のパッケージ分析
陰イオン分析(5〜7種)
重金属類
重金属含有濃度分析(ICP法:23種から29種)
重金属含有濃度分析(AA法)
重金属TCLP溶出分析(8種)
穀類中の重金属分析
頭髪中の重金属分析(39種)
廃棄物処理処分施設周辺重金属分析セット
発生源周辺重金属類詳細調査
【参考】重金属分析について
土壌汚染分析
【参考】日・米・カナダの土壌分析項目比較
【参考】米国の土壌分析
【参考】カナダの土壌分析項目
土壌(DXN+PCB+PAH+重金+農薬)(61種)
土壌(DXN+PCB+PAH+重金属)(30種)
土壌(ダイオキシン+重金属)(13種)
農薬・除草剤・殺虫剤・殺菌剤各種分析
2014年5月2日現在、下記の血液・母乳中ダイオキシン類分析はお引き受けしておりません。

(1)分析対象化学物質
  • ダイオキシン類(PCDD/PCDF)の異性体(TEFがある17種類)、同族体
  • コプラナーPCB及びその異性体(TEFがある12種類及びジオルト2種類)

(2)採取試料必要量
  • 約40ccが必要。
  • 専用採取試料容器があります。
  • 血液検査が必要となります。

(3)測定分析プロトコル
  • 化学測定分析ラボとして、ISO/IEC Guide 17025, ISO 9002 1994 Quality System,CAN/CSA Z753に準拠。
  • ダイオキシン類等の超微量測定分析についての精度管理(QC)、精度保証(QA)の方法は、米国の環境保護庁(EPA)及びカナダ環境省(Environment Canada)のプロトコルにに準拠。
  • 低濃度の異性体分離を行うため第2カラムを使用することもあります。
  • 分析実務にあたるMAXXAM社は、ISO/IEC Guide 17025の超微量化学物質分析の国際認証を取得しています。
  • マクサム社が取得する国際認証
  • 米国環境保護庁分析方法詳細

(4)血液中の脂肪抽出の方法
  • 国立環境保健研究所(米国)及びカナダ保健省(Health Canada)の方法等。Correlations among human plasma levels of polychlorinated biphenyls(PCBs)and dioxin-like compounds, and implications for epidemiologic studies Matthew P. Longnecker, John Jake Ryan*, Beth C.Gladen, Arnold J. Schecter, National Institute of Environmental Health Science, NC, USA
    *Food Directorate, Health Proteciton Branch, Health Canada, Ottawa, Canada

(5)測定分析の流れの概要
現場オリジナルサンプリング(試料採取・採血)
(冷凍状態で環境総合研究所に試料の送付)
(日本、カナダでの動物検疫、通関処理)
 クリーンアップ
(前処理)
 高分解能クロマトグラフ質量分析装置
(HR-GC/HR-MS)による分析
↓ ↑
 検 証
報 告

(6)定量下限値の設定
  • 4,5,6,7,8等の塩素化物グループでの定量下限値の設定ではなく、異性体毎に定量下限値が設定されます。

(7)精度管理関連提供データ
  • サンプル毎の Spiked Blankデータ、サンプル毎の Method Blank データ
  • 異性体毎の 13C surrogates のリカバリー(内標準の回収率)データ
  • 定量下限値以下のND処理はEPA,WHO,日本方式それぞれを並記

(8)測定分析結果提供データ
  • 全湿重量1g当たりの異性体、同族体毎の実測値(pg/g)
  • 脂肪1g当たりのWHOの係数(WHO-TEF)に対応する毒性等量(pg-TEQ/g(fat))
  • 参考のため脂肪1g当たりの国際毒性等価係数(I-TEF)に対応する 毒性等量(pg-TEQ/g(fat))
  • 同族体パターン図

(9)納 期
  • サンプルを環境総合研究所(東京)にお送りいただいてから1ヶ月〜2ヶ月ですが、サンプル不足、再分析などで期日が必要となる場合もございます。その場合はご容赦下さい。現地サンプル到着後、2週間の特急納期もあります。

(10)測定分析費用
  • 以下は、1サンプルを依頼される場合の費用です。
  • 採血費、感染症検査費用(合わせて数千円程度)は含まれません。

ダイオキシン類:140,000円(税別)
コプラナーPCB:70,000円(税別)
両方同時に分析される場合:200,000円(税別)

※サンプルの種類、為替レート等により価格が変更になる場合がございます。御見積をご依頼ください。
■お問い合わせ先■

ERI 株式会社 環境総合研究所

〒152-0033 東京都目黒区大岡山1-31-9-401 TEL 03-6421-4610, FAX 03-6421-4611
連絡先メールアドレス:office@eritokyo.jp

(C)Copyright by 株式会社 環境総合研究所
 本ホームページの著作権は株式会社環境総合研究所にあります。無断で複製、転載・使用することを禁じます。