料金後納可、1サンプルから対応可。廉価で高精度の分析サービス   2008.7.6
Maxxam Analytics Inc.(カナダ)と環境総合研究所(ERI)との技術業務提携

米国環境保護庁 TCLP

土壌・水質・固形廃棄物中の有害物質溶出分析サービス
総合パッケージ
マクサム社が取得する国際認証
TCLP分析
標準化合物(37種)
揮発性、半揮発性化合物(20種)
重金属(8種)
農薬(9種)
PCB
PCB
PCB(トランス絶縁油等の油)
PBDE
多環芳香族炭化水素PAHs(16種)
米国環境保護庁パッケージ分析
  EPA BTEX(4種)
TPH(3パッケージ項目)
水質分析
飲料水・地下水・環境水(115種)
環境水(河川・湖沼・海洋)(68種)
排水・浸出水(32種)
EPA 608 有機塩素系農薬(排水)(26種)
EPA 624 揮発性化合(排水)(34種)
EPA 625 半揮発性化合物(排水)(80種)
トータル・トリハロメタン
ビル管理法に基づく水質分析
ダイオキシン類
  土壌・底質
焼却灰・ばいじん
廃棄物・RDF、紙、固形物等
農薬、除草剤、防虫剤、殺菌剤、殺虫剤
公共用水、排水
飲料水・地下水
農作物・植物・(松葉)
畜産物・魚介類・生物組織・(ムラサキイガイ)
血液・母乳
分析方法の詳細(改訂工事中)
  米国環境保護庁(EPA)分析方法(English)
GMO(遺伝子組み換えフルスクリーン分析)
食品分析・栄養テスト
その他のパッケージ分析
陰イオン分析(5〜7種)
重金属類
重金属含有濃度分析(ICP法:23種から29種)
重金属含有濃度分析(AA法)
重金属TCLP溶出分析(8種)
穀類中の重金属分析
頭髪中の重金属分析(39種)
廃棄物処理処分施設周辺重金属分析セット
発生源周辺重金属類詳細調査
【参考】重金属分析について
土壌汚染分析
【参考】日・米・カナダの土壌分析項目比較
【参考】米国の土壌分析
【参考】カナダの土壌分析項目
土壌(DXN+PCB+PAH+重金+農薬)(61種)
土壌(DXN+PCB+PAH+重金属)(30種)
土壌(ダイオキシン+重金属)(13種)
農薬・除草剤・殺虫剤・殺菌剤各種分析

TCLP(Toxicity Characteristic Leaching Procedure)とは

■本TCLPパッケージは、米国環境保護庁(EPA)のTCLP(Toxicity Characteristic Leaching Procedure)に基づき土壌、水質、固形廃棄物に含まれる有害化学物質の主要項目を廉価かつ短期間(短納期)に行う分析サービスです。

■TCLP分析の最大の特徴は、同一地域の土壌、水質、固形廃棄物系の諸サンプル中の有害化学物質の汚染濃度を、土壌、水質、固形廃棄物それぞれについて分析するだけでなく、総合的に分析、評価することにあります。そのため土壌や固形廃棄物に対して、
国際標準の「溶出分析法」を用いています。

■米国では、スーパーファンド法により、汚染された土地のあらゆる取引はきわめて厳しく規制されていますが、土地の譲渡、売買に先駆け実施が義務づけられているのが、このTCLP分析です。TCLPはさまざまな不備が指摘されている日本の土壌や固形廃棄物に対する溶出分析とはまったく異なり
国際標準に準拠した方法を採用しています

■TCLP分析の実務は、環境総合研究所の技術・業務提携先でありますカナダ随一の規模を誇る国際認証取得機関(カナダのMaxxam Analitic Inc.)が国際標準の精度管理・精度保証により行います。

■分析費用には、サンプル専用容器費、各種測定分析費用、結果報告費(データ)が含まれます。なお、本分析は定量下限値はEPAのガイドラインにそって行います。
土壌、水質、固形廃棄物中
37項目の総合パッケージ測定分析費用
150,000円(税別)
 ●費用: 費用には、サンプリング関連費用以外はすべて含まれます。
※サンプルの種類、為替レート等により価格が変更になる場合がございます。御見積をご依頼ください。
 ●試料採取: オリジナルサンプリング(現地試料採取)は、環境総合研究所から依頼者に送付する専用容器と説明書をもとに、依頼者が実施し、環境総合研究所に宅急便などでご送付あるいはご持参頂きます。土壌や固形廃棄物のサンプル量は約500g、水質の分量は約1リットルです。
 ●分析手法: 米国環境保護庁 TCLP分析手法(PDF35頁分あり)
 ●納期: 通常納期は環境総合研究所にサンプル到着後、1ヶ月〜2ヶ月となります。なお、サンプル量不足、再分析などによりさらに期日が必要となる場合がございます。その場合はご了解下さい。

日本・米国・カナダの土壌溶出分析項目比較

お知らせ!
EPAのTCLP分析項目は、大幅に増えました。
近日中に、新たな項目リスト及び分析費用を提供致します。


米国環境保護庁(EPA)TCLP測定分析標準項目一覧


 Volaties(揮発性化学物質) 検出下限値 新規追加項目
 Benzene ベンゼン 0.001〜0.01
Chloroform  クロロフォルム 0.001〜0.01
 Carbon Tetrachloride 4塩化炭素 0.001〜0.01
Chlorobenzene  クロロベンゼン 0.001〜0.01
 1,2-Dicholoroethane 1,2ジクロロエタン 0.001〜0.01
1,1-Dicholoroethylene  1,1ジクロロエチレン 0.001〜0.01
 Methyl Ethyl Ketone メチルエチルケトン 0.01〜0.1
 Tetrachloroethylene テトラクロロエチレン 0.001〜0.01
 Vinvyle Chloride 塩化ビニール 0.001〜0.01
1,2-dichlorobenzene  1,2ジクロロベンゼン 0.001〜0.01
Trichloroethylene トリクロロエチレン 0.001〜0.01
Dichloromethane  ジクロロメタン(メチレンクロライド) 0.001〜0.01

Semi-Volatiles(半揮発性化学物質) 検出下限値 新規追加項目
Cresol クレゾール
2,4-Dinitrotoluene 2,4ジニトロトルエン
1,4-Dichlorobenzene 1,4ジクロロベンゼン
Hexachloro-1,3-Butadiene 6塩化1,3ブタジエン
Hexachloroethylene 6塩化エチレン
Hexachlorobenzene 6塩化ベンゼン
Nitrobenzene ニトロベンゼン
Pyridine ピリディン
Pentachlorophenol 5塩化フェノール
2,4,6-Trichlorophenol 2,4,6トリクロフェノール
2,4,5-Trichlorophenol 2,4,5トリクロフェノール

Pesticides(農薬) 検出下限値 新規追加項目
Chlordane
2,4-D
Endrin
Heptachlorepoxide
Heptachlor
Lindane
Methoxychlor
Silvex
Toxaphene

Metals(重金属類) 検出下限値 新規追加項目
Arsenic ヒ素 0.001〜0.002
Barium バリウム 0.001〜0.002
Cadmium カドミウム 0.001〜0.002
Chromium クロム 0.001〜0.002
Lead 0.001〜0.002
Mercury 水銀 0.001〜0.002
Selenium セレン 0.001〜0.002
Silver 0.001〜0.002
Boron ホウ素 0.001〜0.002
Uranium ウラニウム 0.001〜0.002
■お問い合わせ先■

ERI 株式会社 環境総合研究所

〒152-0033 東京都目黒区大岡山1-31-9-401 TEL 03-6421-4610 FAX 03-6421-4611
連絡先メールアドレス:office@eritokyo.jp

(C)Copyright by 株式会社 環境総合研究所
 本ホームページの著作権は株式会社環境総合研究所にあります。無断で複製、転載・使用することを禁じます。