エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行

 シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

崑崙山脈

(中国新疆ウイグル自治区、チベット北部)


青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:2015年1月22日 更新:2019年4月~6月
独立系メディア E-wave Tokyo
 無断転載禁

総合メニュー

カシュガル市 ホータン市 ホータン王朝 展示1 展示2 展示3 展示4  アルタイ山脈
ゴビ砂漠 イシク・クル湖 展示1 展示2 南疆線 天山山脈  展示1 崑崙山脈
 


 次は新疆ウイグル自治区、チベットにある崑崙山脈です。

◆崑崙山脈(こんろんさんみゃく)(新疆ウイグル自治区南部)


新疆ウイグル自治区の 南疆線の位置    出典:グーグルアース 


新疆ウイグル自治区

 下は新疆ウイグル自治区とアルタイ山脈、天山山脈、崑崙山脈の関係図です。


南疆線(なんきょうせん)と天山山脈 (新疆ウイグル自治区)   下図より作成

 以下は崑崙山脈を中心とした地域の地図です。


Source:Wikimedia Commons

 以下の地図で黄色い部分がタクラマカン砂漠とタリム盆地です。その北側が天山山脈、南側が崑崙山脈となります。


タクラマカン砂漠(黄色の部分)の南端に沿って崑崙山脈が連なっています。
Source:Wikimedia Commons

 中央アジア地域にある約3000kmに及ぶ大山脈で、標高6000m以上の高山が、200峰以上連なっている。新疆ウイグル自治区タクラマカン砂漠の南、チベットの北部、中国の西部にあたります。

 パミール高原に接する中国西部の国境を南に伸び、それから東に曲がり、チベット(チベット自治区・青海省)の北の境界になっています。また、麓のタリム盆地南端をはしる「西域南道」には、崑崙山脈の氷河を水源とする内陸河川・カレーズに灌漑されたオアシス都市群(ホータン、ヤルカンドなど)が連なっています。

 著名な山はコングール山(公格爾山7,649m)、ムスタグアタ山(慕士塔格山7,546m)、青蔵鉄道からその氷河もよく見える玉珠峰(6,178m)などがあります。

 中国史家の松本善海(元東亜研究所研究員)は、中国には北と南の二つの中国があり、中国の歴史を捉えるにはその北と南の相違を理解しなくてはならないと述べ、その境界線を崑崙山脈から東に連なる秦嶺山脈、伏牛山、大別山脈と次第に低くなる一連の山系としています。

 この山系の北側に当たる中国は乾燥し、畑作が中心、人々も長身で面長、南側は湿潤で米作が中心、身長も低く丸顔が多く、文化的にも南北で相違があり、対立もあるとしています。

出典:Wikipedia



昆仑山口纪念碑
Source:Wikimedia Commons



Image of lithograph of Aquarell "The Chain of the Kuenlúen, from Súmgal, in Turkistán (Lat North 36° 8', Long. East of Green. 78° 5', Height 13, 215 Engl. feet)" by Hermann Schlagintweit, August 1856. Lithographed by Sabatier, printed in oil-colours bhy Lemereier, Paris. Downloaded from the Digital Archive of Toyo Bunko Rare Books by Fowler&fowler«Talk» 15:02, 10 July 2007 (UTC)
Source:Wikimedia Commons



崑崙山脈
Source:Wikimedia Commons



崑崙山脈
Source:Wikimedia Commons



Karakash River in the Western Kunlun Shan, seen from the Tibet-Xinjiang highway
Source:Wikimedia Commons



崑崙山脈の河川
Source:Wikimedia Commons


つづく