エントランスへはここをクリック   中央アジア・シルクロード  【世界紀行

シルクロードの今を征く
Now on the Silk Road

ヴェネツィア( Venezia、イタリア)

ドゥカーレ宮殿2(Palazzo Ducale)

青山貞一 Teiichi Aoyama  池田こみち Komichi Ikeda 共編
掲載月日:209年4月20日
独立系メディア E−wave Tokyo
 無断転載禁

<ヴェネツィア総合メニュー> <宮殿・邸宅1>
ドゥカーレ宮殿1  ドゥカーレ宮殿2  ドゥカーレ宮殿3  ドゥカーレ宮殿4 
ドゥカーレ宮殿5  カジュスティニアン宮殿  カ・ダリーオ  カ・フォスカリ  カ・フォスカリ2

 本稿の解説文は、現地調査に基づく開設に加え、Veneziaイタリア語版を中心にVenice英語版からの翻訳及び日本語版を使用しています。また写真は現地撮影分以外にWikimedlia Commons、さらに地図はグーグルマップ、グーグルストリートビューを使用しています。その他の引用に際しては、その都度引用名を更けています。 

◆ドゥカーレ宮殿の概要

 宮殿の最も古い部分はラグーンを見下ろす棟で、その端にはフィリッポ・カレンダリオをはじめ、マッテオ・ラヴェルティやアントニオ・ブレニョなどの様々なロンバードの芸術家による14世紀の彫刻が飾られています。1階のアーケードと上のロッジア(片側に壁のない回廊)は14世紀と15世紀の柱頭(柱の上の特殊な彫刻の部分)で装飾されており、その一部は19世紀に複製に置き換えられました。

 1438年〜1442年、ジョバンニ・ボンとバルトロメオ・ボンは、建物への儀式用の入り口として機能するPorta della Carta(布告門:ドゥカーレ宮殿とサンマルコ宮殿の間の門)を建て、装飾を施しました。この入り口の門の名前は、おそらくこれが公的代書人たちが机を設置する場所だったという事実、あるいは国の公文書館(Cartabum)の近くの場所だから、のどちらかに由来しています。

 ゴシック様式の尖塔両側には枢要徳の2つ文字が並び、入り口の門の上には福音記者聖マルコ(Mark the Evangelist)の胸像を戴き、その上には、正義の女神(Justice)の伝統的なシンボルで刀と天秤とともに設置されています。

注)枢要徳とは  出典:Wikipedia
 枢要徳(すうようとく、羅: virtutes cardinales, 英: cardinal virtues)とは、古代ギリシア以来の西洋の中心的な徳目のこと。主に4つあるので、四徳(しとく)、四元徳(しげんとく)とも呼ぶ。

 コーニス(天井に造られた蛇腹構造の隙間)には、ヴェネツィアの獅子※の前に跪くドージェ・フランチェスコ・フォスカリ(ヴェネツィアの元首)の肖像があります。 しかし、これは1797年に破壊されたオリジナルに替わって、イジ・フェラーリが19世紀につくった作品です。

 今日では、ドゥカーレ宮殿への公式な入口は、建物の運河に面したフルメント門(Porta del Frumento)を用いています。

注)ベネツィアの獅子とは  出典:Wikipedia
 イタリアの都市ヴェネツィアの象徴である「有翼の獅子(翼を持ったライオン)」のこと。9世紀、ヴェネツィア商人はアレクサンドリアにあった聖マルコの聖遺物をヴェネツィアに持ち帰った。それ以来、ヴェネツィアの守護聖人は聖マルコとされ、聖マルコを表す「有翼の獅子」もまたヴェネツィアを象徴するものとされるようになった。


 12世紀頃に、ヴェネツィアのサン・マルコ広場にある円柱上に聖マルコを表す有翼の獅子像が設置された。以来、ヴェネツィアの獅子といえばこの像のことを指すことが一般的である。


◆ドゥカーレ宮殿の設計図(平面図、側面図、パース)


ヴェニス、ドゥカーレ宮殿(ドージェ宮)の平面図
 Source:Wikimedia  Commons

 以下は各階の間取り(平面図)です。


1階の間取り   Source:Wikimedia  Commons


2階の間取り   Source:Wikimedia  Commons


3階の間取り   Source:Wikimedia  Commons


4階の間取り   Source:Wikimedia  Commons

 以下は側面図です。


この図は、三階を示しており、ドゥカーレ宮殿と表題がついている。
ドゥカーレ宮殿(ドージェ宮)の西側。
   Source:Wikimedia  Commons

 以下は立体図(パース)です。


ヴェネツィアのドゥカーレ宮殿内の刑務所の透視図
Source:Wikimedia  Commons


国立デザインアカデミー(1863〜65)、ドゥカーレ宮殿を模したゴシック・リバ
イバルの建物の1つである。注)この建物は1825年に作られた、ニューヨーク
の美術学校。(出典:ナショナル・アカデミー・オブ・デザイン)
   Source:Wikimedia  Commons


ドゥカーレ宮殿3つづく